« 日本フィル定期演奏会のプログラム表紙の絵 | トップページ | チビスケたちとの夏---休暇村鹿沢高原のキャンプ »

2012年8月11日 (土)

植栽もカラカラ---志木ニュータウンは散水、潅水が一仕事

自宅の水周りのリフォーム工事がやっと終了し、借りた部屋との不便な二重生活も昨日で終わりました。工事中は連日暑い日が続き、職人さん達は汗びっしょりで奮闘してくれ、おかげでイメージどおりの仕上がりとなりました。ありがとうございました。
そんなわけで、なんとか落ち着いてパソコンに向かえるようになりましたので、ブログを再開します。
暑さといえば、志木ニュータウンは、外溝植栽が充実している団地として知られています。
しかし、夏の日照りが続くと、水不足から枯れる植物も多いので、散水、潅水作戦が大変です。敷地内を引き回されるホースを見る度に、これだけの植栽を維持するには、散水栓の数や、自動散水装置の設置を、もう少し考慮しておくべきだったと思うのです。
Ca390016_320

Ca390018_320

Ca390001_320



Ca390002_320

Ca390017_320

Ca390019_320

Dscn7692_320 我家の庭も、植物がぐったりしており、朝晩の散水が欠かせませんが、この黄色い花は、元気に咲いてくれています。知人に分けてもらったので、名前がわからない植物です。
2012.09.05追記
「ルドベキア」と判明しました。

|

« 日本フィル定期演奏会のプログラム表紙の絵 | トップページ | チビスケたちとの夏---休暇村鹿沢高原のキャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本フィル定期演奏会のプログラム表紙の絵 | トップページ | チビスケたちとの夏---休暇村鹿沢高原のキャンプ »