« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その33 (5月15日)」狭山茶、規制値下回る | トップページ | 庭の花 »

2011年5月17日 (火)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その34 (5月17日)」ナノセンス社のRD1503は幻?

柳瀬川通信:報道部  作山記者とオールスタッフ
5月17日(火)

フランスのナノセンス社の日本での放射線測定器販売に赤信号?

同社が5月に日本で大々的に販売すると発表したウクライナのQuart-Rad社製簡易型放射線測定器RADEX RD1503JAPANの発売が不透明になってきました。
http://dressrental.info/?p=16 フランスのナノセンス社のプレス発表

なんと総数60万台を2万円程度で発売する計画を4月に発表した時は、かなり期待が持てたのですが、もう5月も半ばを過ぎたと言うのに、その後の進展が全くありません。
勿論、ナノセンス社の英語圏向けホームページには、日本における販売計画など、これっぽっちも見当たりません。
http://www.nanosense.fr/ENGLISH/societe/ ナノセンス社HP
このHPを見ると、5社以上のネット販売のリンク先があり、フランス国内でも価格差と納期の遅れが見て取れます。
価格もユーロを日本円に換算して3万円以上はするようです。
しかし製品は海外からの直接輸入をいとわなければ購入は可能のようです。

日本でも、axbo Japan楽天市場店http://item.rakuten.co.jp/kantanlife/rd1503-6/が31,500円で500台を売り出し、短期間で売り切れになりましたが、これもRad社の製造状況から納期は6月末以降のようです。
ちなみに、現在ネットオークションでは、出回る数も少なく7万円程度の価格で取引されています。

Radexeur_160_2 こんな、状況からナノセンス社は日本仕様製品60万台の確保はおろか、本当に発売する予定があるのかが、疑問に思えてきました。
直接、ナノセンス社にメールで問い合わせた方のブログを拝見しましたが、二度の問い合わせにも全く返信は無かったと書かれていました。
ナノセンス社は日本での販売を家電量販店で行いたい意向のようですが、これも家電量販店に問い合わせた方のブログ記事があり、ほとんどそんな販売予定は持っていないとの回答を得たとのことです。

しからば、ナノセンス社はなぜ不可能とも思える販売計画をぶち上げたのでしょう?。
かなりうがった見方をすれば、ナノセンス社を使って、日本国民に少し待てば、安価な放射線測定器が購入できると知らせる事で、とりあえずの購入意欲を削ぎ、国民がガイガーカウンターを使用するチャンスを少しでも減らしたかった。

フランス大統領来日や、世界的原子力技術会社アレバのスタッフ派遣の動き、そして日本の原発推進勢力の陰が、このナノセンス社の向こうに見えるような気がしてなりません。
こんな心配を一蹴するように、計画どおりRD1503日本仕様製品が販売されれば、即、購入し放射線量を測りまくってやりたいと思うこの頃です。
頼みは、プレス発表に、製造は香港の「ネイチャー・インターナショナルNATURE INTERNATIONAL LTD.」およびロシアの「クアルタ・ラド QUARTA RAD」と共同と書かれていたので、中国製という事もありうるわけで、それなら大量生産も可能かと思うのです。
しかし、中国製は安価製品が出回っていますが、誤差が大きく故障しやすいとの評判も聞くので、別な意味で心配にもなるのです。


実際に汚染状況を調べるため放射線量を計る、この事は多くの方が書かれていますが、東北、関東の放射能汚染状況はかなり深刻な事態に至っており、多くの被ばく被害も想定される様になりつつあります
そんななか、子ども達への年間被ばく量20ミリシーベルトが、大きな問題になっています。
体外被ばくさえも危ぶまれるのに、呼吸などの体内被ばくに加えて、学校給食という、親が取捨選択できない場で、汚染の恐れがある牛乳も野菜も食べさせようとする大人たちの行動は異常としか言いようがありません。

このドイツのテレビ番組を見ると「放射能と子供たちの白血病との因果関係」戦慄を覚えます。3部に分かれています
YouTube - 原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組)1/3
http://goo.gl/5qwM6

日経ビジネスオンライン 伊東乾「2カ月後のメルトダウン発表と内部被曝」
裸の燃料をじゃぶじゃぶ水洗いという表現は、まさにそのとおりと実感します。
http://bit.ly/ma38Zp
*裸の核燃料をじゃぶじゃぶ水洗い
*懸念される環境汚染
*内部被曝を考慮しない試算では「正しく怖がれない」

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その33 (5月15日)」狭山茶、規制値下回る | トップページ | 庭の花 »

コメント

はじめまして。検索からたどり着きました。本文でご指摘の「二度の問い合わせ」はおそらく私の記事だと思うのでコメントさせていただきます。

「購入意欲を削ぎ」という分析は私も同じく間がていました。まだ記事にしていませんがナノセンス社に関する「不思議な話」がいくつかあります。変化があればお知らせしたいと思います。

投稿: 中村友一 | 2011年5月18日 (水) 20時39分

連続投稿になり恐縮ですが、続報がありましたのでお知らせいたします。下記をご参照ください。名前欄にも記事URLをリンクさせていただきます。

「RADEX RD1503」53,000円(大量購入時の最安条件で1個25,300円)の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)の紹介と公開質問
http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2011/05/radex-rd1503530.html

投稿: 中村友一 | 2011年5月19日 (木) 08時44分

>中村さま
有益な情報を頂き、ありがとうございます。
これからも、ブログを拝見させていただきます。
しかし、この販売事業者も今ひとつわかり難いですね。
それにしても、2万円代で60万個の発売は、どうやらなさそうで、なにか、おかしい?。だいたい、大仰なプレス発表からして、普通ではない感じです。
ところで、ナノセンス社のHPのリンク先販売業者は、現在259ユーロで納期4週間で購入可能のようです。

投稿: Souroku | 2011年5月19日 (木) 13時44分

公開質問について本日午後に回答があり記事末尾に追記しました。またご覧ください。

259ユーロで通関手数料等がなければそれが最安のようです。無事に届くかどうか分からないのでまだまだ不透明な市場動向が続きそうです。

投稿: 中村友一 | 2011年5月19日 (木) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その33 (5月15日)」狭山茶、規制値下回る | トップページ | 庭の花 »