« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その39 (6月29日)」低線量内部被ばく---原発周辺は事故なくても健康被害 | トップページ | 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 »

2011年7月 1日 (金)

作男、収穫を喜ぶ

Dscn6576_320 作山記者だ、男川記者だと、紛らわしい名前の人達がいるだが、おらは本物の作男だ。
やっと、おらがの農園も収穫(写真左)が始まっただ。

つるなしインゲンは、良い出来だ。ナスもピーマンも、このところ、勢いが良くなって順調といえるだよ。

だども、今年は、トマトがぜんぜん駄目だ。なんだか、葉がちりちりになっていて、実も赤くならないだよ。連作には気をつけたつもりだで、放射線の影響だべか。
放射線といえばおらも畑の土壌汚染が気になるだよ。市民農園だども、市では計る気はなさそうだし、おら自衛のために放射線計測器を注文しただよ。RD-1503だよ。8月末の入荷だそうだ。
なんたって、原発から放射線物質とやらが、ばら撒かれているわけだし、おらがの畑の土壌も計ってみたいだよ。
4月に、ナノセンス社の謀略?にまんまとはまって買い損なっただ。2万円くらいで60万台を家電量販店で売るといわれれば、高いもの買う気はなくなるだよ。ようは、国民に放射線計測器をもたせねえという謀略は成功し、肝心の時期に、多くの人達が計測の機会を奪われたちゅうわけだ。困ったもんだ、本来なら、東電が契約家庭に1台ずつ配るべきぢやないんかい。

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その39 (6月29日)」低線量内部被ばく---原発周辺は事故なくても健康被害 | トップページ | 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その39 (6月29日)」低線量内部被ばく---原発周辺は事故なくても健康被害 | トップページ | 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 »