« 日本は今、脱原発「状態」 | トップページ | 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの »

2012年1月 9日 (月)

浜松町駅で、久しぶりに小便小僧と対面

*1月9日(月)22時現在、志木市館では、身体には感じられない程度の断続的な微振動が続いています。普段は横揺れが多いのですが、少し縦方向の揺れもあります
今日は、午後から何度か茨城県沖の地震が発生しているので、縦揺れはそれと関係しているのかもそれません。
2012年1月9日(月) 18時23分 茨城県沖 M3.7 
2012年1月9日(月) 17時50分 茨城県沖 M4.6 
2012年1月9日(月) 16時10分 茨城県沖 M4.6 
2012年1月9日(月)  13時51分 茨城県沖 M4.0


http://tenki.jp/earthquake/ 地震情報ー日本気象協会

しかし、微振動は通常よくある事ですから、恐れることは無いでしょう。でも、地震に対する備えは怠らないようにしましょう。
現在志木市在住で、常に体が揺れているように感じる人は、実際に大地が揺れているのですから、普通言われている、「ストレスによる平行感覚の乱れ」では有りません。敏感なだけだと思います。

Dscn7081_320 先日、浜松町の世界貿易センターの展望台に行ったことを書きましたが、その際チビスケ達に小便小僧を見せてあげました。
像は品川方面行きの山手線、京浜東北線ホームの田町駅よりに立っています。
初めて小便小僧と対面したチビスケ達は、あきれたように眺めていましたが、しばらくすると親近感もわいたようではこんなおかしな銅像もあるのかと面白がっていました。
実は僕も小便小僧像に近づいたのは、数十年ぶりかと思います。

僕の若かった頃、昭和30年代には、時々衣装を変えてもらって、新聞のニュースにもなっていましたが、いつか衣装姿は無くなり像だけが立っていたように思います。
当時、衣装についても不要論などがあった記憶があるのですが、僕はいろいろ変身する可愛いい姿のほうが良いと思っていました。

そして久しぶりの小便小僧は正月らしく写真のように、羽織はかまの正装で凛々しい姿でした。
現在小便小僧の洋服の制作と着せ替えを行っているのは、港区の「あじさい」という手芸サークルで、毎月着せ替えてもらっているようで、ネットで検索したらそのギャラリーがありました。
http://www.minato-cosw.net/syakyou/kozou/ 小便小僧ギャラリー
僕は老いてしまいましたが、この坊や、いつまでも変わらぬ姿で変わり行く東京の街を見続けることでしょう。

|

« 日本は今、脱原発「状態」 | トップページ | 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本は今、脱原発「状態」 | トップページ | 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの »