« 原発事故の放射能汚染から身をまもる---「つぶやき編その3(3月14日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その5(3月16日)」 »

2011年3月15日 (火)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その4(3月15日)」

柳瀬川通信:報道部 作山記者

本報道部の記事は、風聞を広げたり、パニックをあおるような事にならぬよう充分気をつけるつもりだが、記者の内心は怒り、驚き、チビスケ達を守ろうとする思いでいっぱいだ。こんなブログ記事程度の悠長な精神状態ではない。
他の記者が錯乱状態になった場合は、かなり厳しい記事が書かれる事もあろうかと思うのだが、ご容赦願いたい。」

NHKテレビの水野 倫之解説委員が最も適切な解説をしてくれる。
今日の昼頃、東電、政府の要領を得ない説明を指摘し怒っていたが、全く共感する。
あなたが番組から降板させられたら、NHKに激しく抗議します。応援しています。


福島原発事故の報道は、海外メディアのほうが的確である。
   福島原発事故、スリーマイル以上=深刻さは「レベル6」か-仏核安全局
 【パリ時事】仏核安全局(ASN)のラコスト局長は14日の記者会見で、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の事故の深刻さについて、史上最悪とされる旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(1986年)ほどではないものの、米スリーマイル島原発事故(79年)を上回るとの見方を示した。AFP通信が伝えた。
 事故の深刻さを示す国際原子力事故評価尺度(INES)のレベルで、チェルノブイリ事故は最も重い「7」、スリーマイル島事故は「5」。ラコスト局長は会見で「日本の関係者と話した」とした上で、福島原発の事故は「レベル5を上回り恐らくレベル6に当たる感覚だ」と述べた。(2011/03/15-05:49)

スリーマイル島の原発事故は原発1基の事故。
福島原発は隣り合う4基の原発がそろって危険という世界に例の無い恐るべき事態。
さらに3号機は、毒性の強いプルトニュウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電を行っていた。
MOX燃料は、万が一、漏れ出て被爆すると、通常の軽水炉から出る放射性物質のヨウ素やセシウムなどと比べ、けた違いの毒性を持つ。恐ろしきかな。

http://kakujoho.net/mox/mox99Lyman.html

2006.2
原発重大事故とMOX
日本の原子力発電所で重大事故が起きる可能性にMOX燃料の使用が与える影響
エドウィン・S・ライマン (PhD)
核管理研究所(NCI)科学部長
1999年10月


初めて福島原発内の現在の従業員数が報道された。
海外メディア記者が何故、公表されないかと疑問に思っていたことだ。
それによると、現在給水作業などに当たっている作業員は50名程度、原発内の安全な場所に退避した人数は750名との事。
第一線の作業員はどの程度の放射線を浴びてしまったのだろうか。心配だ


Dscn6206_320左の写真は柳瀬川通信:報道部が昨日買い求めた放射能汚染から、少しでも身を守ろうとするためのグッズ。
ビニールレインコート、使い捨てポリ手袋は共に100円ショップで購入。
使い捨て防塵マスク、防塵ゴーグル、立体三層構造マスクには、裏面にフィルター装着。全て量販店で購入。高い商品には貧乏報道部では手が出ない。
草の根ジャーナリズムと志は高いが、いかんせん財力無し。

官房機密費から、お手当てを頂く偽ジャーナリストは、唾棄すべき存在。
後で東京電力に請求書を廻し、使用電力料金と相殺してもらうつもりだ。

◎「おなら」を次々に吹っかけておきながら、おらの「おなら」はちっとも臭く無い、におわない、くさみのレベルが低い。100発浴びても人体の健康に影響ないと、あなたは言うけれど、吹っかけられても逃げ場の無い私の身にもなってよ。精神的苦痛は人体の健康に多いに影響あるのよ(超美仁記者)

現在、原発事故関係のテレビ報道で、唯一まともに見られるのは、NHKだけだと思う。
他の民放局は、見るに値しない。ただ、NHKの放送も、かなり報道規制がされている。

