« 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その24 (4月16日)」東電の損害賠償額の桁が違っていませんか »

2011年4月14日 (木)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その23 (4月14日)」東電は契約家庭に放射線量計を

柳瀬川通信:報道部  作山記者とスタッフ
4月14日(木)

放射線量の測定結果を公開しているサイト(常時掲載)

沢山ありますが、身近な所で、2箇所と全国http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html 埼玉県さいたま市
(埼玉県志木市の水道水は、県の大久保浄水場からの水60%と地下水40%を使用しています。大久保浄水場の検査数値を参照してください)
http://113.35.73.180/monitoring/index.html 東京都新宿区

http://eq.yahoo.co.jp/ 全国

原子力資料情報室」のサイトです。
新宿区の曙橋で、同時刻・同種類測定器による「室内、屋外(コンクリートの上)、屋外(土と芝生の上)」の放射線測定値を公開中。
室内の測定を行っているところは他に見当たらないので、とても参考になります。テレビで解説する大学教授達の、室内は外気の10%程度の値だというのが嘘だと分かります
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022 

福島原発から自宅までの距離を、すぐに算定出来るサイトです。http://machi.userlocal.jp/kyori/ 福島原発からの距離を測る。志木市館は第一原発から220.47km、第二原発から210.82kmです。

中部大学 武田邦彦教授の放射能汚染情報ブログ。毎日更新されるので大変参考になります
http://takedanet.com/

福島県の放射能測定値サイトです。飯舘村の測定値が常に異常に高い数値です。http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
 福島県ホームページ

ドイツ、ノルウェーの福島原発被ばく予想サイト

http://www.dwd.de/ ドイツ気象サービス 在日ドイツ人向け被ばく予想図右欄のAusbreitung Japanをクリックしてください)http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan 
ノルウェー大気研究所


気象庁の放射性物質拡散予報状況は、国民に正しい情報を提供するという観点からみて、実に不親切なので参照から外しています。

「つぶやき編」

東電が全契約家庭に「放射線測定器」を配布か
こんな発表をしてくれませんか。
地震後の4月8日に、志木市にガス供給をしている大東ガスが、ガス設備、ガス機器の定期診断に来て、地震でかなり揺すられた配管や機器の接続などを点検してくれました。
幸い異常なしの結果を貰いましたが、診断後のアンケートの設問のひとつに
「IHクッキングヒーター」への変更をお考えですか?」というのがありました。
こちらの答えは、「全く考えていません。煮炊きしているのに、火が見えないのは寂しいのです。縄文時代からの遺伝子を受け継いでいるから。」

大東ガスの若い担当者は嬉しそうに笑ってくれました。

定期点検時とはいえ、それを早めて地震後の異常をチェックしに来てくれた
ガス会社に比べ、東京電力は原発事故、計画停電のお詫びの文書ひとつ配布しません
普通の企業であれば考えられない事ですが、テレビでみる東京電力のお詫び会見などからも、同じ体質を感じます。かっての国鉄、NTTなどもそうでした。30407451_160_2

配布してくれるなら
写真左側の「ECOTEST社製 高性能な超省電力デジタルガイガーカウンターTerra-P」をお願いします。野菜の表面汚染なども測定可能と書いてありますから。定価は15万円ほどです。
写真右、簡易型放射線測定器RADEX RD1503-EUR 
Radexeur_160_2

福島タイプ電波時計の回復見込みなし
原発事故以来、手持ちの電波時計がまだ1分前後ですが、皆違った時刻を表示しています。
今まで、時刻合わせなどする必要が無かった時計の時刻が狂っているのはなんとなく気になるものです。
情報通信研究機構が運営する電波時計の標準電波送信所は国内に2箇所あり、その一つが福島第一原発から約17kmの地点にある「おおたかどや山標準電波送信所(田村市)」です。
福島原発から半径20km圏内に避難指示が出されたため、3月12日夜に普段2~4人が常駐していた職員が全員退避したことにより、送信が止まったとの事です。
当分復旧の見込みはないということですから福島送信所タイプの電波時計は、たんなるクォーツ時計になってしまいました。
手動で時刻合わせしたくとも、どうやれば出来るのかわからないから厄介です。
そういえば、日本テレビ番組「ザ、鉄腕ダッシュ」でおなじみのダッシュ村も同じ20km圏内で、立ち入る事が出来なくなったそうです。番組、どうなるのでしょう。
僕らが渓流釣りやキャンプで楽しく遊んだ福島の明るいフィールドも、渓流釣り場としての価値を失い、遊ぶことが半永久的に出来なくなりました。

|

« 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その24 (4月16日)」東電の損害賠償額の桁が違っていませんか »

コメント

ダッシュ村,毎週見てました。多分福島か宮城あたり、と思っていましたが20キロ県内ですか・・絶句です。

投稿: ☆彡 | 2011年4月14日 (木) 22時59分

>☆彡さま
ダッシュ村は、テレビでは場所が分かりませんでしたが、明るい山里の雰囲気がとてもよい村でした。地元ではかなり知られていたようです。美しい自然と風土を、原発は全て奪ってしまいました。

投稿: Souroku | 2011年4月15日 (金) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その24 (4月16日)」東電の損害賠償額の桁が違っていませんか »