« 消えた貨物船「IZUMI」----なぜ、報道されないのか? 日之出郵船の対応は? | トップページ | 「IZUMI」の消息がわかる----奪った日本船で海賊が船舶襲撃と共同通信が配信 »

2010年11月 7日 (日)

志木ニュータウン近くの消える柿園

Dscn5927_320 写真は志木ニュータウン近くの柿園です。正確には柿園だったところです。
たしか、数年前までは、時々柿を販売していたと記憶しているのですが、今は手入れもされていないようで全体がひどく荒れています。
同じような状況から、もう消えてしまった柿園が二ヶ所ほどあります。

この園内の柿の木もずいぶん少なくなりました。
以前は秋になると伸びた枝に沢山の柿がたわわに実っていたのですが、手入れをしないと、たちまち、木の勢いもなくなり、実もつけなくなる事がよくわかります。

ずいぶん前のことですが、友人が神奈川県の宇佐美に陶芸制作のアトリエを建てた事があります。
購入した敷地内の一部が、斜面の夏みかん畑だったので、数十本の夏みかんの木がそのまま残されており、最初の頃は、甘い夏みかんが収穫できたのです。
しかし、手入れもしなかったので、数年たつと甘みもなくなり、皮も硬くなってしまいました。それでもママレードを作る楽しみがあり、貰った夏みかんを車のトランクいっぱいに持ち帰った事もありました。
また、数年たつと、そこはだんだんと太い竹に侵食され、次第に竹林にかわってしまい、遂には夏みかんの木がどこにあるのかも、わからなくなってしまったのです。
手入れをしない山はすぐに荒れてしまうのです。
あの美しいスイスの牧草地も、イギリスの森も全て人の手によって作られ、維持されているそうです。
僅かな期間ですが、家庭菜園をやってみて実感したのですが、手を入れれば作物は答えてくれるし、さぼれば、畑はすぐに荒れます。土地は本当に正直です。

|

« 消えた貨物船「IZUMI」----なぜ、報道されないのか? 日之出郵船の対応は? | トップページ | 「IZUMI」の消息がわかる----奪った日本船で海賊が船舶襲撃と共同通信が配信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えた貨物船「IZUMI」----なぜ、報道されないのか? 日之出郵船の対応は? | トップページ | 「IZUMI」の消息がわかる----奪った日本船で海賊が船舶襲撃と共同通信が配信 »