« 見たい映画3作品---「のぼうの城」「人生の特等席」「007スカイフォール」 | トップページ | 台湾旅行-2---故宮博物院から千と千尋の神隠しの町へ »

2012年11月13日 (火)

台湾旅行-1---冷房してダウン着てる?

Dsc00034_320 先週、初めて台湾を訪ね台北、九份、台中、日月潭、高雄などを巡り、何人もの優しい人達とも出会い、思い出に残る旅をする事が出来ました。
この旅行中に見たこと、感じたこと、体験した事などを少し書いてみたいと思います。
(写真左、成田から台北に向う機内からみた雪化粧の富士山。高度1万メートル、でも頂上の元観測所建物などははっきり見えた)

*気温と服装
ガイドブックにもあるように台北のような北部はやや気温が低く、高雄などは暖かいというのは実感しました。
気温は最低気温が19度くらい最高気温が22度~25度位でしたが、高雄では25度を超えていたかもしれません。
僕の服装といえば、ほとんど半袖シャツ、一部では半ズボン姿で過ごしましたが、台湾の人達はまちまちで、薄着の人もいましたが、ほとんどは長袖シャツに厚手の上着という日本の初冬のようなスタイルが多かったのです。
ヨーロッパ系の外人などが、真夏のようなスタイルで歩くそばを、ダウンを着た女性が行き交う事など珍しい光景ではありません。日本でいえば完全な冬支度、それなのに新幹線、電車、駅、店舗などはどこも強い冷房が入っていて寒いくらいです。
いったい台湾の人達は冷房のために、こんな厚着をしているのかと思うくらいです。台湾の人達は寒がりなのか、それともファッションを楽しみたいのか、どうにも理解しにくい厚着好みの服装事情でした。
*高齢者に優しい
Dsc00123_320 MRTの車内では、こちらが恐縮するくらいすぐ立ち上がって座席を譲ってくれます。優先座席にでんと座っているどこかの国の若者たちに見せたいくらいです。
それと新幹線やMRT、台湾鉄道、バスなどの交通機関は、パスポートを見せて購入すれば運賃が半額になります。
交通運賃自体が日本と比べれば安いのに、税金も払っていない外国旅行者にこの恩恵、その上、席まで譲られてはもったいないくらいです。
(写真左、上がMRTのプリペイド式カード、日本のSuicaと同じもの。下は台北から台中までの新幹線座席指定乗車券。敬老優待で半額になる。
ちなみに台北から台中まで約50分乗車する新幹線座席指定料金が日本円で約1000円と安い。高雄(左榮)まで1時間半乗っても約2000円です。渡船料金や観光地の乗り物、そうだ温泉入浴料なども老人割引がありました。)

*道路はスクーターで一杯

Dsc00115_320

左の写真のように、台北、高雄など都会の道路はスクーターに乗る人達で溢れかえっています。
とくに信号機のある場所では、停車線に次々とスクーターが回り込んできて並ぶので、信号が青に変ると、まるでオートレースのように一斉に飛び出すさまは圧巻です。子どもを乗せている人も多く、3人乗りなど普通、驚くことに4人乗りもいました。危ないのではというレベルを越えていて、唖然とさせられます。
Dsc00116_320

|

« 見たい映画3作品---「のぼうの城」「人生の特等席」「007スカイフォール」 | トップページ | 台湾旅行-2---故宮博物院から千と千尋の神隠しの町へ »

コメント

台湾!とても親切な方が多くて、素敵な国?ですよね。私も、独身最後の旅行で行きました!知らない昭和の様な、懐かしい街。夜市あれから10年…、結婚育児と日本から出ていませんが、主人と子供には、まず台湾を勧めようと思っていますnoteちなみに、小籠包が絶品happy02亀ゼリーはsign04。とにかく、建物や食事は必ず抑えて戴きたいです!体調に気を付けて、楽しんで来てくださいね!感想、待っていますgoodgood

投稿: 森サチ | 2012年11月13日 (火) 12時11分

>森サチさま
台湾の人達は、友好的でいやな思いを感じたことは一度もありませんでした。尖閣諸島の漁業権の事は、きっと解決の道を見つけられると確信しました。
九份の町はレトロな風情があるまさに昭和を感じる町でした。高雄の左榮蓮池潭の龍虎塔は、福島県にあるさざえ堂と同じ構造の塔で、このことは書いてみたいと思っています。小籠包、同感です。夜市は連日行きました。
日本と比べると交通費、宿泊費、食事など全て割安で、また行きたい国になりました。
サチさんの訪ねた10年前と比べると、大きく変った台湾に逢えると思います。ぜひご家族で旅行してください。

投稿: Souroku | 2012年11月13日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見たい映画3作品---「のぼうの城」「人生の特等席」「007スカイフォール」 | トップページ | 台湾旅行-2---故宮博物院から千と千尋の神隠しの町へ »