« 都市対抗野球を見ました---JR東日本と東芝戦 | トップページ | 東京新聞の伝統芸能欄「幕の内外」が面白い »

2012年7月30日 (月)

寒い!インナーダウンを着ました---プリンスアイスワールド2012

今年は少し冷夏になるのではと書いた事を、あざ笑うかのような連日の凄い暑さ。
僕の予報失敗を認めます。
親族の高齢者の介護協力と我家の水周りのリフォーム工事が重なり、ブログ更新が出来ませんでした。一段落したので、調査が必要な記事などは少し後にして、簡単なところから書いてゆきます。
前回、初めて都市対抗野球を見たと書きましたが、この夏もう一つ始めての事を体験しました。
「プリンスアイスワールド2012」をかみさんとダイドードリンコアイスアリーナ(東伏見)で見ました。
http://www.princehotels.co.jp/iceshow/ (プリンスアイスワールド2012)

Dscn7605_320アイスショーはおろか、フィギィアスケートも見たことがなかった僕は、チケットを貰った姪からは、事前に教えてもらっていたとはいえ、やはり驚いたことが3つあります。
一つは会場がとても寒かったこと。山用のインナーダウンコートを羽織っても、まだ寒いくらいでした。
二つめは指定席のエキサイティングシートが、観客席最前列で、本当に目の前でスケータが滑り、演技し、公演終了後はテレビでしか見たことの無かった有名スケーター達が、この席の観客たちと親しく話し、花束やプレゼントを貰う交流の場になっており、これがアイスショーの人気を支える一因であるらしい事。
最後の三つめは、これが一番強烈だったのですが、氷上を滑るスケーターたちのスピードが、とても早く力強い事。
テレビで見ていた映像とは別物の感があり、瞬時にスピードをコントロール出来る技術無くしては、このスピード感あふれる滑走は出来ないのだという事を実感しました。
日本で唯一のプロフィギアスケートチームによる、団体演技や滑走、オリンピック金メダリストの荒川静香さんらの個人演技等など盛りだくさんのショーを堪能し、この夏、生まれて初めて見たアイスショー は、外の暑さを忘れる楽しい2時間でした。

Dscn7614_320

Dscn7617_320

Dscn7611_320

|

« 都市対抗野球を見ました---JR東日本と東芝戦 | トップページ | 東京新聞の伝統芸能欄「幕の内外」が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都市対抗野球を見ました---JR東日本と東芝戦 | トップページ | 東京新聞の伝統芸能欄「幕の内外」が面白い »