« 立川断層帯の地震発生確率高まるへの疑問?---地震調査研究推進本部のあせり | トップページ | 日帰りで尾瀬ヶ原へ---ニッコウキスゲが満開(2011) »

2011年7月15日 (金)

消防博物館に行く---夏休みに親子での見学をお薦め

Jy15_001_1024_2 四谷へ墓参の帰り、消防博物館によってみました。
四谷3丁目の交差点にあって、通りかかる度に気にはなっていたのですが、見学は初めてです。
同じビルに四谷消防署があります。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html 消防博物館

館内は広くて、大型展示物も多く楽しめると共に、消防の歴史について、とても勉強になりました。
1階がエントランスになっていますが、地下の地下鉄通路からも入場できます。入場無料なのも嬉しいです。

各階の展示は、次のようになっていますが、子供たちには運転席に乗ることも出来るヘリコプターや各種自動車が人気のようですが、僕は5階の江戸の火消しが興味深い展示でした。
地下1階 消防自動車の変遷・ミュージアム
1階  エントランス
3階  現代の消防
4階  消防の変遷
5階  江戸の火消し
6階  企画展示室・映像室
10階 展望休憩室
屋上 ヘリコプター展示

6階の企画展示室では、7月16日(土)から、「みんなで学ぼう地震の歴史---津波と液状化のしくみ」が開催されます。夏休みに親子で見学する施設の一つとしてお薦めできる場所です。
Ca390006_320

Ca390009_320

Ca390010_320

Ca390011_320

Ca390013_320

Ca390008_320

Ca390007_320

|

« 立川断層帯の地震発生確率高まるへの疑問?---地震調査研究推進本部のあせり | トップページ | 日帰りで尾瀬ヶ原へ---ニッコウキスゲが満開(2011) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立川断層帯の地震発生確率高まるへの疑問?---地震調査研究推進本部のあせり | トップページ | 日帰りで尾瀬ヶ原へ---ニッコウキスゲが満開(2011) »