« 防護服、防塵マスクが欲しい----福島原発事故 「つぶやき編その2」(3月13日) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その4(3月15日)」 »

2011年3月14日 (月)

原発事故の放射能汚染から身をまもる---「つぶやき編その3(3月14日)」

柳瀬川通信:報道部 作山記者

今日(3月14日)の午前11時1分、福島第一原発3号機が、轟音と共に爆発した。
テレビで見ていると炎が上がり黒煙が高く吹き上がっていた。かなり上空まで到達したと思う。

◎米軍ヘリコプターの乗員7名が、放射能汚染と発表。

東京電力は14日午後7時45分、福島第1原発2号機の冷却水が大幅に減少し、約4メートルある燃料棒がすべて露出したと福島県に通報した。核燃料の一部が溶ける炉心溶融も否定できないとしている。(時事通信)
・ 福島第一原発2号機 炉心溶融か - NHKニュース(3月14日)
[用語]炉心溶融とは - 爆発で格納容器が破壊されれば、大量の放射性物質が環境に放出されることになる。

確実に報道規制が行われると見ている。いや、もう始まったか。

○放射能汚染から守る努力をしよう
「友人から昨日の朝、届いたメール転載」
最悪の放射能汚染 被害を最小限に抑える方法をお伝えします。

原発被害について
おそらく日本一研究している古長谷稔さんの著書

「放射能で首都圏消滅」より引用です。 

今の報道を聞く限り、
住民の避難や準備のペースに合わせて報道している気がします。
(パニックにならないようにするため)

★ 放射能から身を守る方法


1 呼吸の仕方が分かれ
外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。
そのため、放射能を吸い込まないように
高性能フィルター防塵マスクをつけてください。

汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。

傷口からも放射能が入るので
バンドエードやテープで防いでください。

ゴーグルやレインコートがあれば
目や肌も覆ってください。



2 家には1週間閉じこもるように
まず水が一番大切です
家じゅうの容器に水をくんでおいてください
ペットボトルの水も大量に用意すべきです

次に、米、麺類です
これらはかさばらず日持ちします



3 閉じこもる時の注意
とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください
換気扇は消しても隙間があいているので
シートとテープでしっかり隙間を防ぐべきです

窓のサッシの隙間もテープとシートでふせいでください



4 雨が降ったら絶対にふれてはいけません
放射能を含む雨はもっとも危険です
事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません

ビキニ環礁での米国水爆実験で被爆した第五福竜丸を覚えていますか。
汚染マグロも社会問題だったが、記者は学校でプール(屋外)に入るな。雨に当たるなと厳しく言われた事を思い出しています。

◎報道部では、ビニール製雨具(フード付き)と使い捨てビニール手袋を、100円ショップで購入しました。フィルター付ではありませんがマスクも準備しました。使わないですむ事を祈っています。

|

« 防護服、防塵マスクが欲しい----福島原発事故 「つぶやき編その2」(3月13日) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その4(3月15日)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防護服、防塵マスクが欲しい----福島原発事故 「つぶやき編その2」(3月13日) | トップページ | 原発事故の放射能汚染から身を守る---福島原発事故「つぶやき編その4(3月15日)」 »