« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その21 (4月11日)」アスベスト被曝と同じ道---放射線被ばく | トップページ | 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! »

2011年4月12日 (火)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その22 (4月12日)」レベル7の意味が伝わらない

柳瀬川通信:報道部  作山記者とスタッフ
4月12日(火)

放射線量の測定結果を公開しているサイト(常時掲載)

沢山ありますが、身近な所で、2箇所と全国http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html 埼玉県さいたま市
(埼玉県志木市の水道水は、県の大久保浄水場からの水60%と地下水40%を使用しています。大久保浄水場の検査数値を参照してください)
http://113.35.73.180/monitoring/index.html 東京都新宿区

http://eq.yahoo.co.jp/ 全国

原子力資料情報室」のサイトです。
新宿区の曙橋で、同時刻・同種類測定器による「室内、屋外(コンクリートの上)、屋外(土と芝生の上)」の放射線測定値を公開中。
室内の測定を行っているところは他に見当たらないので、とても参考になります。テレビで解説する大学教授達の、室内は外気の10%程度の値だというのが嘘だと分かります
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022 

福島原発から自宅までの距離を、すぐに算定出来るサイトです。http://machi.userlocal.jp/kyori/ 福島原発からの距離を測る。志木市館は第一原発から220.47km、第二原発から210.82kmです。

中部大学 武田邦彦教授の放射能汚染情報ブログ。毎日更新されるので大変参考になります
http://takedanet.com/

福島県の放射能測定値サイトです。飯舘村の測定値が常に異常に高い数値です。http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
 福島県ホームページ

ドイツ、ノルウェーの福島原発被ばく予想サイト

http://www.dwd.de/ ドイツ気象サービス 在日ドイツ人向け被ばく予想図http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan 
ノルウェー大気研究所


気象庁の放射性物質拡散予報状況は、国民に正しい情報を提供する観点からみて、実に不親切なので参照から外しています。

◎今日の「できましたら見ていただきたいサイト」です。http://www.houseoffoust.com/fukushima/fukushima.html 福島原発の事故状況が、大きな画像で分かりやすく解説されています。(英文です)
http://www.youtube.com/watch?v=zR9YoSB9-po&feature=related  怪しげなテレビ報道には、かかわらないと書きましたが、テレビ朝日のこれはひどい。後世に汚点を残す討論ではないかと思います。あとで、利用できる機会があるかとも思いますので保存していただけるとありがたいです。


「つぶやき編」
誘発地震
毎日揺れない日が無いほど、東日本大震災の余震が続いています。
余震とは別にこの地震によって誘発された
誘発地震も不気味に発生しています。
1.茨城県北部の内陸部地震

2.長野県北部の地震(新潟県中越地方も含む)

3.千葉県東方沖の地震

この3箇所の地震が余震ではなく、誘発地震と考えていたのですが、今日のテレビで解説された教授は、3の千葉県東方沖は余震範囲の端に位置するが余震と分類してよい。
しかし、「福島県の浜通りを震源とする地震」は、接するプレートが違うので、誘発地震と考えられると語っていました。
浜通りの地震が誘発型とすると、今後余震とは別な活動を見せるかも知れず、原発直下でもあり怖いと感じました。
それとは別に、震源の空白域である房総沖地震との関連を心配していた千葉県東方沖が余震領域なら、ちょっと安心した次第です。
ともかく、いつかは発生するであろう房総沖、東京湾直下が割れない事を切に願っています。今は東日本大震災と原発事故で日本が危機的状況なのです。
「現在(23.00)、志木市館では身体に感じない程度の微振動は全くありません。」
原発事故で、心が滅入ってしまう毎日ですが、もう一度地震対策をしっかり考えておきましょう。



飯舘村の方々の避難
飯舘村が
「計画的避難区域」という分かりにくい名称に設定されました。
要は強制的に避難させられるということのようです。
以前、コメントを頂いた「飯舘村民さま」には、避難指示が出されるだろうとお伝えしましたが、政府の態度が決まらずいたずらに被ばくされる期間が延びてしまいました。

発表される拡散放射線量は過大すぎる、危険は全くないなどの情報についてもう反論しません。それらは、後日必ず検証され批判されると思います。
昨日、職場内に拡散していた、当時は問題にされない量のアスベスト被害で親友を失ったことを書きましたが、どんなに微量であろうとも被ばくをしないほうが良いというのが記者の信念です。
全村民の避難がどんなにご苦労の多いことであるかは、それを書くことさえ失礼に当たると思います。しかし、村長、村議会議員の皆様、どんな困難があろうとも子供たちや若い女性は最初に避難させてあげてください。

シイタケから規制値を超える放射線量
福島県飯舘村や他の地区のシイタケから規制値を超えるセシウム、放射性ヨウ素などが計測されたと報道されました。
このシイタケは、他の野菜のようによく洗ったものなのか、洗う前の物なのかが分かりません。
洗ったとしたら、放射性物質がシイタケの裏側のひだ状の部分に付着して落ち難いのかと思いました。何度も書いていますが、洗う前の値も発表してくれると、汚染度の目安になるのですが。Dscn6248_160_2


生シイタケを食べるのは、
放射線量計測機を入手するまで、当分見合わせたいと、長期戦に備えて乾燥シイタケを、多めに購入ました。(写真に撮ってから気づいたのですが、お徳用というのが、食料調達の長期戦を現しているようです。なに余計な出費は将来まとめて東電に請求書を廻します)

フランスのメーカーが2万円台の放射線量計を、日本向けに5月頃発売すると発表
現在、最低でも5万円代で、かつ品薄で購入が難しい製品が、安く購入できるようになるのは福音です。購入を準備します。

石丸小四郎さんを支持し応援します
「福島原発の地元で原発反対運動を長く続けている石丸小四郎さんが、これから生涯かけて成し遂げる目標をたてて、次のように語っています。
ひとつめは、刑事責任を含めた国と東電の徹底的な責任追及。そしてドイツのように国を挙げて「脱原発」の計画を立てさせ、原発以外のエネルギーへの転換を目指すこと。
東電などの電力の寡占を防ぐため、一般家庭でも複数の民間会社から購入先を選べるように自由化を進める。
そして今回の事故について、国や東電に徹底した個人補償をさせることです」

「国は、今までの原爆被害者、鉱害、薬害、建材被害者と同じように、ガン発病と被ばくの明確な因果関係がないと言う事を理由にして責任を回避するでしょう。
かってはそれも出来たでしょうが、これからはそんな言い逃れが出来ない事を思い知らせましょう。」
「当報道部は、存在する限り、放射線被ばく被害を軽んじるような発言を続けた学者、評論家、コメンテーターなど関係者を今は少しおくとして、将来にわたりしつっこく追求し続けます。」

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その21 (4月11日)」アスベスト被曝と同じ道---放射線被ばく | トップページ | 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その21 (4月11日)」アスベスト被曝と同じ道---放射線被ばく | トップページ | 2011年柳瀬川桜の開花状況その5 ---今年のさくらとはお別れです。また来年。私たちを変異種などにしないでね! »