« 志木市の放射線量測定 | トップページ | 熊か!---カモシカに驚く(仙丈ヶ岳) »

2011年10月10日 (月)

ミース・ファン・デル・ローエ記念館とバルセロナチェアー

Dscn6523_1024
「2011年6月22日に見学」
今日、パソコンで建築の写真を整理していたら、まだ訪れてから4ヶ月ほどしかたっていないのに、なにかとあわただしく、ずいぶん前の事のように思えるバルセロナのこの写真
「ミース・ファン・デル・ローエ記念館です。スペインでは是非見たかった建物です。

ミースの代表作の一つとして建築史上有名な建築ですが、やはり実物を見ての感動は、とても80年前に設計された建築とは思えない軽やかな美しいデザインの外観です。
実際には、再建されたものですが、元の建物は、1929年のバルセロナ万国博覧会のドイツ館として建てられたされバルセロナ・パヴィリオンです。
博覧会終了後に取り壊されましたが、1986年に同じ場所に復元され、現在「ミース・ファン・デル・ローエ記念館」となっています。
訪れた時は数人のデザイン系らしい若者が入館していただけで、静かな雰囲気でした。チケット売り場などなく、入口階段横に陽気な青年が立っていて、彼からひとり4.6ユーロのチケットを購入しました。
かなり充実した売店がある以外は、内部の展示はなく、まさに建物を見るだけです。いや、忘れてならない展示品が一つありました。
ミースの家具デザインの傑作「バルセロナチェアー」が置かれています。
このパヴィリオンの為に設計されたこの椅子は、80年を経て現在も販売されており、何度も見たことはありますが、ここに置かれた白い2脚の椅子ほど、建物としっくりと取り合っていた例はなく、この記念館を訪ねてよかったと思えた瞬間でした。
Dscn6520_320 Dscn6519_320 Barcelona_mies_v_d_rohe_pavillon_we Dscn6521_320 Dscn6522_320

(好天が続きそうなので、急に山に登りたくなり、数日出かけることにします。ブログを少し休みます。
戻りましたら紅葉の山の様子などを書くことにします。
と書いていたら外はかなり強く雨が降り始めました。えっ、支度しちゃったよ。天気予報どうだった?)

|

« 志木市の放射線量測定 | トップページ | 熊か!---カモシカに驚く(仙丈ヶ岳) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志木市の放射線量測定 | トップページ | 熊か!---カモシカに驚く(仙丈ヶ岳) »