« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その28 (4月25日)」格納容器の耐震性に疑問 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その29 (4月28日)」郡山市立橘小学校での放射線量測定 »

2011年4月27日 (水)

2011年春、柳瀬川でヤマベが釣れています---困った、アユも釣れてしまう

Dscn6270_320 今日、柳瀬川土手を歩いていたら、志木大橋下流の川辺に座って竿を出している何人もの釣り人を見かけました。
おっ、釣れてるかなと魚籠のなかを見せてもらったら、写真のようにヤマベが沢山入っていました。見ている前でも、次々に釣り上げます。

10cmほどのヤマベです。それと同じくらいの数のアユも見えます。

このブログで何度か書いていますが、アユについては、埼玉県漁業調整規則で、1月1日より5月31日までは、禁漁と定められています。産卵保護のためです。
この規則は漁業権の有無に係わらず埼玉県内の全ての川に適用されているのです

ですから、今、柳瀬川で釣れているのはヤマベで、間違ってアユが竿がかりしている事になります。
本当のところ、アユを釣っている皆さんは、優しく再放流していますし、今の時期のアユ釣りもそう問題にする事ではないと思っています。
それに、漁業権の無い川でもアユ釣りが5月末まで禁漁ということを知らない人も多いのです。
Dscn6271_320 僕は、テンカラによる渓流釣り好きで、もっぱらイワナ、ヤマメばかりを追い求めていまので、テレビで見るような、解禁を待ちわびた多くの釣り人が、川に立ちこんで長い竿を振るアユ釣りはやった事がありません。
ですから、柳瀬川で何年も前から天然アユが遡上してきてもそう関心は無かったのですが、このところ、ヤマベが良く釣れるようになり、ちょっと気になっているのです。

ヤマベは、毛ばりで釣れるからです。
僕も何度か試してみたのですが、残念ながらここ、柳瀬川ではなぜか釣れたことがありませんでした。
今日も釣り人に、毛ばりはどうだろうかと聞いてみたのですが、多分やっても駄目だろうとの返事が返ってきました。
今、柳瀬川で釣っている人のほとんどが、練り餌を使ったオランダ仕掛けです
しかし、今日の釣果を見ると、よし、毛ばりでトライしてみようという気にまたなっています。

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その28 (4月25日)」格納容器の耐震性に疑問 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その29 (4月28日)」郡山市立橘小学校での放射線量測定 »

コメント

先週の平日入間川の仏子近くに行ってきました。私はずぼらなので、手軽な毛ばりだけでつっていますが、7cm~10cmのが20匹くらいつれました。鮎釣りが5・6人いたけど坊主のようでした。格好だけは一人前だけど、坊主じゃね。

投稿: いるまがわ | 2011年10月 1日 (土) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その28 (4月25日)」格納容器の耐震性に疑問 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その29 (4月28日)」郡山市立橘小学校での放射線量測定 »