« 2011年春、柳瀬川でヤマベが釣れています---困った、アユも釣れてしまう | トップページ | 箭弓稲荷神社はツツジとぼたんが見頃です---東松山ぼたん園は3分咲き »

2011年4月28日 (木)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その29 (4月28日)」郡山市立橘小学校での放射線量測定

柳瀬川通信:報道部  作山記者とオールスタッフ
4月28日(木)

*4月28日16時30分現在、志木市館では、身体には感じられない程度の断続的な微振動が続いています。
どちらかというと縦揺れで、茨城、栃木方面が震源ではないかと思います。今後の地震発生との関連は分かりません。また、横揺れの微振動は通常よくある事です。

現在志木市在住で、常に体が揺れているように感じる人は、実際に大地が揺れているのですから、普通言われている、「ストレスによる平行感覚の乱れ」では有りません。敏感なだけだと思います。

放射線量の測定結果を公開しているサイト(常時掲載)

沢山ありますが、身近な所で、2箇所と全国http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenr「 RADEX RD1503 EUR」you.html 埼玉県さいたま市
(埼玉県志木市の水道水は、県の大久保浄水場からの水60%と地下水40%を使用しています。大久保浄水場の検査数値を参照してください。大久保浄水場は荒川と利根川の水を引いています。このところ、他の浄水場は未検出が多いのですが、大久保浄水場では、ヨウ素131だけでなくセシウム134、137も検出されています)

http://113.35.73.180/monitoring/index.html 東京都新宿区
(東京都水道局の測定値が20ベクレル以下は測定不能としていたのですが、電話での多くの抗議や、ネットで批判された事により、改善されました。皆さん、ありがとう)

http://eq.yahoo.co.jp/ 全国

原子力資料情報室」のサイトです。
新宿区の曙橋で、同時刻・同種類測定器による「室内、屋外(コンクリートの上)、屋外(土と芝生の上)」の放射線測定値を公開中。
室内の測定を行っているところは他に見当たらないので、とても参考になります。
テレビで解説する大学教授達の、室内は外気の10%程度の値だというのが嘘だと分かります
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022 

福島原発から自宅までの距離を、すぐに算定出来るサイトです。http://machi.userlocal.jp/kyori/ 福島原発からの距離を測る。志木市館は第一原発から220.47km、第二原発から210.82kmです。

中部大学 武田邦彦教授の放射能汚染情報ブログ。毎日更新されるので大変参考になります。「柳瀬川通信」は教授を支持しております。
http://takedanet.com/

福島県の放射能測定値サイトです。飯舘村の測定値が常に異常に高い数値です。http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
 福島県ホームページ

ドイツ、ノルウェーの福島原発被ばく予想サイト

http://www.dwd.de/ ドイツ気象サービス 在日ドイツ人向け被ばく予想図右欄のAusbreitung Japanをクリックしてください)http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan 
ノルウェー大気研究所


気象庁の放射性物質拡散予報状況は、国民に正しい情報を提供するという観点からみて、実に不親切なので参照から外しています。なぜ政府は隠し続けるのでしょう。

◎今日の「できましたら見ていただきたいサイト」です。http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d25ccb8b3f36166d46266db3ae6c54f4 チェルノブイリ事故報告 「原発事故安全宣言のカラクリ そして子供になにが起きたか追跡」

「つぶやき編」

郡山市立橘小学校での自主的な放射線量測定値公表をストップさせたのは、文科省ですか?
橘小学校では、教師が自主的に校舎内外14箇所の放射線測定値をブログに公表していました。
校庭や教室内との比較が出来る貴重なデーター公表でしたが、突然次のようなお知らせの後、公表を中止してしまいました。しかし、測定は続けるとのことで、後日貴重なデーターとして生きることになると思いますので、是非継続して下さるようお願いいたします。

「先日来、本校独自で実施した校舎内及び校庭等の放射線測定値をホームページに掲載してまいりましたが、インターネット等での測定値の発表は、文部科学省や県など公的な機関が測定したものに限るとのことから、今週からホームページへの掲載は中断することとなりました。
なお、学校独自の調査はこれまでどおり継続し、数値の推移等については、学校便り等で保護者の皆様にお知らせしてまいりますので、ご理解いただきますようにお願いいたします。    「緊急情報」 !(2011-04-26 10:31 up)
http://www2.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=0710015&frame=weblog&type=1&column_id=297026&category_id=8032 
橘小学校ホームページ

使い捨てビニール手袋は便利です
Dscn6286_320現在、自治体などで発表されている空気中の放射線量の測定値は、地上5m~10m程の高さでの計測値です。
原発事故発生、水素爆発時から数日間の驚くべき放射線量と比較するとかなり低い数値ですが、それでも毎日確実に原発から拡散されている放射線量が観測されています。
しかし、大気中の放射線量に比べ地表面ではヨウ素が半減してきたとはいえ、発表される大気中の測定値よりはるかに高い放射線量が一般の観測者によって計測されています。
庭仕事、畑仕事で、おらが、おらがの作男さんが今使っているのは、全て100円ショップで購入した使い捨てビニール手袋です。
写真左が10枚入り、右が30枚入りの手袋です。
何事にも無神経な作男さんが「おら、放射線被ばくだけはいやだよ」と、仕事のたびに手袋を換えて被ばくに注意しているのには驚かされます。

発売が待たれる、ナノセンス社の放射線測定器---おらも土壌汚染が心配だで、これ絶対買うだよ(作男)

Radexeur フランスのナノセンス社が、5月頃には比較的安価な放射線測定器を日本で発売すると発表していますが、製品は写真左のQuarta-Rad社製「 RADEX RD1503 EUR」の日本仕様品のようです。
「RADEX RD1503 JAPAN」といったところでしょうか。
この測定器は日本では、原発事故前には2万円台で販売されていましたが、現在はネットオークションからしか入手できず、落札価格も7万円ほどの高値がついています。
しかし、今でもフランスのネットショップでは220ユーロ(2万7千円)くらいで購入できますので、いくら在庫が無いとはいえ、日本の価格が高すぎるのです。
ナノセンス社は2万円くらいで発売できると発表したようですが、ユーロ高もあり、フランスでの販売価格からも、日本での価格は3万円を少し越えるくらいとみます。
でも、
作男さんは、買うと言っています
「作ちゃん」が買うとあちこちと計りまくって、うるさそうですね。

http://www.nano-sense.com/ENGLISH/produits/radex.htm ナノセンス社2万円以下のガイガー・カウンター RADEX RD1503。フランス語ですがネット販売サイトもリンクされています。
http://weddingdress-rental.info/?p=17 ナノセンス社の発表。

http://news.nifty.com/cs/headline/phdetail/yucasee-20110427-7428/1.htm 
ついに出席者0人、保安院・東電の海外メディア会見。なんとも、「つぶやき」出来ません。

|

« 2011年春、柳瀬川でヤマベが釣れています---困った、アユも釣れてしまう | トップページ | 箭弓稲荷神社はツツジとぼたんが見頃です---東松山ぼたん園は3分咲き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年春、柳瀬川でヤマベが釣れています---困った、アユも釣れてしまう | トップページ | 箭弓稲荷神社はツツジとぼたんが見頃です---東松山ぼたん園は3分咲き »