« 河野太郎さん、道路技術保全センターに怒る---情けなくなるこの国の官僚たち。国交省のあくどい画策 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その40 (7月23日、24日、26日、27日)」稲わらだけに放射性物質が飛んできた?豚肉もか!小麦、ナタネも! »

2011年7月22日 (金)

ハンゲショウの群落を見つけました

Dscn6608_1024
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E5%A4%8F%E7%94%9F
 半夏生 Wikpedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6 ハンゲショウ Wikpedia

前に柳瀬川駅近くの「イチリンソウ」の群生地について書いたことがあります。
S通信員より、その近くでハンゲショウ」の群落があるとの報告で、早速見に行きました。
こう書くといかにも、僕がハンゲショウという植物を知っているような書きぶりですが、お恥ずかしい事ながら、この植物名を聞いたことも無ければ、実際に実物を見たこともなかったのです。

教えられた場所は、ニュータウンに向って降っている傾斜地の保存林下にありました。
昭和48年頃まで、この付近の民家の飲料水として使われた泉が「背戸の泉」として復活されており、湧き出る水が流れゆく小さな水路脇に群生していました。
もう盛りを過ぎているようでしたがネットでみた写真とおりに葉が白く変化しつつある、間違いなくハンゲショウです。
この特徴ある花と葉は、植物の名前を聞いてもすぐに忘れる僕も多分忘れることは無いでしょう。
日本では、生育に適した土地が減少していることから自生株は近年減少傾向にあり、地域によっては絶滅が懸念されているとのことですが、泉の復活で育ちやすい自然環境が戻ってきたことは喜ぶべきことでしょう。
埼玉県の絶滅危惧植物種に含まれているのか調べてみたのですが、まだわかっていません。
Dscn6605_320 (写真上、流水路脇に、ハンゲショウの群落を見つけることが出来た。この左奥がイチリンソウの貴重な群生地)

(写真左、アップで撮ろうと思ったが、台風の影響による横風が強く、葉が常に揺れ続けていてピンぼけになりました)

|

« 河野太郎さん、道路技術保全センターに怒る---情けなくなるこの国の官僚たち。国交省のあくどい画策 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その40 (7月23日、24日、26日、27日)」稲わらだけに放射性物質が飛んできた?豚肉もか!小麦、ナタネも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河野太郎さん、道路技術保全センターに怒る---情けなくなるこの国の官僚たち。国交省のあくどい画策 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その40 (7月23日、24日、26日、27日)」稲わらだけに放射性物質が飛んできた?豚肉もか!小麦、ナタネも! »