« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その23(2011年11月) 月間護衛船舶数が僅か4隻!---それなのに日本船主協会と経団連は特権意識丸出し | トップページ | 落ち葉で焼き芋、狭山茶でうがい---もう少し子供たちの放射線被ばくを恐れよう »

2011年12月17日 (土)

作男、畑の山芋に驚く

市民農園のハクサイの様子を見に行った作男さん、数区画離れた畑の隅でせっせと穴を掘っている男の方に声をかけました。
「深い穴さ掘ってるだが、何してるだ?」
山芋を掘っているんですよ」
「山芋?ここでか?」
「むかごを採ったあと、根が山芋になってるのです」
「こんな畑で、山芋さ、出来るだか」
「簡単ですよ。むかごをなん粒か撒いておいて、ムカゴの収穫後、今頃掘ると山芋がご覧の通り取れるんです。ただ、1m以上掘るのでそれが厄介です」
「これは驚いただ。立派な山芋だ」
「根が深いから、上で小松菜くらい植えても平気ですよ」
「両方、収穫できるだか。たまげただな」
いやはや、山芋から採れるのがムカゴだと知らなかった作男さん、ただただ、感心していました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%94 むかご
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%A2 ヤマイモ

Ca390004_320(写真左上、 掘り出した山芋。1mくらいある立派なもの)

(写真左下、あの畑でも作っているよと教えられた山芋の枯れた蔓。この蔓を頼りに掘り出すのだそうだ。市民農園といえども、皆さん農作業に詳しいのは驚くばかり)

Ca390005_320

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その23(2011年11月) 月間護衛船舶数が僅か4隻!---それなのに日本船主協会と経団連は特権意識丸出し | トップページ | 落ち葉で焼き芋、狭山茶でうがい---もう少し子供たちの放射線被ばくを恐れよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その23(2011年11月) 月間護衛船舶数が僅か4隻!---それなのに日本船主協会と経団連は特権意識丸出し | トップページ | 落ち葉で焼き芋、狭山茶でうがい---もう少し子供たちの放射線被ばくを恐れよう »