« 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 | トップページ | 町長と原発の利益共同体 »

2011年7月 7日 (木)

スペイン----カルモナへのバス停とコインロッカー(2011年6月)

「追記」2013年7月7日
地下鉄と路面電車のサン・ベルナルド駅(San Bernardo)からの、カルモナ行きのバス停までの案内は、「スペインのクマとネコの夢」さまのブログに、地図付きでとてもわかりやすく書かれていますので勝手ながらお知らせさせていただきます。http://osogata.blog31.fc2.com/blog-entry-654.html 「スペインのクマとネコの夢」

「追記」2012年10月4日
カルモナへのバス停の場所が変ったと、ハッチさまよりコメントいただきました。僕が書いた場所からは発車していないようですので、ハッチさまのコメントを転載させていただきます。以下転載
「セビーリアのカルモナ行きバス停が変更 」
2012年9月にセビーリアから路線バスでカルモナに行って来ました。
昨年はバス停が、バス駅プラド・デ・サンセバスチャンの前の公園を横断して抜けた所すぐにあったのですが、今年はそこの停留所が無くなっており、あわてて新バス停を聞き、そこから10分程歩き乗ることができました。新バス停は、セルカニアスと地下鉄の「San Bernardo]駅に向かって左側の道路を渡った所にありました。近くには路面電車の停留所もあります。バス会社はCasal社です。約50分でカルモナに到着します。


僕も少し調べてみましたが、他の方のブログでも次のように書かれていました。

セビージャのカルモナ行きのバス乗り場が最近変更になりました。
プラド・サン・セバスチャンのバスターミナルやサン・セバスチャン公園からではなく、
路面電車やメトロ・RENFEのSan Bernardo駅の前のバス乗り場から出発します。

(ガイドブックの地図にはこの駅は載っていないかもしれません。セビージャでもらった地図ならOK)
たくさんバスが停まっている中心部のバス乗り場ではなく、一番端の黒っぽい建物沿いにある3つのバス停の真ん中がカルモナ行きのバス停です。
以前のバス停から1キロぐらい離れていますので注意してくださいね。

転載終わり
以下の文は、2011年7月現在の情報ですから、ご注意ください。

スペインへの旅行計画を練っていた時、ネット上で調べても、わかり難い交通アクセスや施設の入場予約、チケット入手などがありました。現地では実際どうだったのか、数回に分けて書いてみます。

今日は、セービーリャから行く白い村(地球の歩き方、見出し)カルモナへのバス停と荷物預かり所についてです。
ここは、ネット上でも皆さんがわかり難い場所として「Q&A」にたびたび登場している場所です。

Dscn6451_320 カルモナ行きのバス、「プラド・デ・サン・セバスティアン・バスターミナル」からは発着していません。ここではチケットも売っていません。

バスターミナルの黄色い建物を出て、前のカルロスV通りを渡ると、プラド・デ・サン・セバスティアン庭園の鋼製の門があります。(写真一番上)
この門を入って庭園内をまっすぐ約250メートルほど進むと、反対側の門に出ます。
この門を出たところにバス停留場があります。(写真2枚目、右奥に見えるのが門)
バスターミナルから徒歩5分弱ほどでしょうか。
バス停前の道路(Av.de.portugal)の反対側は、もうスペイン広場です。バス待ちの時間に余裕があったら、30分もあればひとまわりして来れます。
バス停留場の名前は、紛らわしいですがDscn6430_320 、ここも「PRADO SAN SEBASTIAN」となっています。
M-124系統のバスがカルモナ行きです。

荷物は、車体横から荷物入れに収納できるバスですが、僕の場合は行きは、ほとんど乗客がいなかった事もあるのでしょうが、特に運転手からの指示は無く、荷物を車内に持ち込めました。
カルモナからの帰りは、荷物入れの扉を開けてくれたので、乗客は大きな荷物はそこに入れました。
切符は、乗車時に運転手から購入します。料金は2011年6月19日現在で、セビーリャから2.35ユーロです。5ユーロ札でお釣りもくれます。
所要時間は路線バスのため、乗降客のいるバス停には止まっていくので、行き帰りとも約50分くらいかかります。バスの車窓からは、広大なひまわり畑が良く見えます。
でもスペインのバス運賃は安いですね。
バス停までの徒歩ルートは、ネット上でいろいろ書かれていますが庭園を抜けることを理解しておくと、わかりやすく迷うことはありません。
バスターミナルのインフォメーションでも教えてくれますが、スペイン語でわかり難いです。
Dscn6454_320 セビーリャ駅から、タクシーで行く先を告げる場合、カルモナ行きのバス停ではわかり難いと思いますので、バスターミナルまでを指示したほうが無難だと思います。

もう一つ、「プラド・デ・サン・セバスティアン・バスターミナル」には、僕が聞いたり調べたりした限り、コインロッカーはありません
しかし、バス発着所(写真3枚目)の一番突き当たり奥の建物の待合室(SALA DE ESPERA)の右横に、荷物預かり所があります。
窓が閉まっていてわかり難いのですが、上にCONSIGNA(コンシグナ)と書かれているのでわかります(写真4枚目)
預かり料は3ユーロでした。
営業時間(HORARIO DE)は9.00~21.00と表示されていました。営業中は「ABIERTO]の小さな表示板がぶら下がっています。どうも昼休みがあるようです。
ちなみに、この場所にはありませんでしたが、コインロッカーは、コンシグナ オウトマチカ(CONSIGNA AOUTOMATICA)が正しい名称のようです

Dscn6455_320

Jn29_004_320 (写真一番下、カルモナ行きのバス停の場所)

|

« 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 | トップページ | 町長と原発の利益共同体 »

コメント

はじめまして。
カルモナ行きのバス停について調べていたのですが、とてもわかりやすくて大変助かりました。
ありがとうございました。

投稿: mayu | 2012年4月 9日 (月) 22時24分

>mayuさま
僕も事前に調べてわかりにくかったので、バス停について詳しく書いてしまいましたが、調べる楽しみを奪ってしまったかと、すこし反省しています。
でも、お役に立てて何よりです。
終点カルモナのバス停に着くと、パラドールカルモナまでは、石畳の登り坂で、歩くと20分以上かかり、キャスターが壊れる心配までするような道です。タクシーをお奨めします。バス停の道路反対側の居酒屋前にタクシー乗り場がありますが、タクシーはなかなか現れません。居酒屋にたむろしている人に頼むと呼んでくれました。タクシー表示はありませんが、どうやら本物のタクシーのようで、料金も適正で全く心配ありません。帰りは下り道ですが、歩くとやはりスーツケースのキャスター泣かせの道です。

投稿: Souroku | 2012年4月12日 (木) 22時54分

セビーリアのカルモナ行きバス停が変更
2012年9月にセビーリアから路線バスでカルモナに行って来ました。昨年はバス停が、バス駅プラド・デ・サンセバスチャンの前の公園を横断して抜けた所すぐにあったのですが、今年はそこの停留所が無くなっており、あわてて新バス停を聞き、そこから10分程歩き乗ることができました。新バス停は、セルカニアスと地下鉄の「San Bernardo]駅に向かって左側の道路を渡った所にありました。近くには路面電車の停留所もあります。バス会社はCasal社です。約50分でカルモナに到着します。

投稿: ハッチ | 2012年10月 4日 (木) 16時46分

>ハッチさま
貴重な情報をありがとうございました。バス停位置がとてもわかり難いことから、このブログを見ていただける方も多いので、ハッチさまのコメントを本文に転載させていただきたく、よろしくお願いいたします。

投稿: Souroku | 2012年10月 4日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本龍復興相とは、こんな男---恫喝は、この人の地元で培われた性分 | トップページ | 町長と原発の利益共同体 »