« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 | トップページ | 梅雨の晴れ間に甲斐駒ケ岳へ---駒仙小屋天幕場から »

2012年7月 5日 (木)

衆議院埼玉4区の民主党議員は、もはや選挙で支持された民主党国会議員ではない

現在の埼玉4区の衆議院議員は民主党神風英男議員です。
民主党が圧勝した2009年の第45回衆議院議員総選挙の小選挙区で当選しました。
埼玉第4区は行政区域が朝霞市、志木市、和光市、新座市の4市です。総務省の2011年9月2日の発表では、有権者数 353,730人です。
*選挙も近いと取り沙汰されていますので、少し復習しておきましょう

過去5回の衆議院議員総選挙当選者は次のとおりです。
第41回 1996年  上田清司  新進党
第42回 2000年  上田清司  民主党
第43回 2003年  神風英男  民主党
第44回 2005年  早川忠孝  自由民主党
第45回 2009年  神風英男  民主党

前回、2009年の民主党が圧勝した第45回選挙の結果は次のとおりです。
投票総数 228,492   投票率 68.89%

当選  神風英男  47  民主党    前   121,137票  54.2%
     早川忠孝  63  自由民主党 前    74,889票  37.5% 
     桜井晴子  53  日本共産党 新    23,966票  10.7% 
     水野武光  51  幸福実現党 新     3,311票  1.5%

参考までに書くと、前々回、2005年の第44回選挙では、自民党の早川忠孝氏が当選しています。          投票率 65.89%

当選  早川忠孝  60  自由民主党 前   103,366票    48.8%   
比当  神風英男  43  民主党 前      86,229票   40.7%   
     桜井晴子  49  日本共産党 新   22,322票   10.5%

さて、問題の民主党の神風英男議員ですが、この方は、最近の議員活動において前回の選挙で支持を受けた多くの選挙民を、おおいに裏切っているとみます。

1.公約を捨て、自民党の望んでいた消費税増税法案を自公と談合して衆議院で採決した。この法案に民主党内からも73名もの反対、欠席、棄権者がいたのに、神風議員は賛成した

2.大飯原発再稼動について、民主党内でも野田総理に対して
「再稼動に慎重になれ」と要望する多くの議員もいる中で、これ等の議員諸氏に神風議員は同調しませんでした。原発推進派と判断します。

3.民主党の掲げた普天間基地県外移設はどこへやら、
米軍のオスプレー輸送機の沖縄県普天間基地配備に関して、国民の意思を無視して、その配備を受け入れようとしている党の推進、実行役として神風議員は活動中です。

政権与党の一員として、自分も望む政府の役職につき、官僚からおだてられながら活動していると、官僚の敷いたレールを走らされているのに、何か日本を動かす仕事をしているような錯覚にとらわれ、己が仕事を誇示し、己の意見こそ正しく世に受け入れられると思い込み、選挙の時の初心を忘れさり、「松下政経塾」出身者特有の国民目線に立てない男、それが神風英男衆議院議員と私は理解しました。

これ等のことから、私は次回の第46回衆議院選挙において、もちろん民主党も支持しませんが、この方にも絶対に投票せず、その落選を強く望むこととします。

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 | トップページ | 梅雨の晴れ間に甲斐駒ケ岳へ---駒仙小屋天幕場から »

コメント

こんにちは。
柳瀬川近辺に在住でブログを読ませていただいております。神風英男さんには同じ思いでいます。
もちろん選挙に票は入れておりません。
一度原発やTPPについてのお考えを伺いたく、また今後の選挙の参考にということでHPからメールをしましたが返事はありませんでした。忙しいのかと思いますが、、
次の選挙もないですね。
次の選挙、周りにも入れないように勧めるつもりです。

投稿: あさ | 2012年7月 8日 (日) 12時06分

>あささま
共感いただきまして、ありがとうございます。
最近の民主党政権の、国民の思いと離れた「タカ派政策推進」は目に余るものがあります。
集団的自衛権の行使をもくろむ国家戦略会議の提言、原子力基本法の平和目的に限った条文削除、自衛隊の街中での活動など。
この推進派の一人が神風英男です。権力を得て、危険な方向に進み始めた男です。落選を願っています。

投稿: Souroku | 2012年7月10日 (火) 20時07分

>米軍のオスプレー輸送機の沖縄県普天間基地配備に関して、国民の意思を無視して

オスプレーは抑止力としては有用だと思います。中国、台湾、北朝鮮まで一気に海兵隊を送り込めるので、ビビってる国もあるようですが。
事故は起こしていますが、その事故率は中華航空より低いとのデータもあります。

あなたのおっしゃる国民って、一体どこのお国かしら?

投稿: Tea | 2012年7月27日 (金) 13時34分

>Teaさま
オスプレイが日本に配備され、飛行する事を歓迎する日本国民がおられる事も承知しております。
その一方、日本国沖縄県民の配備反対の声が間違いなく無視されている事実があります。普天間飛行場に比べ、殆ど報道されませんが、同じ日本国沖縄県の伊江島の殆どの島民の反対の声は切実です。
沖縄だけでなく、広い範囲で言えば、現在までにオスプレイ配備に関して24都道県が、異議を唱えています。そこに住まわれているのは、紛れも無い日本国民だと僕は思っており、僕もまたそれら配備に反対する人達を応援しています。

投稿: Souroku | 2012年7月28日 (土) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 | トップページ | 梅雨の晴れ間に甲斐駒ケ岳へ---駒仙小屋天幕場から »