« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その6(3月17日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その8 (3月19日)」 »

2011年3月18日 (金)

原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その7 (3月18日)」

柳瀬川通信:報道部  作山記者

今日、東京新聞に福島原発3号機がプルサーマル燃料を使用していたとの記事が掲載されました。他紙も含めて今まで触れられてこなかったので、多分最初の記事だと思います。「以下転載」
使用済み核燃料プールは水が失われると燃料棒が過熱し、被覆管が破れたり爆発を起こしたりして放射性物質が空気中に拡散する危険性が高い。
3号機は、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使っているが、プールに使用済みMOX燃料はないという。「転載終わり」(
19.15)

底をつきかけていた米が、昨日山梨の親類より届きました。感謝感激。助かりました。
パニック状態だったスーパーも今日は大分落ち着きを取り戻したようで、パン、紙おむつなども店頭に並びました。(
18.35)

送られてきた米の空きダンボールを、ごみ集積場に持っていっったら、リサイクルのダンボール置き場に空気清浄機の空き箱が3枚も置かれていました。
放射能汚染にすぐ対応する人と、のんびりしている人の落差が目立ちます。
しかし、自転車が店頭から消えたように、空気清浄機が品切れになるのも時間の問題のようです。
空気清浄機で放射能が除去されるわけでなく、室内に侵入したり、衣服について持ち込まれた放射能が付着した塵を、なるべく拡散しないためのものです。
有効だと思います
18.45)

原発事故の現状に警鐘を鳴らす、ジャーナリスト広瀬隆氏(13.00)
http://www.youtube.com/watch?v=veFYCa9nbMY&feature=youtu.be

|

« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その6(3月17日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その8 (3月19日)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その6(3月17日)」 | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その8 (3月19日)」 »