« 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい | トップページ | 蓼科でスノーシュートレッキング »

2012年2月17日 (金)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その25(2012年1月) 増えない日本貿易関係船舶

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)

*平成24年1月の海賊対処法による船舶護衛実績(316回護衛~324回護衛の9回)
 護衛艦(第10次派遣部隊) 110たかなみ 111おおなみ
     
 
 護衛した船舶  
日本籍船 0隻 
             日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    9隻
                   
合計9隻  1回平均1隻
           
               外国籍船 56隻  1回平均6.2隻 

護衛回別詳細、及び記事は、まとめ中ですので、追記します。 
また2011年度の日本関係船舶の海賊被害状況が国土交通省海事局から発表されましたので、それにもふれてみたいと思います。   
   
書きかけ----続く

|

« 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい | トップページ | 蓼科でスノーシュートレッキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい | トップページ | 蓼科でスノーシュートレッキング »