« スペイン----サグラダ・ファミリア聖堂の予約入場とエレベーター(2011年6月) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その42 (8月9日)海水浴場の客が激減---飛散した放射性物質の測定を求む »

2011年8月 5日 (金)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その41 (8月5日)米の汚染検査は、政府が考えているほど生易しい問題ではない

柳瀬川通信:報道部  作山記者とオールスタッフ
8月5日(土)

8月5日現在、埼玉県志木市では、身体に感じられない程度の断続的な微振動があります。動と静の間隔は長いです。どちらかと言えば縦揺れ傾向です。
今、時々体が揺れているように感じる方は、実際に揺れていますので、地震でないのに体の揺れを感じる、いわゆる「地震酔い」現象ではありません。
また、木造住宅で「びしっ」といった家鳴り現象が起きる事もあります。
微振動は、日常的に良くあることですから、心配することは無いと思いますが、東日本大震災の余震と、千葉県沖の地震が多くなっていますので、家具の固定など日頃の地震対策を再点検しておくと良いと思います。
http://tenki.jp/earthquake/ 地震情報-日本気象協会

見ていただきたい動画
◎前回も出しましたが、この動画の反響は大きく、ネット上にも多数掲載され、多くの方が注目し共感しています。外国にも発信されているようです。
8月3日の東京新聞朝刊でも取り上げられました。
政治無策「満身の怒り」
福島原発事故で「7万人が自宅を離れてさまよっている時に国会は一体何をやっているのか」
「汚染、広島原発29.6個分」
 
衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」について
参考人 児玉龍彦東大教授(東大アイソトープ総合センター長)
http://t.co/pLa3Rg4

◎この動画の対極にあるようなひどい発言、児玉教授が「プルトニウムは飲んでも安心と言った東大教授がいて驚いた」と発言したその人です。
その名は、プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠東大教授
東電社員から東電の金銭的支援で東大教授の椅子を得た男が、京大の小出先生を、
見下すようにせせら笑うので不快です
京大助手小出先生は本当に苦しい闘いを続けてきたのです。

http://t.co/hwDhq9m

志木市水道施設課
志木市の水道は、県の大久保浄水場からの水60%と地下水40%を混ぜています
大久保浄水場の測定値も参考になりますが、市の水道施設課でも計測するようになりました。
毎日計測してくれる事を要望中です。

http://www.city.shiki.lg.jp/37,0,150,1162.html

志木市内の空間放射線量 理化学研究所から借用した測定器を使用しているので返却期間の1週間が過ぎれば測定できなくなると、高浦議員の質問になんとも情けない議会答弁をしていたが、まだ借用できているようです。志木市でも購入してください。http://www.city.shiki.lg.jp/51,0,270,1156.html
 

志木市小中学校のプール水検査結果 
http://www.city.shiki.lg.jp/51,0,270,1159.html

放射性物質の埼玉県産農産物への影響調査けっかについてhttp://www.pref.saitama.lg.jp/page/nousanbutsu-chousakekka.html#gennyuu

「つぶやき編」
◎米の検査で、暫定規制値500ベクレル(1kgあたり)を採用したら、誰も今年の東北地方の米を買う人はいなくなると思う
毎日、それも子どもたちが多く食べる主食に対して国民はとても敏感になっている。もう騙される人はいない。
政府の考えはあまりにも甘すぎる。
規制値を云々する立場に無いが、せめて十分の一から二十分の一
それも検査結果を表示しないと見放される。ましてや牛乳のように、検査数値の大小を混ぜるなど論外だと思う。
汚染された米を汚染されていない米と混ぜると、基準値以下となり、それを売り出せることになる。
結果としては、倍の量の米からより低い被爆がより多くの人に広がることになり、将来、癌になる人の確率としては同じことだ。基準値というのは、ものを売るためのトリックだ。」
(C.バズビー博士)


「大潟村あきたこまち生産者協会」は国の基準値の100分の1、5Bq/㎏を規制値として、5Bq超の米を流通させないと発表しています。是非、HPをご覧になってください。
国の施策と対決する姿勢に共感。これしか生き残るすべは無い。続くところが多いと思う。

自主的避難は補償しないという政府が、この大潟村の姿勢にどんな対応をするのか。
この米は売れると思う。要は政府、農林水産省のほうが間違っているのだ。無策、無能集団。
http://t.co/uhGeImT http://t.co/uhGeImT


世界が驚く日本の基準---だから今、少しでも内部被ばく量を少なくする努力が必要です。政府を信じてはいけません。
http://t.co/2ZM8WYj  こんなにゆるい日本の暫定基準値

◎明治牛乳にセシウム。牛乳の汚染は闇だ。
 http://t.co/OR1cqtV

◎日本の暫定基準値
http://hibaku.blogspot.com/2011/07/2000.html 

◎プルトニュウムの基準値とは恐れいったNHK科学文化部「かぶんブログ」
http://t.co/Ho5DoyQ    

◎「内部被曝の脅威」原爆から劣化ウラン弾まで 肥田舜太郎 鎌仲ひとみ著
1950年代、アメリカ、ハンフォード核施設の風下に広がる広大な砂漠が、政府のプロジェクトで開拓された。第二次世界大戦や朝鮮戦争で闘った兵士に格安のローンで土地を分け与え、砂漠を緑化する基盤整備が行われることで砂漠は緑の穀倉地帯へと変貌した。
そして悲劇が生まれた
http://bit.ly/qIy1VW

◎柏市で高い濃度のセシュウム 
千葉県柏市の土壌を採取し、専門機関にて検査を依頼したところ、セシウム134が2万3663ベクレル、セシウム137が2万8884ベクレル、合算すると5万2547ベクレルという驚きの結果が出た
http://t.co/N3fL24Q

◎南相馬市、新原発の交付金を辞退
http://goo.gl/UW5Pj 

◎放射線防護マスクは高価なものではない。準備しておいても良いかもしれない。
http://t.co/KHm3P6g

◎被曝から2年で白血病が増加し、5~8年後に発症がピークとなる。
http://t.co/dwl8fPp

 

 

  

|

« スペイン----サグラダ・ファミリア聖堂の予約入場とエレベーター(2011年6月) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その42 (8月9日)海水浴場の客が激減---飛散した放射性物質の測定を求む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイン----サグラダ・ファミリア聖堂の予約入場とエレベーター(2011年6月) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その42 (8月9日)海水浴場の客が激減---飛散した放射性物質の測定を求む »