« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その18 (4月5日)」東京新聞記事「学者の責任」それと志木市の水道 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その19 (4月7日)」入浴剤を使うのは、海の汚染が心配だからです---東電 »

2011年4月 6日 (水)

2011年柳瀬川桜の開花状況その3 (8分咲き)

Dscn6240_1024
「柳瀬川桜の開花状況その3」をお届けします。

我が標準木NO.161の桜は、今日(2011年4月6日)の暖かさで一気に分咲となりました
陽気に誘われて、今日は、柳瀬川土手を駅から下流方向の市役所方向に歩いてきました。事前には、さいたま市の放射線物質の数値も確認する事も忘れません。
富士見橋から下流の桜は、志木ニュータウン横のものより、幹も太く、枝ぶりも大きな古木が多いのです。志木市役所から、国道254号(川越街道)までの約3kmにも及ぶ桜並木は、今や東上線屈指のお花見の名所です。
標準木は8分咲きでしたが、もう満開に近い木も見受けられ、全体として8分~満開と言っても良い状況です。今週末はまさに見ごろでしょう。ただ、天気予報が曇りと雨マークで心配です。
志木市さくら祭が中止になったので、ぼんぼりがつかず夜桜見物はだめです。それと簡易トイレ、ゴミ集積場も有りませんので、ご注意ください。
お花見に必要なものは、柳瀬川駅前のサミットで何でも購入できるのですが、ぜひ地元のペアモール商店街もご利用ください。
「肉のサンアイ」のやきとりがおいしいです。それに「茶月」や「マクドナルド」もあります。原発事故の事はしばし忘れて年に一度のお花見を楽しんでください。志木市観光協会でした。

そうだ、今日土手を歩いていたら、まさにその観光協会の方が「長勝院のハタザクラ」の道案内看板を取り付けていました。
志木市天然記念物にして、世界で唯一の珍種であるハタザクラは、ソメイヨシノより開花が遅いので、見ごろはもう少し先になります。多分、来週中ごろ以降に身頃となるでしょう。できたら、今後開花状況をお知らせしたいと思います。
Dscn6239_320

(志木ニュータウン内も、シダレモモ、ユキヤナギ、レンギョウ等が美しく咲いています。柳瀬川土手のお花見ついでに、見に来る方も多いのです。写真は今日、撮影したものです)

Dscn6241_320

Dscn6242_320

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その18 (4月5日)」東京新聞記事「学者の責任」それと志木市の水道 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その19 (4月7日)」入浴剤を使うのは、海の汚染が心配だからです---東電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その18 (4月5日)」東京新聞記事「学者の責任」それと志木市の水道 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その19 (4月7日)」入浴剤を使うのは、海の汚染が心配だからです---東電 »