« 東京都美術館からパンダへ、そしてエゾヒグマ | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 »

2012年6月30日 (土)

首相官邸前デモ---6月29日

Awjzvtwceaewn_l
(写真上は首相官邸前を埋め尽くした人々。--赤旗写真部撮影)
昨日(6月29日)、上野での用事が早めに終わったので、これならデモに参加できるかと地下鉄銀座線で溜池山王駅へ。夜8時半過ぎだったでしょうか。
封鎖されているかと思いながら首相官邸に近い5番出口に向うと、デモ帰りと思われる沢山の人達が駅構内に入ってきます。
抗議デモは早めに終わったのかと外に出ると、道路は警官隊のバリケードで封鎖され、横断歩道の通行も制限されていましたが、そこには整然と帰路に着く人達の列が続いていました。
警察のマイクがうるさいほどに、立ち止まらないでくれと叫び続け、まだ散会しない人達を移動させようとしていました。
帰る人達と逆方向に首相官邸方面に向ってみました。官邸前には、ずらりと警察車両のバリケードが作られ、交差点や付近の道路は警察官で一杯です。すごい数だ!

今、国会議事堂近くで原発反対の抗議の群集の中にいるのだと思うと、あの1960年の安保闘争時、国会議事堂前を埋め尽くし、夜空に地鳴りのような足音を響かせるデモ隊と、相対する目を血走らせた警官隊の姿ががまぶたに浮かびます。
あれから50年、元気だった若者は老いました。
行き交うデモ参加者には若者の姿が目立ちます。
僕は来週も来るよ。7月16日の代々木公園は凄いことになりそうだ。
まだまだ、老兵たちはがんばるつもりだが、後はもう、君たちに頼んだよ。これだけ力を合わせることが出来るんだ。原発をなんとしても止めよう。大飯原発再稼動反対。

数は多いし、やたら立ち止まるな、散会しろとうるさいが、でも警官たちは優しいじゃないか。僕が写真を撮っていたら、近づいてきた警官が「写真を撮り終わったら、移動してくださいと結構優しく言われたよ」「驚いた、駅までの道を聞いている人もいたよ」
首相官邸前のデモ隊を刺激するなと通達が出ているのかな?。
ここにいる警察官たちは、60年はもちろん、70年安保だって知らない、殆どそれ以後に生まれた人達だ。まあ、僕の子供のような年代だ。
今まで、集会などのデモの行列整理はしたきただろうけれど、膨れ上がる人波がバリケードを超えて押してくる、本当のデモの凄さは初めて経験したんじゃないかな。

私服がかなり多いな。嫌いだね、相変わらずいやな目をしている。それにしても警察とあまり仲良くデモするのも、変な感じだな。Ca390015_320

(写真左4枚、デモ参加者も残り少なくなり、ほっとしている警官たち)Ca390010_320

Ca390013_320











Ca390014_320

|

« 東京都美術館からパンダへ、そしてエゾヒグマ | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 »

コメント

こんなにデモ参加者がいるのですね。
安保闘争は共産圏の支援の影がありましたが、今回のは国民が国家への怒りを表しているのであって、その主義主張は、平和と自由であり、まさに日本の憲法と国民の尊厳を守るための闘争ととらえています。
だからこそ警官隊も逮捕には向かわないのでしょう。一部は逮捕されるでしょうが。まぁ逮捕したところで、20万人を敵にしたら、どんな火薬庫になるか想像はしたくありません。

投稿: 通りすがり | 2012年7月 3日 (火) 00時51分

>通りすがりさま
お読みいただきありがとうございます。
デモなど無意味だといった声もありますが、参加者が何人とされようとも、座視しているよりは、直接行動し、学び、同じ思いの人達と心を通わせ、個人の意思を大声で訴えることは大事だと思っています。
反原発の集会参加者は、本当に普通の市民たちです。デモ行進にも不慣れです。しかしこの声を無視できなくなる日が来るまで続けます。選挙にきっと結びつきます。明日の金曜日、そして7月16日の代々木公園、野田総理に目にもの見せてあげます。

投稿: Souroku | 2012年7月 5日 (木) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京都美術館からパンダへ、そしてエゾヒグマ | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その29(2012年5月) 日本関係船舶護衛、遂に1ヶ月間で僅か2隻 »