« 虫の音を聞きながら、電力危機説と原発を考える | トップページ | 「大鹿村騒動記」を見ました »

2011年9月 5日 (月)

志木市館中央公園(志木ニュータウン内)で放射線量を測る

「おっ! 以外に高い「館中央公園」の計測値」
志木市内の空間放射線量は、市役所ホームページで見ることが出来ます。
6月24日から毎週1回、市内24箇所(全小中学校庭、市役所前、公園、保育園等)を測定し発表しているからです。
http://www.city.shiki.lg.jp/51,0,270,1156.html
市内での測定の最高値は、いつも「市役所駐車場」で、0.11マイクロシーベルト/時くらいが計測されています。

それでは、計測されていない、志木ニュータウン内の館中央公園ではどの程度の計測値が出るだろうかと、計ってみました。小さな幼稚園児や小学生たちが良く遊びに来る場所です。
(測定日2011年9月5日 午後3時から4時頃、天候曇り)

測定器は前回の市民農園と同じ「SOEKS-01M」です。
アルミ遮蔽板を付けても、あまり計測値に変化が無い事は確認済みなのですが、念のため今回は厚2.5mmのアルミ板でガイガーミューラー管検知器の下を遮蔽し、地表に置くので厚約2.5mmの硬質アルミ製パッドの中に入れて計測しました。
前回と同じように、数値が安定した頃、12回計測し、最高値と最低値を除き10回の平均値に0.772をかけた値です。

公園中央の芝生の上:   0.130マイクロシーベルト/時
公園内東屋排水溝付近: 0.224マイクロシーベルト/時
公園内滑り台下   :    0.157マイクロシーベルト/時(写真1枚目)
公園内遊具下:       0.162マイクロシーベルト/時(写真3枚目)
中央公園の芝生上は想定した程度の数値でしたが、怪しいと狙いをつけた東屋の排水溝付近はかなり高い数値でした。

瞬間的には0.3以上の数値が何度もカウントされます。
それと、公園内の遊具の滑り台やロープ登りの木製スロープも高い値です。

ついでに、20階建ての高層棟付近も計ってみました。
やはり高層棟廻りは結構高い数値がでます。

高層棟入口樹木付近:   0.155マイクロシーベルト/時(写真4枚目)
高層棟前砂場: (使用されていない) 0.176マイクロシーベルト/時(写真5枚目)

この程度の測定では、なんとも云えませんが、今回計測してみてこんな傾向である事がわかりました。
中央公園では、樹木下がかなり高い傾向が見られる。滑り台、遊具もまわりに木が茂っていました。
高層棟(20階建て)付近は、南f側の砂場にみられるように全体に高い数値が出ます。やはり特に樹木下では高いようです。

これは地上1mの空間放射線量でもいえます。
ニュータウン内の雑木林や街路樹など、木の茂った道では、平均して0.13マイクロシーベルト/時が計測されます。市の測定で館保育園の庭の放射線量が高いのも、高層棟の影響とマロニエ通りの茂った街路樹の影響が強いと思われます。

それが、樹木の少ない柳瀬川駅前の広場や、ペアモール商店街の裏側の道路、8階建て棟の北側駐車場などでは
0.07~0.09マイクロシーベルト/時が計測されます

全体的に志木ニュータウンは高層建物が林立し、森のように樹木が多い内部環境から、他の地区と比較するとやや放射線量が高いホットスポットといえるかもしれません。
館中央公園で、幼児や小学生が遊んだ場合、良く手を洗うように気をつけさせたほうが良いと思います。特に滑り台下、遊具の下、植え込み内や雨水ます付近は放射線量が高いものと思って、なるべく潜り込んだりしないよう指導したほうが良いでしょう。
今後も継続して、測定して報告するようにします。
Dscn6693_320

(写真2枚目、中央公園の木製ベンチ上も0.16付近の高い数値が出る)Dscn6692_320

Dscn6694_320

Dscn6695_320

Dscn6696_320

|

« 虫の音を聞きながら、電力危機説と原発を考える | トップページ | 「大鹿村騒動記」を見ました »

コメント

突然すみません。ニュータウンに住んでいる主婦です。
ニュータウン内は子どもが集まる公園が多いのに、市では測定してもらえず。 写真や説明を付けてもらい、分かりやすかったです!

やはり、排水関係は危ないですね。 子どもたちにも、茂みの中や雨上がりは気をつけるよう話していますが、続けていこうと思います。

投稿: ガスパ | 2011年9月 8日 (木) 16時25分

ガスパさま
市がニュータウン内の測定も実施してくれると良いのですが。
市がHPに発表している測定機は、堀場製作所の環境放射線モニタ(PA-1000 Radi)を使用しています。
私の測定機とは放射線感知の方式が異なるので、単純に数値の比較は出来ないので、どちらが正しいとはいえません。低い放射線量の測定の場合、市の機種はやや低めに出る、私の機種はやや高めに出ると考え、中間あたりの数値を考えればよいかと思います。いろいろ計測してみましたが。ニュータウン内は、他の地区よりやや高めの放射線量地区と見てよいと思います。
子ども達には、なるべく被ばく量を少なくしてあげたほうが良いと思いますので、ボール探しなどで、茂みの中に潜り込むようなことは避けさせたほうが賢明だと思います。

投稿: Souroku | 2011年9月 9日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫の音を聞きながら、電力危機説と原発を考える | トップページ | 「大鹿村騒動記」を見ました »