« 新宿サザンテラスのイルミネーション | トップページ | 日本外務省北米局---ウィキリークスに戦線恐々(現在読めるURLをお知らせします) »

2010年12月 1日 (水)

伊波洋一様、次期知事選にも立候補をお願いします

「沖縄知事選のコメントを頂いたトックリヤシさまへの返信」
コメントありがとうございます。
沖縄知事選はこうなる事がわかっていたような、そうでないような複雑な心境でもあり、少し落ち込んでいます。
でも、まがりなりにも移設に反対する表明をしなければ、中井真弘多さんが知事に選ばれなかった事を考えれば少し前進したと思います。
僕は「寸動かし」という言葉が好きです。
これからも普天間だけの問題ではなく、もっと大きな視野で考えるようにしていきます。
海兵隊の否抑止論、日本に不要の論旨が決して間違っていないとの流れが日米ともに見え始め、保守系の変わり身の早い人達(いやな方々ばかり)の論評にもなにやら変化の兆しも見えてきました。
これからも民主党の小沢氏の復権に向けてがんばるつもりです。
辺野古新基地は作らせません。普天間基地も海兵隊不要論から、追い詰めて行きます。

「少し追記します。」
日本で、米軍の抑止力とは何かをもう一度検証し、そこから海兵隊の沖縄駐留の有無を論じる発言が大きくなってきている中で、米国でも軍事費削減論から、沖縄海兵隊不要論が注目を集めるようになっています。

沖縄知事選からみても、辺野古新基地の建設は不可能であり、沖縄県内への普天間基地移設は出来ません。
それでは、普天間基地は固定化してしまうのかと問われれば、いや、必ず沖縄県民の望む道は開けると信じています。
今、普天間基地移設が、辺野古に移設できると信じている政治家、官僚は誰もいないでしょう。
本当は不可能とわかっていながら、それを解決するすべもなく、ただ、前向きと思われる姿勢だけを取り繕っているに過ぎません。
ことによると時間の経過が何かをもたらしてくれると信じたいのかもしれません。
無能な政治家や長期的戦略には無縁な官僚は別として、関係する元住民や漁業関係者の方には酷な言い方になりますが、北方領土がロシアから返還される事は限りなく難しく、難しく、難しく、また竹島から韓国軍が撤退する事もありえません。
これは残念ながら、政権が代わろうとも、日本国民が望もうとも、展望が全く見えません。

しかし、普天間基地の閉鎖や沖縄の負担軽減には、展望があります。どうせ基地は動かないとあきらめる人達が多くても、絶対に負けないと思う人達がいる限り、日米関係に民意は反映します。
北方領土、竹島問題には通じなくとも沖縄の海兵隊不要論が、時間の経過に伴う諸般の情勢の変化に伴い、現実味を帯びてくる日が来ると信じています。

いくら「抑止力」では分が悪いとみて、「安全保障の観点」とぼやかしたり、在日米軍とその基地が対北朝鮮、対中国だけでなく、アジア太平洋の安定の即応戦力としての機能がある、また、中東、湾岸、南アジア、東南アジアの広い範囲に対応できる重要な中継拠点だと説明されても、それには重要なことが省かれています

それは、沖縄の人達が、米軍基地はいやだという意思表示をし続けている事、もっと日本人全体が自分自身の事として、米国との安全保障、日米同盟について考えるなかで、沖縄の事を見て欲しいという強い願いが根本にあることが忘れられているからです。
海兵隊必要論、新基地建設、米国従属を唱える人達が、なぜ、沖縄だけが犠牲になるのかについて答えようとしないこともあります。

伊波様、次の沖縄知事選への立候補をお願いします。
残念ながらこれからの4年間も、なすすべもなく過ぎ去ります。
いや、4年?。中井真知事は高齢でもあり、ご自身の本意とは、必ずしも相容れない施策と、さまざまな圧力からのストレスから健康面の不安も残ります。
4年間の重圧の毎日は、厳しすぎるかもしれません。
伊波様、米軍基地に反対する長年にわたる真摯な取り組みに敬服しております。次期選挙戦に向けて、普天間以外の沖縄の種々の難問解決への道筋もじっくりと練り、啓蒙してくださるようお願いいたします。
いつまでも応援しています。

|

« 新宿サザンテラスのイルミネーション | トップページ | 日本外務省北米局---ウィキリークスに戦線恐々(現在読めるURLをお知らせします) »

コメント

私へのコメントをわざわざ記事に取り上げていただき恐縮です。
 かつて私もそうだったように、本土の人たちにとっては沖縄問題は他人事、出来れば触れたくない、考えたくもないことであり、これは政府始め国会議員さんんにもいえること、誰かに希望を託しても成るようにしかならない・・・・と諦めが先に立つのです。
 でもSourokuさんの強い信念を聞かせていただいてなにやらほのかな希望の穂先が見えたような気がしてきました。その時が必ず来る…と信じて、今後の動きをじっと見守りたいと思います、ありがとうございました。

投稿: トックリヤシ | 2010年12月 1日 (水) 09時36分

>トックリヤシさま
極東最大の米軍基地である嘉手納基地と比較したら、普天間飛行場には、まだまだ交渉の可能性はあると思っています。ウィキリークスからの情報も、見守りたいですね。

投稿: Souroku | 2010年12月 2日 (木) 22時29分

海兵隊は、当初の計画どおりグァムに移るべきです。

投稿: kaiheitai | 2010年12月 3日 (金) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿サザンテラスのイルミネーション | トップページ | 日本外務省北米局---ウィキリークスに戦線恐々(現在読めるURLをお知らせします) »