« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その34 (5月17日)」ナノセンス社のRD1503は幻? | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その35 (5月21日)」外国から支援の放射線測定器の行方 »

2011年5月19日 (木)

庭の花

Dscn6350_1024
建設飛行場の利用客予想、高速道路、橋梁の通行量、ダムの必要性、海賊対処船舶数などは、常に数倍の誇大想定なのに、こと原発事故状況、放射能汚染については、これでもか、これでもかと過小発表する政府
原発欝症状の人が増えるわけです。
そんなわけで、今日は庭の花でも見て気分転換してみます。
チューリップ、モッコウバラも咲き終わって、今はバラなどが咲いています。写真ではわかりませんが、無計画に花を植えただけのガーデニングとは、とても呼べない小さな庭です。
作男をするようになってから、庭の花なども手入れするようになりました。正直なもので世話をすると、それに答えるように花もよく咲いてくれるので、嬉しくなります。
(写真上、芝生の一部をレンガで囲ってマリーゴールドとベコニアを植えました。庭で唯一、花壇と呼べそうなところです)

Dscn6353_320

(いつも虫がついて、うまく咲いてくれない1本の赤いバラが、今年は「野菜と花のカダンセーフ」という農薬を使ったらきれいに咲きました。蕾が幾つかあります)

Dscn6356_320

(垣根いっぱいに枝が伸びすぎて昨年、三分の一ほどに大胆に剪定した白バラ。沢山の蕾がついています)

Dscn6355_320

(イチハツも白と紫色の2色が咲きましたが、今年は色が薄いようです)

Dscn6351_320

(母の日に、かみさんが近くの肉屋さんから貰ってきた鉢植えの花を庭に植え替えてみました。カーネーションとのことですが?)

Dscn6354_320

(手入れに答えてくれて、もう1ヶ月以上も咲き続けているミヤコワスレ)

Dscn6357_320

友人から分けてもらった白アヤメ。今年は咲きそうです)

Dscn6358_320

(これも、むかし友人から貰ったもの。名前がわかりませんが、ちょっと高山植物のような花が咲きます。)

Dscn6359_320

(この写真はおまけ。農園に植えつけようと女農園主さまがポリポットで発芽させたつるなしインゲン。実に成長が早い。来週くらいには、作男さんが農園に植えつける予定です)

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その34 (5月17日)」ナノセンス社のRD1503は幻? | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その35 (5月21日)」外国から支援の放射線測定器の行方 »

コメント

sourokusama いつもは貴重な資料をありがとうございます。
●5月20日現在、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会で、9時~12時まで、原爆症認定集団訴訟で内部被曝の専門家として勝訴に導いてきた矢ケ崎克馬先生が呼ばれてお話されています。衆議院の特別委員会は全てインターネットで中継しています。また、委員会終了後も配信され見ることができます。また、傍聴も、国会議員の推薦でできます。取り急ぎご連絡いたします。
●子供たちを放射能から守る福島ネットワークが、2台のバスを連ねて5月23日高木文科省に会おうとして、拒否されたことについて
http://blog.canpan.info/foejapan/
●そして、福島のお母様お父様の活動は、ユーチューブ「子供たちを放射能から守るネットワーク」結成で見ることができます。
●日弁連会長宇都宮健児も、子供に20ミリシーベルトは問題があると声明を出しています
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110422_2.html
●福島県弁護士会会長声明4月25日で福島県弁護士会会長、管野昭弘氏もは、「福島県民、とりわけ子どもたちの安全・安心な未来を確保するよう求める会長声明」を出しています。

●矢ケ崎先生の観点もこれらは、全て人権の問題とおっしゃいます。今回は、郡山でも宮城でも再度親たちに子供を内部被曝から守るために講演をされてきました。前回は、農民たちのために福島全域の土壌調査。そして藁を敷いた場合と藁の下の土壌と土を削った場合で被曝量が軽減され回避されることを3月の時点で示されて指導されました。

●今後、署名活動を行う場合には、単に撤回要求だけではなく、20ミリの撤回は、5月末までに行わなければ、これを通した文部大臣、原子力安全委員会、及び政府交渉など拘わる役人の罷免、告訴も辞さないと、子供の命にかかわるので、エスカレートしていくでしょう。会わないではすまないのですよ。小松梨津子
●「福島の子供たちを放射能から守る」のユーチューブもみていただければ、告訴に値するとわかります。
なぜなら、赤信号を青と指示したら業務上過失致死でしょう。原子力安全委員会の委員長。原子力不安全委員長です。

投稿: 小松梨津子 | 2011年5月20日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その34 (5月17日)」ナノセンス社のRD1503は幻? | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その35 (5月21日)」外国から支援の放射線測定器の行方 »