« 視界360度、地上152mからの今年の初ブログ---子供たちを放射線被ばくから守ろう、そして原発を1基づつでも止め、先ず稼動ゼロの状態を作りだそう | トップページ | 浜松町駅で、久しぶりに小便小僧と対面 »

2012年1月 7日 (土)

日本は今、脱原発「状態」

今日は「志木革新懇」主催による「止めよう原発!!」の講演会に行きました。
講師は、埼玉県立小鹿野高校の関根一昭先生です。
講演内容は、原発事故状況から、放射性物質の拡散、汚染度調査、内部被ばくの影響、食品汚染等から自然エネルギーへの転換など多岐にわたり、とても興味深く聞けて2時間があっという間に過ぎてしまったほどです。
少しは誇張や、脱線もしますが話がたいへん解りやすいのがよく、たいへん勉強にになりました。
特に興味深い幾つかの話があったのですが、なかでも今日取り上げたいのは関根先生の「日本は今、脱原発状態」という指摘です。

日本の電力に占める原子力発電の割合は、約30パーセントと言われてきました。
それに原発の新増設14基を加えて50パーセントに高めるのが、政府の2010年「エネルギー基本計画」でしたが、これは福島原発事故により計画の実現は不可能になりました。」
日本に存在する原発は現在54基です。
そのうち今日現在稼動しているのは全国で6基であり、電力にしたら全体のわずか3%強(562万4000キロワット)です。
関根先生はこれを事実上の、脱原発状態と話されました。「状態」には事故の収束宣言をした福島原発の「冷温停止状態」に対する皮肉が含まれているのかもしれません。

そうか、6基しか稼動していなかったか。そこで講演会から戻り、少し調べてみました。
昨年12月に九州電力の玄海1号、 関西電力の大飯2号と美浜2号、年も押し詰まった25日に九州電力の玄海4号が止まり、現在54基中、稼動中は確かに6基だけです。
そして残っている下記6基も定期検査のため4ヶ月以内にすべて止まる予定です。
1月に3基、2月、3月に1基づつ止まり、4月末に北海道電力の泊3号機が止まることで、日本の全ての原発が止まり、本当の意味で脱原発です。
四国電力   伊方2号 2012年1月13日までに(確認中)
東京電力   刈羽5号 2012年1月25日
中国電力   島根2号 2012年1月27日までに
関西電力   高浜3号 2012年2月20日
東京電力   刈羽6号 2012年3月末までに
北海道電力  泊3号  2012年4月末までに

核戦争防止国際医師会議 (IPPNW)
自国の一般公衆にふりかかる放射線に関連する健康上の危害を、これほどまで率先して受容した国は、残念ながらここ数十年間、世界中どこにもありません。
このような基準は、受け入れがたい健康上のリスクを、避けることができるにもかかわらずもたらすものです。私たち医師には、このことを指摘する倫理的責任があります。

壊れた原子炉と、使用済み燃料プールの構造的な健全性が回復し、安定的な冷却が持続し、冷温停止になるまでは、
広範囲にわたり、損壊した原発から、より多くの放射性物質が放出される可能性がまだ残っています。
特に、余震が頻繁に起こり続けているという背景においては、その危険性があります。
したがって、その必要が生じた場合には、福島第一原発から少なくとも80-100km圏内で、迅速に大規模な避難を行えるように、包括的な計画を立てておくことが必要不可欠であると、私たちは考えております。

Tomari (写真左、国内原発最後の1台の稼動が止まる、その名も泊(とまり)発電所)

|

« 視界360度、地上152mからの今年の初ブログ---子供たちを放射線被ばくから守ろう、そして原発を1基づつでも止め、先ず稼動ゼロの状態を作りだそう | トップページ | 浜松町駅で、久しぶりに小便小僧と対面 »

コメント

1月2日から福島を中心に関東一円でセシウムが昨年の4月頃の様な高い異常数値を示しています。福島原発4号機が元旦の地震の震度4で異常をきたしているようだ、とのことです。国内ではこのニュースに全く触れていません。また隠蔽です。今度は一体何が起きているのか非常に不安です。東京以北の方々はこの事実をご存知でしょうか?もっと皆さんに知ってもらって、身を守るためにマスクをしたり水を飲まないように注意喚起したいと思っています。中部大学の武田先生のブログで注意を促すメッセージが流れています!

投稿: | 2012年1月 8日 (日) 17時46分

>さま
情報は知っています。文科省が、なぜか急に土曜、日曜、休日の測定値をまとめて公表するとかに変更したので、10日の発表が待たれます。異常事態か、なんらかの放出があったのか、気象状況なのか?。情報を集めて見極めたいところです。これだけのセシウム降下量の変化を発表しないのはやはりおかしいです。
ちなみに志木ニュータウン内の空間放射線量は、7日の夜がやや高めでしたが、現在は12月末と同じ程度の平常値です。

投稿: Souroku | 2012年1月 9日 (月) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視界360度、地上152mからの今年の初ブログ---子供たちを放射線被ばくから守ろう、そして原発を1基づつでも止め、先ず稼動ゼロの状態を作りだそう | トップページ | 浜松町駅で、久しぶりに小便小僧と対面 »