« 新宿駅南口の再開発工事が進んでいます | トップページ | 予定どおり、訓練どおりにはゆかないものだとつくづく思う »

2010年12月 8日 (水)

この方には言われたくない----中谷巌「三島自決の意味」

12月4日の東京新聞の「本音のコラム」欄に、中谷巌氏「三島自決の意味」と題してコラムを書いています。

留学先で知ったという三島由紀夫の自決について書いた後、<ここより転載>

「四十年たった現在、日本の惨状を見るにつけ、三島由紀夫の自決の意味がようやく少し分かってきた。彼が危惧していたことが日本の現実になりつつあるからである。
日本は長きにわたる対米従属の結果、もはや自立した国家ではなくなった。
飽食に明け暮れる国民は日本人であることの意味や、日本の国体について考えることをやめてしまった。
自立の喪失。こうなれば、もうこの国は消滅するしかない。
これが三島が身を挺して、国民に訴えようとしたことだったのだ。」
<転載終わり>

中谷巌、あなたには、ここまで言われたくない。あなたを評価しない。日本人としての品位を、あなたよりもった人、国を悪しき方向に導かんとしている輩と、戦っている人達はは大勢います。文学を志した三島由紀夫を評価しても、楯の会の彼の志には心がうごかされません。檄文しかりです。
時流の風向きをみた、偉そうなコラムを読まされて不快です。
ひどい文章を読んで、虫の居所が悪いので、八つ当たりしてもう少し書きます。底流に同じものを感じる、このブログでも何度か登場したぼくが嫌いなこの3人、なぜか顔が似ています。Nakatani_160_2(写真左、中谷巌氏----)

Morimoto_160

Iokibe_160

(写真中、拓殖大学教授----)
(写真右、防衛大学----)

|

« 新宿駅南口の再開発工事が進んでいます | トップページ | 予定どおり、訓練どおりにはゆかないものだとつくづく思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿駅南口の再開発工事が進んでいます | トップページ | 予定どおり、訓練どおりにはゆかないものだとつくづく思う »