福島第一原発2号機が、スリーマイル島の事故と同じレベルにならぬ事を、ただただ祈っている。

東京電力の会見を見ていると、こんな人たちが他の多くの原発を動かしていると考えるとただただ、絶句する。海外メディアも首をかしげているぞ。

福島第一原発の従業員たちは、核シェルターのような空気清浄装置の付いた避難室に退避したようだが、今、現場に残って、国民の命を守るべく必死に作業しているいる第一線保安要員、消防隊員、自衛隊員が無事である事を祈っている。本当に感謝します。こ家族の心配はいかばかりか。

東京電力は14日、東日本大震災で被災した福島第1原発2号機で原子炉の水位が低下し、長さが約4メートルある燃料棒が2時間以上にわたり、水面から完全に露出する「空だき状態」になったと発表した。
その後、燃料棒は半分まで水中に入ったが、炉内の圧力が高くなり水が入らず、(3月14日)午後11時過ぎに再び完全露出した。続く重大トラブルに、東電や経済産業省原子力安全・保安院は対応に追われている。(毎日新聞)

原子力災害発生時の住民としての対応  | 防災のしおりhttp://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/bousai/taio.html 経済産業省原子力安全・保安院HPより 
.
「原子力災害とは、原子力発電所等において放射性物質 (放射能)や放射線が漏れてしまい、国民の生命、身体又は財産に被害が生じることを言います。
しかし、実際には、
多重の防護設備や万一の事故時における教育を十分に受けた運転員等の的確な対応などにより、そのような事態に至ることは殆ど考えられません。
万々が一、事故が発生して、放射性物質が放出されるような事態になったと想定した場合でも、住民の皆さんの健康に影響を与え得るほどの量が放出されるまでにはかなりの時間があります。

国・自治体から出される情報を正確に入手し、落ち着いた行動をとることが重要です。
ここでは、原子力災害が発生した時に、住民の方々が取るべき行動について、説明します。

どうも的確な対応もされているように思えないし、万々が一なる事態が発生してしまった。
白々しく思える文章は別として、「原子力災害発生時の住民としての対応」は読んでおいた方がよさそうだ。

◎三号機爆発以後、報道規制がかなり入っているように感じる。爆発映像の露出が少ないし、民放テレビでの扱いが小さくなった。本当は、腰が抜けるほどの大問題発生なのに。

テレビ、ラジオの解説者は原発推進容認派の学者が多く、反対派の研究者などの声が聞こえない。

他の原発の付近住民の不安の声などは、全く放送されない。

一号機の手動バルブを、危険を省みず操作に向ったと思われ、再び生きて戻ることが出来なかった下請け社員2名が全く報道されない。合掌。

◎1号機の原子炉格納建屋が吹き飛んだ時、建屋は中の格納容器を雨露から守る程度のものと言った学者がいた。
44億円をかけて建設した、自衛隊ジプチ基地の諸施設の建物を「航空機を雨露から守り、隊員に暖かい食事をだすだけのもの」といった評論家を思い出す。

|

« 原発事故の放射能汚染から身をまもる---「つぶやき編その3(3月14日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その5(3月16日)」 »

コメント

souroku様。米軍は、無人偵察機も無人爆撃機も、持って実際に戦場地で活動してきました。米軍の無人偵察機にこの原子力発電所で必死に日本を守るためにわが身を捨てて活動している職員たちの動きを偵察してほしいと言ってください。そうして、東京電力の現場を体験していない人々から、説明を聞くほうがまだよいです。東京電力の会見は、まったく話が観えてこない。そして、全てをオープンにして、世界からコメントを求めるべきだと思いませんか。この領域で無人機が一番使えるはずです。米軍はその技術を持っているはずで、日本の無人機の程度の低さでは、到底かないません

投稿: 小松梨津子 | 2011年3月15日 (火) 08時48分

このごに及んでも浜岡原発を止めていないとは。止めていただくように進言ください。

投稿: 小松梨津子 | 2011年3月16日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身をまもる---「つぶやき編その3(3月14日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その5(3月16日)」 »