« 郡山市の放射線量は、やはり異常事態と感じます | トップページ | この冬一番の寒さ---作男ハクサイを束ねる »

2011年12月 8日 (木)

「冷温停止」を「停止状態と言う詭弁」

昨日(2011年12月7日)の東京新聞朝刊「筆洗い」は、原発事故報道の言葉の言い換えを論じていました。読んでそのとおりだと思いました。
 今日は真珠湾を奇襲に始まる日米開戦から70年になります。
日本の報道機関は70年前のこの日から、太平洋戦争が敗戦に終わるまで、国民を欺瞞して戦争推進に大きな役割を果たしました。
事実を隠し、大本営発表の名の下に損害を軽微に、戦果は誇大に発表しました。
軍部は新聞に戦争を美化する宣伝をさせ、新聞自らも軍部に擦り寄る欺瞞と捏造記事を多数掲載して国民を戦争推進に掻き立てました。都合の悪い言葉も言い換えました。
撤退→転進
全滅→玉砕
避難→疎開
敗戦→終戦

今また、原発事故で国民を欺瞞し続けている政府の発表をそのまま報道し、いや擁護さえするマスコミの中でこの東京新聞「筆洗い」の記事は、原発推進派は苦々しく思うでしょうが、僕は喜んでいます。この主張は正しいと思います。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011120702000043.html 東京新聞筆洗い(12月7日)

「以下転載」
太平洋戦争の分岐点になったガダルカナル島の攻防戦では、約三万人の日本の将兵のうち二万人が犠牲になった。
七割が餓死や病死である。一九四三年二月、大本営は敗北した事実を隠して、所期の目的を達して転進した、と発表した
▼これ以降、日本軍が太平洋の拠点から撤退した時に、新聞では「転進」が使われるようになる。部隊が全滅した時は「玉砕」に。軍部と新聞は言葉を言い換え、国民の目をそらした
▼同じようなことが今、政府や東京電力の記者会見で起きている。事故やトラブルの危険性を小さく見せるために
「事象」という言葉を連発。記者が原発の「老朽化」に言及すると「高経年化」と言い直すと、本紙記事が報じていた
▼原子力建屋の中にたまった高濃度の放射能汚染水は
「滞留水
これでは危険性は伝わるわけがない。極め付きは、正常な原子炉を定期検査で止める時などに使う
「冷温停止」「状態」を付けた「冷温停止状態」だろう
▼事故が収束に向かっていると強調したい政府の常套句(じょうとうく)であるが、圧力容器から格納容器に溶け落ちた核燃料の状態が十分把握できていないのに、その言葉を平然と口に出せる感覚を疑う
かつて、新聞は軍部と一体になって、国民に本当のことを伝えなかった。もう過ちは繰り返したくない。事故が風化するのを待っている原子力ムラとの根比べでもある

「2011年12月15日追記」
原発事故関連で、「原発用語の言い換え」について12月4日の東京新聞が書いていますのでコピーさせてもらいました。(記事写真はクリックすると拡大します)

De15_001_1280

|

« 郡山市の放射線量は、やはり異常事態と感じます | トップページ | この冬一番の寒さ---作男ハクサイを束ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郡山市の放射線量は、やはり異常事態と感じます | トップページ | この冬一番の寒さ---作男ハクサイを束ねる »