« 「原子炉時限爆弾」と「レベル7」---2冊の本、そして大飯原発再稼動 | トップページ | MV22オスプレイの沖縄配備への疑問---沖縄県民の投書(東京新聞)と読売新聞社説を読んで »

2012年6月14日 (木)

のんびりとした一日---高麗川と日和田山へ

先日、毎日忙しく仕事をこなしている友人が、たまには一日のんびりしたいと誘ってくれたので平日ながら、埼玉県日高市の高麗川へ出かけました。
テンカラ名人の友人も、最近はテンカラ釣行が少なく、仕事も含めたストレス解消がしたかったようです。それなら、川でオイカワでも狙ってテンカラのトレーニングでもしようと決めました。
Dscn7514_320 高麗川なら我家からもそう遠く無い距離です。
曼珠沙華の群生地として知られる巾着田(きんちゃくだ)の駐車場に車を置き、脇を流れる高麗川で久しぶりに毛ばりを飛ばしました。
友人は太さが均一なレベルラインを上手に飛ばします。
僕は勧められてレベルラインを試したこともあるのですが、なかなか思うようにラインを操作できず、何本かの単糸をより合わせ先端になるにつれて細くしたテーパーラインを使います。
残念ながら、日差しの強い昼間でもあり、ヒットしてくれるオイカワには出会えませんでしたが、緑の木々の中で、川風に吹かれて気分は爽快でした。
河原で、コーヒーを沸かして、のんびりと昼食をとり、こんな一日も良いなと思ったのでした。

何をやっているのか良くわからない、魑魅魍魎どもの悪あがき政局や、怪しげな原発事故への対応、そして大飯原発の再稼動から、脱原発などもう忘れ去ったかのような原発推進の動き。
河原で別世界のような時間を過ごしていると、こんな俗世間の事に目を向けたり考えたりするのは、もう止めたいとも思うのです。
しかし太平洋戦争に突き進んでしまった日本の過去の過ちを、再び繰り返したくない。チビスケたちにつらい状況を引き継がせたくないの思いが強いので、黙って見過ごす事は出来ない毎日が続きます。
自民党は、念願の消費税増税を民主党の責任でやってくれるならこんな嬉しいことはないし、将来の核武装への可能性は、残したいとの思いが透いて見える。
民主党はといえば、野田総理はじめ閣僚の何人かは、自民党の民主党分会のような状況に何の違和感も持っていない。いかん、また考え出した、今日はやめて楽しい一日を続けよう。

午後は、近くの案内板に日和田山への登山路が書かれていましたので登って見ることにしました。
Dscn7518_320 岩登りのゲレンデもあるので、名前だけは知っていたのですが、登山口が高麗川駅にあることなど、全く知りませんでした。
標高は305m、日高のシンボルとして親しまれている名山と書かれていました。
裏道と思われる細い道のある登山口から登ること50分、どうして300mの山とは思えない眺望の良さです。
石塔のある頂上より、途中の金刀比羅神社のあたりが見晴らしがよく、高麗の里や、川がぐるっと蛇行して本当に巾着のような形をした巾着田が望めました。
高麗川での釣果はありませんでしたが、おまけとして山にも登る事が出来、友人と楽しく過ごした初夏の一日でした。

Dscn7516_320

「高麗の土地について、ちょっと調べたので、転載しておきます」---転載元を失念しましたので、後で追記します。
現在の埼玉県日高市の一部および飯能市の一部にあたる高麗郷および上総郷は716年武蔵国高麗郡が設置された地である。

中世以降、郡域が拡大し、日高市・鶴ヶ島市のそれぞれ全域と、飯能市・川越市・入間市・狭山市のそれぞれ一部が高麗郡の範囲となった。

668年唐・新羅に滅ぼされた高句麗からの渡来人を移し置いたもので、703年には高句麗王族とされる高麗若光に朝廷から王(こきし)姓が下賜されている。

高麗神社はこの高麗郡の郡司・高麗若光を祭る。
神仏習合の時代には高麗家は修験者として別当を勤めていた。また、高麗大宮大明神、大宮大明神、白髭大明神と称されていた社号は、明治以降は高麗神社と称されるようになった。
境内隣接地には江戸時代に建てられた高麗家住宅がある。

なお、この神社では濱口雄幸、若槻禮次郎、斎藤実、小磯国昭、幣原喜重郎、鳩山一郎らが参拝後に総理大臣となったことから「出世明神」と崇められるようになった。

|

« 「原子炉時限爆弾」と「レベル7」---2冊の本、そして大飯原発再稼動 | トップページ | MV22オスプレイの沖縄配備への疑問---沖縄県民の投書(東京新聞)と読売新聞社説を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「原子炉時限爆弾」と「レベル7」---2冊の本、そして大飯原発再稼動 | トップページ | MV22オスプレイの沖縄配備への疑問---沖縄県民の投書(東京新聞)と読売新聞社説を読んで »