« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

東京芸術劇場が明日リニューアルオープン---ちょっと覗いてきました

東京池袋の東京芸術劇場が約1年半の改修工事を終わり、いよいよ明日(9月1日)リニューアルオープンします。
今日用事の帰りに、池袋でどんな具合かと覗いてきました。
今日は招待者のみの入場制限が行われていて、中に入ることは出来ませんでしたので、1階入口のガラス越しに中のエントランスホールを撮影しました。
Ca390038
(写真上、おっ、大エスカレーターが消えた! それでもコンサートホールには、エスカレータ3台を乗り継ぐのか?)
東京芸術劇場は、1990年(平成2年)の8月に竣工しました。
JR池袋駅西口から徒歩3分という地の利の良さがあるのですが、賛否はあるでしょうがデザインを寄せ集めたようなまとまりの無い外観と、エントランスホールの巨大エスカレータを含めた劇場内の動線に対する不評、それに加えて大ホール、中ホールのコンサートホールや中劇場としての評価もあまり芳しいものではありませんでした。

確かに、従来のエントランスホールは外部との取り合いに開放感があるものの、中に入れば5階にまで一気に上る大エスカレーターと、このエスカレーターの為にだけあるような広い空間は、いつ行ってもなにか寒々しく感じ、音楽会や演劇を楽しむ雰囲気と相容れないものを感じました。演奏会後の高揚した余韻と人々のさんざめきの中で、あの大エスカレーターで下ると、なにかアトラクションの乗り物にでも乗っているような感じで、一気に気持ちが沈みました。
この劇場の設計は芦原建築研究所(故芦原義信)でしたが、今回の改修工事は松田平田設計(総括)があたり、共同で香山壽夫建築研究所(意匠・劇場協力)が加わっているようです。
なぜ、元設計の芦原建築研究所の参画が無くなったのか、プロポーザルへの参加Ca390037_320の有無も含めてそのあたりの事情は、関心もあるのですが今のところ調べていないのでわかりません。
竣工後20年以上を経て老朽化したとはいえ、今回84億円(114億と発表しているものもある?)もの改修費をかけての大改修は、、機能向上やや老朽化対応はもちろんですが、問題多かった劇場全体のイメージチェンジの意味合いが大きいのでしょう。
元設計者の手をを離れての改修に、劇場の芸術監督に就任している野田秀樹さんと香山壽夫建築研究所のコンビには、なにかやってくれそうで、かえって期待も持てるのです。
大ホール(コンサートホール)以上に、気になるのが今までの中ホールです。今後はプレイハウスと呼ぶそうですが、緩やかで舞台の見難い面もあった客席の傾斜を急にしたり、客席の配置改善や壁面がレンガに変わるなど大幅な変更が行われたようです。
ちなみに友人に誘われて9月19日にプレイハウスのリニューアルオープニング公演になる、野田地図第17回公演「エッグ」を観賞できることになり、これは舞台と共に劇場も見られると今から楽しみです。
野田地図公演は昨年の中ホールでの「南へ」水天宮ピットでの「THE BEE」と見てきましたが、野田演出は僕の理解力を超えた所にあり、いつも誘ってくれ貴重なチケットも準備してくれる演劇通の友人には叱られそうですが、なぜ野田地図がこれだけ高評価を受け、公演の人気もあるのか、いまだ共感を得られない舞台でもあるので、本来なら観劇後の感想も書くところなのですが、今は手も足も出ない状況を楽しんでもいる面もあるのです。
さあ、新装成った東京芸術劇場のプレイハウスで「エッグ」と今度こそしっかり向き合ってくる事にしましょう。

