« こんな事も起こるのかと驚く----ナンバーズ3と4のぞろ目 | トップページ | 日本にも氷河が存在?---嬉しい研究のやさしい解説記事 »

2011年2月 1日 (火)

柳瀬川土手が燃えていた---寒さと乾燥

Dscn6126_320 今朝(2011年2月1日)の我家の外部温度計は氷点下4度を指していました(写真左)
実は昨日1月31日は各地でこの冬一番の冷え込みになり、埼玉県鳩山で氷点下10.2度、さいたま市でも同6.9度を記録したそうです。
しかし残念ながら、僕は昨日の朝は庭の温度計を見そこなったのです。

ー10.2度の鳩山町は我家から直線距離で25kmほど、さいたま市は隣町です。
それならば、多分我家の温度計もー6度くらいにはなったかと想像するのです。惜しい機会を逸しました。
秩父ならともかく、氷点下10.2度が、我家の近くで観測されたということには驚きます。

冬山では氷点下25度以下を何度も体験していますが、網走からの砕氷船で流氷を見に行った時や、札幌の雪祭りなどで北海道を訪ねた時には、なぜか暖かくて氷点下10度以下の体感記憶が無いのです。
鳩山町は、我が志木市と同じ山からも離れた普通の平地です。なぜ、山地である秩父などより低温になるのか、気になりちょっと調べてみたのですが、ネットからは情報は得られませんでした。

寒さもですが、先日の散歩では、柳瀬川の土手脇が燃えていました。タバコの火を落としても、すぐに燃え上がるのではないかと思えるほど、枯草も乾燥しています。
何台もの消防車が消火活動に来ており、現場が建物火災でない気楽さからか、消火作業に当たる消防士の方は、失礼ながら何か楽しげと見ました。
Dscn6122_320
(写真下、対岸からシャッターを押したので、距離がありますが、一時はこの倍の高さまで炎が上がっていました)

|

« こんな事も起こるのかと驚く----ナンバーズ3と4のぞろ目 | トップページ | 日本にも氷河が存在?---嬉しい研究のやさしい解説記事 »

コメント

石垣へ来てからこれほど暖房器具が恋しくなった冬は
始めてです・・・といっても+10℃以上ですがcoldsweats01

投稿: トックリヤシ | 2011年2月 2日 (水) 08時47分

>トックリヤシさま
人為的には地球温暖化かもしれませんが、気候的には寒冷化に向かっているのかもしれませんね。このところ黒点無しが続く太陽活動もおかしいようです。
こちらも、日中の気温が上がりません。

投稿: Souroku | 2011年2月 2日 (水) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな事も起こるのかと驚く----ナンバーズ3と4のぞろ目 | トップページ | 日本にも氷河が存在?---嬉しい研究のやさしい解説記事 »