« 野田首相は「信用おけない人物」 | トップページ | 2012年柳瀬川桜の開花状況その1(まだ蕾です) »

2012年3月21日 (水)

津波で流された巨石---宮古市

Mr21001_1280
東京新聞記事に東日本大震災による津波で、岩手県宮古市田老地区で、上の写真のような大岩が、元の位置から450メートルも流されたと書かれていました。(2011年11月25日朝刊)
岩の横にたつ人物と比べるとその大きさがわかります。記事はクリックすると拡大します

Zanba_320 以前、沖縄に旅行した際に、読谷村の残波岬にあった大岩が、台風による大波で打ち上げられたと知って驚いたことがあります。岩のある場所は、波の打ち寄せる海岸から30メートル以上も高い場所なのです。
いったいどのくらいの大波が打ち寄せたのか想像を超えていました。
沖縄には、こういった台風の高波で打ち上げられて大岩のある場所がかなりあるようです。(写真左上)

Shimojiiwa_320 石垣島、竹富島しか訪れたことが無いので、この実物を見ていないのですが、宮古島市の下地島の西岸にある帯岩(おぴいわ)と呼ばれている巨岩は、高さ約12.5m、周囲約60mもの大きさで、1771年4月24日(明和8年3月10日)に起きた八重山地震の津波(明和の大津波)で打ち上げられたそうです。
周囲60mというと、宮古市の岩の3倍ほどになりますからいかに凄まじい力で流されかがわかります。(写真左下)
東日本大震災の津波でも高さが30mを超えましたが、先島諸島に壊滅的被害をもたらした明和の大津波は、高さが85mだったと伝えられています。これはのビル30階近い高さです
こんな津波が襲来するという事を、しっかり記憶に留めて置きたいものです。

|

« 野田首相は「信用おけない人物」 | トップページ | 2012年柳瀬川桜の開花状況その1(まだ蕾です) »

コメント

これ津波石だよ・・・と教えられても、ああそうなんだ~と言うしかない位、石垣島にもあちらこちらにありますね。毎年4月に慰霊祭も行われています。

投稿: トックリヤシ | 2012年3月22日 (木) 08時47分

>トックリヤシさま
石垣島の案内書等でも、津波の事、打ち上げられた岩石の事を知ることができました。凄まじい破壊力は想像を超えています。
海に詳しいトックリヤシさまは、地震と津波への備えも十分されている事でしょうが、いざという場合には近隣の方の避難に、その知識とリーダーシップを生かしてくださる事でしょう。

投稿: Souroku | 2012年3月24日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野田首相は「信用おけない人物」 | トップページ | 2012年柳瀬川桜の開花状況その1(まだ蕾です) »