« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その17(2011年1月)---やはり日本のマスメディアは、韓国海軍による拉致船舶開放について、あまり報道しなかった | トップページ | 中東各国の反政府デモ----ジブチの自衛隊基地は? »

2011年2月15日 (火)

久しぶりに降雪

Dscn6142_320 昨夜から降り続いた雪で、今朝起きてみたらきれいな雪景色でした。
気象情報が外れました。確かテレビでは、積もるほど雪は降らないと伝えていました。
志木でも久しぶりの降雪で、これほど積もったのは多分4年ぶりくらいではないかと思います。

なんだか嬉しくてカメラを持って柳瀬川の土手に行き、誰も歩いていない雪の中を歩きました。
誰も歩いていなかったというのは嘘で、川沿いの雪の上には、だれが歩いたか、一人の足跡が遠くまで続いていました。物好きは僕だけではなかったのです。
積もったといっても5cmほどで、埼玉県の降雪記録を調べたら、熊谷市の記録で1954年1月24日に、一日の最高降雪Dscn6143_320量として43cmとありました。昔は今より雪が積もったのですね。

写真上、我家の窓から見た雪景色です)

(写真中、庭の葉牡丹。2日前には、雪除けをしたのに、もう大丈夫と外したらご覧のとおり。天気予報を信じた僕のミス)

(写真下、柳瀬川雪景色)

Dscn6146_320

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その17(2011年1月)---やはり日本のマスメディアは、韓国海軍による拉致船舶開放について、あまり報道しなかった | トップページ | 中東各国の反政府デモ----ジブチの自衛隊基地は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その17(2011年1月)---やはり日本のマスメディアは、韓国海軍による拉致船舶開放について、あまり報道しなかった | トップページ | 中東各国の反政府デモ----ジブチの自衛隊基地は? »