« ピカソのゲルニカに福島原発を思う | トップページ | 明治公園さようなら原発集会----戦時中かと、いまさらNHKのニュース報道を嘆いても! »

2011年9月18日 (日)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その21(2011年8月) 護衛方式など、戦略変更も考える必要あり

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)

*平成23年8月の海賊対処法による船舶護衛実績(269回護衛~279回護衛の11回)
 護衛艦 106さみだれ 158うみぎり
 
 護衛した船舶  
日本籍船 1隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船  10隻
                   
合計11隻  1回平均1隻
           
                外国籍船 75隻  1回平均6.8隻

護衛回(日程)                 日本籍船  日本関係外国籍船  外国籍船
269(8/2-8/5)    西行き     1          0            7 
270(8/5-7)        東行き       0            1             3 
271(8/7-9)        西行き      0             3            9

 (8/9-10) ジブチ基地にて補給、休養
272(8/11-13)     東行き      0             0           12   
273(8/13-15)     西行き      0            2           6      
274(8/15-17)    東行き      0          0           10
275(8/17-19)     西行き      0           1            1
 
(8/19-21) ジブチ基地にて補給、休養
276(8/22-24)    東行き       0            2           10
277(8/24-26)   西行き       0            0            6
278(8/26-28)    東行き       0            0            2
279(8/28-30)   西行き       0            1            9

合計                            1                 10                      75

106samidare 3月の東日本大震災以後、原発事故関連を取り上げることに忙殺され、ソマリア沖海賊対処の更新がおろそかになってしまいました。
前回
「その20」で4月の報告をしましたので、5、6、7、8月と続けるところですが、集計が遅れていますので、先ず8月分を書くことにします。

8月も海上自衛隊の護衛艦2隻により護衛された日本籍船は1隻(タンカー日本関係外国籍船(我が国の運航事業者が日本の輸出入のため運航する外国籍船)は10158umigiri_2 の実績でした。

「えっ。一回の護衛船団に守られる日本の輸出入関係の船がたった1隻なの。守る護衛艦より少ないの!」と驚かれる方も多いと思いますが、それが現在のソマリア沖海賊対処の船舶護衛の実情なのです。
ちなみに、これは後日まとめますが、5月(12隻)、6月(13隻)7月(9隻)とほとんど1護衛航海に1隻の実績でした。

それにたいして、外国籍船は75隻と、平均して7隻程度が護衛船団に加わっています。国籍では、護衛開始時から、中国関係船舶が多く、8月度を見ても、
船籍は日本の1隻に対し、11隻が中国籍船であり、中国の船舶運航会社や関係船舶を加えると4分の1程度は中国関連船舶でしょう。
外国の船舶の護衛は、日本の国際貢献として評価されるでしょうが、護衛艦派遣当初の年間2000隻の日本関係船舶の護衛に手一杯などの報道を覚えておられる方には、なにか釈然としないものがあるでしょう。

ジブチに恒久的な拠点(基地)が完成し、 
書きかけ---続く

|

« ピカソのゲルニカに福島原発を思う | トップページ | 明治公園さようなら原発集会----戦時中かと、いまさらNHKのニュース報道を嘆いても! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピカソのゲルニカに福島原発を思う | トップページ | 明治公園さようなら原発集会----戦時中かと、いまさらNHKのニュース報道を嘆いても! »