« 菜の花でした! | トップページ | 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい »

2012年2月10日 (金)

「あの福島の少女はどこに」

Syouzyo_320 http://t.co/dmaUUAVE 「あの福島の少女はどこに」
いつも「柳瀬川のほとり」をお訪ね頂きありがとうございます。
紹介の記事を読んで頂けたらありがたいです。
この記事にたいし、僕などが追記することは何もありません。
国が原発政策を反省し、こんなことが二度と起こらないことを祈ります。
全ての原発が止まっても、電力は確保できる事が分かった今、スイス、イタリア、ドイツに学んで、原子力発電から撤退しましょう。
明治維新後、僅か80年の間に、3度も戦争を起こし、「反省」「撤退」の言葉を失っていた国の辞書に、この二つの項目を入れましょう。

理由は分かりませんが、志木市館、ニュータウン付近の放射線量が、地表面、空間とも若干上昇気味です。
志木市が定点測定している館保育園の地表面も、1月25日の測定でまた以前の数値に戻り0.1マイクロシーベルト/時」を超えてしまいました。
秋ヶ瀬児童公園に次ぐ定点観測地2位の放射線量です。特に気にする事はないのですが、今後何かこれ以上の異常値を観測したら、報告します。http://www.city.shiki.lg.jp/51,36128,270,1156.html 志木市役所空間放射線量測定

|

« 菜の花でした! | トップページ | 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜の花でした! | トップページ | 僕の干し柿に変化なくても、福島原発はなにかおかしい »