« 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの | トップページ | 市民農園の返却が近づく---作男準備を始める »

2012年1月12日 (木)

今冬一番の寒さ---浅間山がくっきり

Dscn7103_1024
2012年1月12日、今朝7時の志木市の我家の外気温は氷点下3度。昨日の気象予報が当たって、今年の冬一番の寒さでした。
空を見ると快晴、これなら浅間山が見えるだろうと、志木ニュータウンの高層棟に登って見ました。
予期したとおり、笠山の右に「浅間山」が白く輝いていました。
小さなカメラなので、写真写りが悪いのですが、双眼鏡で見ると、雪の大斜面が良く見えます。大分雪が降ったようです。
今はあまりスキー登山の対象にされない浅間山ですが、日本最初の女性グループのスキー雪崩遭難は昭和9年にこの浅間山で発生したとの記録があります。
この遭難は、大井正一氏の著作に次のように書かれています。

「昭和9年1月21日、9時鉄道大臣官房川崎、工作局三雲、保健課会田、経理局吉田の4氏とYWCA山岳部三田姉妹(好子、正子)は峰の茶屋から浅間山に向い消息を断った。
23日小浅間の南方600mの沢の中に、長さ700m、巾70mの雪崩跡を発見、27日遺体の発掘を行った。
遭難は13時頃と推定され、沢を下ったためといわれる。」


浅間山から右方向に目を転じると、榛名山、赤城山も雪をつけてくっきりと浮かび、遠く上越の山々もかすかに見えました。
今日は雪の浅間山を見ることが出来て感激でしたが、これからも山岳展望が楽しめる日が多くなる事でしょう。楽しみです。

雨がいつ降ったのか忘れるほど晴天が続く関東地方ですが、テレビで見る沖縄の週間天気予報は、このところいつも傘か雲のマークがついています。
石垣の友人のブログでも悪天候を嘆いていますが、沖縄本島は異常気象でしょうか。
Dscn7101_320_2

|

« 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの | トップページ | 市民農園の返却が近づく---作男準備を始める »

コメント

お日様マークばっかりで、羨ましい限りで~すsun

投稿: トックリヤシ | 2012年1月13日 (金) 08時39分

>トックリヤシさま
こちらは、空気も地面もカラカラで、室内でも、毎朝のガラスの結露が少なくなっているそうです。
気になって沖縄の週間予報を見るのですが、来週も晴天は望めないようですね。

投稿: Souroku | 2012年1月15日 (日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島原発からのセシウム降下量の増大が意味するもの | トップページ | 市民農園の返却が近づく---作男準備を始める »