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

夜8時になると鳴き止むセミたち

真夜中まで、あれほどうるさく鳴き続けていたセミたちが、ここ数日来夜8時ごろになるとピタリと鳴き止み、静けさの戻った木々の間から虫の音が聞こえてくるようになりました。
なぜ、ミンとも鳴かなくなるのか不思議です。
志木ニュータウンの林には、セミが驚くほど沢山います。小学校低学年の子どもでも、虫取り網をもって1時間も歩けば、先ず10匹は捕獲できるでしょう。
抜け殻のびっしりついた木など、あちこちで見つけられます。
先日も遊びに来たチビスケ2号は、網で捕まえては放すセミ採りゲームのような事をやっていました。ニュータウンのセミは、なぜか木の下のほうにもとまる事が多いので、チビスケ2号でもやすやす網が届くのです。
動きの悪いセミを捕まえるので、8日目のセミだねと言うと、まだ7日目だよと生意気なことを言い返します。
Ag27001_1280
チビスケ2号がセミ採り遊びをしている頃、シンガポールに旅行した1号から絵はがきが届きました。チビスケから貰う初めての海外からの葉書に、やや感激。
自分で買って投函したと、嬉しそうに書いていました。絵葉書は「マリーナベイサンズ」
全く地震国日本では考えられないような、驚くべき形の建物です。この屋上にプールまで作ってしまう大胆さ。最初に水入れした時は、スタッフも緊張した事でしょう。
設計はイスラエル、ハイファ生まれのカナダ人建築家「モシェ・サフディ」。1938年生まれですから、年齢を超越した発想が出来ると、己が年を考えるとただ感服。
この建物、僕が数年前に行った時には、まだ建設されていませんでした。
日本人建築家も何人も参加しているシンガポールの高層建築ラッシュは留まるところを知りません。ちなみに絵はがき左側に見える大観覧車は、故黒川紀章さんの設計です。
チビスケ1号は、マリーナベイサンズの屋上まで行ったと誇らしげに書いてありましたが、この、高層ホテルに泊まるかと聞かれれば、僕はちょっと躊躇してしまいます。構造上怖い。
チビスケたちの楽しかった夏休みもまもなく終わり、秋がそこまで来ています。

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

そうか、これが月見草だったんだ!

Dscn7708_1024
先日、知人から分けてもらった名前の知らない黄色い花の事を書きましたが、この花も最近かみさんが友人から頂き、植木鉢に植えたもの。
どんな花が咲くかわからなかったのですが、このところ夜になると蕾が急速に開いて4枚の花弁のある白い花を咲かせるようになりました。
ところが翌朝になると劇的に白からピンク色に変りしぼんでしまいます。
上の写真は、朝になって一輪はピンク色になってしぼんでいますが、もう一輪は、うっすらと色がつき始めている状態。
ネットで調べるまで、僕もかみさんもこれが本当の月見草とは知らなかったのです。
月見草とは、道端で見かける黄色い花しか頭にありませんでした。そう有名な野村監督の例え話のほうの花です。
花が咲くまでは、雑草のような感じで、正直ちょっと粗末に扱っていたのですが、今や土は乾いていないか、支柱がいるか、それハイポネックスだと我ながら恥ずかしき変りよう。
実に可憐できれいな花です。花言葉に「浴後の美人」というのもありましたが、言い得て妙だと素直にうなずきました。
そうかこれが、「月見草」だったんだ。
Dscn7709_320

妹が手をふるれば開く月見草   高浜虚子

Dscn7710_320

月見草まだしぼまずよ朝散歩 秋櫻子

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

チビスケたちとの夏---休暇村鹿沢高原のキャンプ

今日はもう8月20日。
暑い盛りの自宅のリフォームと高齢者の親族の介護協力。気になりつつブログの更新も出来ない日々が続き、そしてなにかあわただしく夏が過ぎゆこうとしています。
そんななか、チビスケ一家との今夏のビックイベント、高原のキャンプを無事終わらせる事が出来て、ほっとしているところです。
チビスケたちにとって本格的キャンプは初めてでもあり、なんとか快適な3日間が過ごせる場所として選んだのが休暇村鹿沢高原キャンプ場でした。
http://www.qkamura.or.jp/kazawa/ 休暇村鹿沢高原

ここには雨に強い高床式常設テントがあり、寝袋など用具一式と望めば夕食の食材も準備してくれるキャンププランが準備されています。
そのうえセットプランには、休暇村の食堂でバイキング形式の朝食がとれて、温泉にも入る事が出来るのです。
その割には、森の中のキャンプサイトは、テント近くで火も焚けるし、ワイルドなキャンプ生活も味わえるようになっています。
僕が嫌いなテントサイトへの車乗り入れは、ここでは出来ません。
荷物はレンタル品も含めてリヤカーで運びます。これも子供たちには「僕が押すよ」と大人気。何しろリヤカーなど初めて見る子どももいるそうですから。
オートキャンプサイトとは、区画が分かれているので、より自然の中の雰囲気が味わえます。キャンプ初心者の家族には、僕がお奨めのキャンプ場です。湧き水を利用したとてもうまい水が使えます。チビスケ一家は車で来ましたが、僕たち夫婦は長野新幹線の上田駅から行き帰りとも休暇村の送迎バスを利用しました。予約する必要がありますが送迎バスで行けるキャンプ場なんて、そうは無いのではと思います。嬉しい事に無料です。
結果は、大成功。チビスケたちは、火起こしから、薪割り、焚き火、バーベキュー、釣と森の散策、夜は花火、そして夕立も経験して、大いにキャンプ生活を楽しむ事が出来たようです。
管理事務所の許可を得て、僕が山で使っている2人用テント(DANLOP VL-21)を常設テントのそばに張りました。
ポールを組み立て、フライシートを載せることなどテント張りから教え、二人だけで寝袋に包まって寝る事と、熊も出るよとちょっぴり脅かして、山の夜の緊張感も体験させました。
二人にとっては初めての冒険でしょう。それでも、常設テントに逃げ帰る事も無く、翌朝は元気にテントから起きだしてきました。
薄いエアーマット1枚の下は、太陽系第3惑星地球そのものです。この大地に直接寝る体験は、いつか、ひとりテントを背負い山へ踏み入ってくれる日に、記憶の片隅に残ってくれたら嬉しいかぎりです。これからも自然の中に飛び出そう。チビスケ1号、2号、山歩きは楽しいよ。
Dscn7698_320

(常設テントサイトとチビスケたちのテント。夜中の雷雨には充分注意した。常設テントの横には、フライシートの張られた6人が座れるほどの木製ベンチとテーブルがあって、雨天でも外で食事が出来る。我々は入口が向い合わせの2張りのテントを借りたので、スペース充分で快適だった。分別ゴミ袋も渡され、帰りに管理事務所のゴミ集積所に置くことが義務づけられている)

Dscn7706_320

(鹿沢園地の自然観察コースを流れる清流。休暇村には「清流の小径」「かえでの小径と二つの自然学習歩道が整備されていて、誰でもが自然林を観察できるように整備されている。
建築家の平倉直子さんが全体計画設計を担当し、土木学会賞も受賞した自然を上手に生かしたフィールド施設。紅葉の時期も素晴らしいだろう

Dscn7701_320

(笹舟を流すチビスケ2号)

Ca390024_320

(園地内の野草園には、沢山の花が咲いていた。写真はごく一部)

Dscn7693_320

Dscn7696_320

| | コメント (2)

2012年8月11日 (土)

植栽もカラカラ---志木ニュータウンは散水、潅水が一仕事

自宅の水周りのリフォーム工事がやっと終了し、借りた部屋との不便な二重生活も昨日で終わりました。工事中は連日暑い日が続き、職人さん達は汗びっしょりで奮闘してくれ、おかげでイメージどおりの仕上がりとなりました。ありがとうございました。
そんなわけで、なんとか落ち着いてパソコンに向かえるようになりましたので、ブログを再開します。
暑さといえば、志木ニュータウンは、外溝植栽が充実している団地として知られています。
しかし、夏の日照りが続くと、水不足から枯れる植物も多いので、散水、潅水作戦が大変です。敷地内を引き回されるホースを見る度に、これだけの植栽を維持するには、散水栓の数や、自動散水装置の設置を、もう少し考慮しておくべきだったと思うのです。
Ca390016_320

Ca390018_320

Ca390001_320



Ca390002_320

Ca390017_320

Ca390019_320

Dscn7692_320 我家の庭も、植物がぐったりしており、朝晩の散水が欠かせませんが、この黄色い花は、元気に咲いてくれています。知人に分けてもらったので、名前がわからない植物です。
2012.09.05追記
「ルドベキア」と判明しました。

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

日本フィル定期演奏会のプログラム表紙の絵

Ag04003_1024 日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会のプログラム表紙の絵を、毎月楽しみにしています。
当日演奏される曲の作曲家と演奏家の姿が描かれているのですが、一筆書きのようなイラストに各人の特徴が良く現されていて、見ていて楽しくなります。
同じ指揮者でもプログラムごとに顔の表情や動きが変るのですが、特徴の掴み方の上手さにはいつも感心させられます。
作者は画家でイラストレーター、漫画家でも有る小澤一雄さんです。音楽関係のイラストでは有名な方です。
Ag06003_1024 Ag06002_1024 Ag06006_1024

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

東京新聞の伝統芸能欄「幕の内外」が面白い

東京新聞は、日本新聞協会の定めた「新聞倫理綱領」に、最も沿った報道姿勢があると、最近とみに評価の高い新聞です。
裏返せば他紙のあまりのひどさに購読者離れが進むなか、東京新聞だけが読者を増やしているという事でしょう。購読料が朝夕刊で3250円も魅力です。
http://yanasegawa.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/index.html   
(新聞倫理綱領に関する以前書いたブログ記事)

正論とうなずける社説や読み応えの有る報道記事だけでなく、日曜日の「伝統芸能」欄も充実して楽しめます。
中でも僕が真っ先に読むのは、かぶきガイド「幕の内外」です。
豊富な歌舞伎の知識を持ち、エッセイや著書も多いイラストレーターの辻和子さん毎週書いています。
わかりやすい歌舞伎観賞の目からウロコの話と、味のあるイラストに、毎週日曜日の朝が楽しみです。
(下写真、7月22日と29日分、クリックすると拡大します)
Ag02002_1024

Ag02001_1024_2

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »