« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その20(2011年4月) ジブチ基地(拠点)完成 | トップページ | 突然、立川断層帯の地震と云われても---地震調査委員会とは? »

2011年6月 9日 (木)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その38 (6月9日)」海の魚よりヤマメに反応してしまう

柳瀬川通信:報道部  作山記者とオールスタッフ
6月9日(木)

6月8日(水)24時現在、志木市館では、身体には感じられない程度の断続的な微振動が続いています。どちらかというと横揺れで、震源方向は掴めません。それでも今日は全国的に地震発生の少ない静かな1日でした。
http://tenki.jp/earthquake/ 地震情報ー日本気象協会

微振動の今後の地震発生との関連は分かりませんが、東日本大震災の最大余震が確認されていませんので、もうしばらく地震に対する注意が必要だと思います。
しかし、微振動は通常よくある事ですから、恐れることは無いでしょう。
現在志木市在住で、常に体が揺れているように感じる人は、実際に大地が揺れているのですから、普通言われている、「ストレスによる平行感覚の乱れ」では有りません。敏感なだけだと思います。
この「地震酔い」については、近いうちに書くつもりです。

放射線量の測定結果を公開しているサイト(常時掲載)
沢山ありますが、身近な所で、2箇所と全国(http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html (1)埼玉県さいたま市

(
朗報です。埼玉県志木市の水道水は、県の大久保浄水場からの水60%と地下水40%を使用しています。
ゆえに大久保浄水場の検査数値を参照するしか無かったのですが、志木市の地下水の汚染も気になり、志木市で独自に計測できないかと、4月に高浦市議会議員にお願いしたところ、市役所に相談してくださいました。
結果はその予定は無いとの市の回答でしたが、高浦市議会議員は今後も協力していただけるとの事でした。
それが6月から市のホームページで志木市水道水の検査数値が公開されるようになりました。公開に至った経過はわかりませんが、ともかく相談にのっていただいた高浦議員ありがとうございました。
志木市水道施設課http://www.city.shiki.lg.jp/news/detail.51.26386.html 

http://113.35.73.180/monitoring/index.html (2)東京都新宿区
(東京都水道局の測定値が20ベクレル以下は測定不能としていたのですが、電話での多くの抗議や、ネットで批判された事により、改善されました。皆さん、ありがとう)

http://eq.yahoo.co.jp/ (3)全国

福島原発炉の状態 原子炉燃料棒の露出度(いろいろな情報があります)
http://atmc.jp/plant/fuel/

福島第一原発ライブカメラ
http://www.youtube.com/watch?v=FptmoVcgpqg JNN福島第一原発情報カメラ(Live)
  ここの映像は、黒煙などの異変を知らせてくれます。

とても参考になる映像情報だったのですが、なぜか中止になりました。
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/福島第一原発構外の展望台からのライブカメラ

原子力資料情報室」のサイトです。
新宿区の曙橋で、同時刻・同種類測定器による「室内、屋外(コンクリートの上)、屋外(土と芝生の上)」の放射線測定値を公開中。
室内の測定を行っているところは他に見当たらないので、とても参考になります。
テレビで解説する大学教授達の、室内は外気の10%程度の値だというのが嘘だと分かります
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022 

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポスト(個人情報も見ることが出来るサイトです)
 http://p.tl/CBoP MAP / J Japan quake radioactive material monitoring post MAP

福島原発から自宅までの距離を、すぐに算定出来るサイトです。http://machi.userlocal.jp/kyori/ 福島原発からの距離を測る。志木市館は第一原発から220.47km、第二原発から210.82kmです。

中部大学 武田邦彦教授の放射能汚染情報ブログ。毎日更新されるので大変参考になります。「柳瀬川通信」は教授を支持しております。
http://takedanet.com/

福島県の放射能測定値サイトです。飯舘村の測定値が常に異常に高い数値です。http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
 福島県ホームページ

ドイツ、オーストリアの福島原発被ばく拡散予想サイト(ノルエェー気象研究所の拡散予測は、終了しました)

http://www.dwd.de/ ドイツ気象サービス 在日ドイツ人向け被ばく予想図
http://www.zamg.ac.at/wetter/fukushima/ オーストリア気象地球力学中央研究所(ZAMG)

今日の「できましたら見ていただきたいサイト」です。
「原子力発電をやめたら日本の電力は足りないのか?」 Pigeon1914の脱原発ブログ
電力の需要と供給がわかりやすく検証されています。http://pigeon1914.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

「つぶやき編」

ヤマメよ、イワナよ、川を汚染してしまいました。すみません。

<放射性物質>福島のヤマメ、一部出荷停止 淡水魚では初

毎日新聞 6月6日(月)19時24分配信
「以下転載」

政府は6日、暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された福島県内の一部の川や湖で取れるヤマメ(養殖は除く)の出荷停止を県に指示した。
淡水魚の出荷停止措置は初めて。

 対象は会津地方にある秋元湖、檜原湖、小野川湖と、この三つの湖に流入する川のほか、阿武隈川と長瀬川の一部。地元の漁業協同組合などに対し、
(1)釣り客に遊漁券を販売する際、ヤマメは取らないよう周知する
(2)監視員による巡回指導を行う--などの対応を求めた。

 出荷停止措置は規制値を超えた農水産物を対象にしているため、これらの川や湖で取れる他の魚は規制対象外という。
秋元湖などで5月17~27日に採取したヤマメからは、暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える620~990ベクレルの放射性セシウムが検出されていた。
佐々木洋)
「転載終わり」

渓流のテンカラ釣りが趣味なので、ヤマメ、イワナの活字にすぐに反応してしまうのです。
この記事を読んで、時間の問題とは思っていましたが、遂に渓流魚にも汚染が発見されたかと思いました。
しかし、この記事、
なんともくわかり難いのです。

福島県の渓流には、あまり詳しくないし、漁業協同組合にも確かめたわけではない事はお断りしておきます。
阿武隈川の漁協だけでも、福島、二本松、郡山、白川などの支部があり、連絡先も違うのです。


「福島県内の一部の川や湖で取れるヤマメ(養殖は除く)」
とありますが、ヤマメは駄目で、他の魚、この場合遊漁券を買って釣る対象としてイワナだと思うのですが、こちらは汚染されていないのか、汚染の調査対象にしなかったのかがわかりません。

アユもありますが、鮎の釣り人は、ヤマメやイワナを釣りませんし、遊漁券も別なのです。
また、ヤマメは養殖を除くとありますが、現在の渓流釣りの対象となっているヤマメやイワナは、一部源流を除いてほとんど
養殖による放流魚です。
養殖を除くという事は、養殖場は汚染されていないが、川に放流してから汚染したという事でしょうか
それならイワナも同じです。川が凄く放射能汚染されてしまったという事です。
鮎も同じではないでしょうか。
ヤマメやイワナは、昆虫類などを捕食していますが、鮎は川のコケを食べます。
川が汚染されているとすれば、鮎のほうが汚染されやすい気もします。

もうひとつ、「
(1)釣り客に遊漁券を販売する際、ヤマメは取らないよう周知する」とありますが里川の場合、釣りの対象はヤマメのほうが多いのです。放流数も多いからです。
ヤマメを取るなと言えば、残るはイワナでしょう。数の少ないイワナを狙って遊漁券は買わないでしょう。
それとも、ヤマメは取るなという事は、釣っても良いが食べるなと言う事なのでしょうか。
それなら、食用にするなと注意すればよいわけで、キャッチアンドリリースをお願いすればよいでしょう。
ともかく書いていてもなんだかごちゃごちゃしてきました。
ともかく、
あの福島の明るい里川の釣り場は、消滅したと感じざるを得ません。残念です。
ヤマメよ、イワナよ。ごめんなさい。君たちが住む川を放射能で汚してしまいました。


     

 

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その20(2011年4月) ジブチ基地(拠点)完成 | トップページ | 突然、立川断層帯の地震と云われても---地震調査委員会とは? »

コメント

いつもありがとうございます
楽しみにしてます。


◎福島第一原発ライブカメラ
http://www.youtube.com/watch?v=FptmoVcgpqg JNN福島第一原発情報カメラ(Live)
  ここの映像は、黒煙などの異変を知らせてくれます。
上記は削除されましたが
同じ画像でここはいきています。
JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)


http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/youtube_live/

投稿: 綴 | 2011年6月10日 (金) 15時39分

信頼性は別として、昼は外部 夜は部屋で24時間測定されている
飯館村を紹介してください。

ライブ配信を開始 2 時間前
放射線測定@福島県飯舘村

http://yanasegawa.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/---38-68-7ca3.html#comments

投稿: 翠 | 2011年6月10日 (金) 15時54分

>綴さま
情報ありがとうございました。見る事が出来るようになりました。早速、消えた画像サイトと入れ替えます。

投稿: Souroku | 2011年6月10日 (金) 20時23分

>翠さま
放射線測定@福島県飯舘村を、次のブログ記事から紹介させていただきます。室内でも高い数値が計測されていますね。室内だけでも被ばく量が年間10mシーベルトになる計算です。呼吸と飲料水、食物、入浴などからの内部被ばくのことを考えると慄然とします。

投稿: Souroku | 2011年6月10日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その20(2011年4月) ジブチ基地(拠点)完成 | トップページ | 突然、立川断層帯の地震と云われても---地震調査委員会とは? »