« 志木ニュータウンの紅葉 | トップページ | 消えた二つのニュース---海賊に拉致された貨物船「IZUMI」とテロ攻撃された大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)その-2 »

2010年11月25日 (木)

消えた二つのニュース---海賊に拉致された貨物船「IZUMI」とテロ攻撃された大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)その-1

  柳瀬川通信:報道部 担当作山記者
なんどか書いてきましたが、海賊に拉致された日之出郵船の貨物船「IZUMI」(正確には「RO/ROランプウェイ装備多目的重量物船」)とテロ攻撃?を受け損傷した商船三井の大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)の続報が入りません。

*日之出郵船の貨物船「IZUMI」---どこでどうなっているの?
11月9日に共同通信が、同船の拉致以後、始めてのニュースとなる、EU部隊からの情報として次のような配信をしました。
「10月にケニア・モンバサ沖で海賊に拉致されたとされる日之出郵船運航の貨物船「IZUMI」が、ほかの船舶への襲撃に使われている事が分かった----(記事全文は11月9日のブログに掲載)」

しかし、共同通信以外のニュース配信は無く、記事そのものも、いたって曖昧な情報であり、「IZUMI」が現在、どのような状況におかれているのか、全くわかりません。
理解に苦しむのは、実質的な船主である日之出郵船が、「IZUMI」が拉致されたとの報告以外、50日を経過しているのに、なんらの情報発表もしない事です。
もちろん同社のホームページにも、拉致以後のなんらのプレス発表も掲載されていません。問い合わせにも回答がありません。
便宜置籍船といえども、同社が運航し、顧客の貨物を運搬中であった船舶が海賊の母船として使われているとのニュースに、企業がなんらのコメントもしない事は実に不可解です。
http://www.nyk-hinode.com/ 日之出郵船ホームページ

もっと不可解なのは、この事件を日本の海賊対処の担当である防衛省、海上自衛隊、海上保安庁、国土交通省海事局が情報として全く取り上げないことです。
事件発生後、毎日閲覧していますが、どのホームページの海賊対処欄からも、何の情報も得られません。
ソマリア沖で活動中の護衛艦2隻とジプチ基地のP3C哨戒機2機が何らかの動きを見せたとの報告もありません。EU部隊に任せきりなどということが、ありえるのでしょうか。

http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/somaria/index.html 防衛省・自衛隊の海賊対処
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/anti-piracy/index.htm 海上保安庁の海賊対策http://www.mlit.go.jp/maritime/index.html 国土交通省海事局(海賊対処の担当部署)

「IZUMI」の拉致に対し、日本側とどのような連絡を取り合っているのか不明ながら、日本では現地で海賊と対応していると報道されているEU部隊からは、何の情報も発表されていません。
だいいち、共同通信が配信したような、EU部隊の駆逐艦に対し、「IZUMI」側から攻撃を仕掛けるなどということが起こりうるのでしょうか。

http://www.eunavfor.eu/  European Union Naval Force Somalia EU部隊(EU NAVFOR)

事件発生当初は、安否を気遣っていましたが、こうまで情報が無いと、最近は日之出郵船の「IZUMI」なるRO/ROランプウェイ装備多目的重量物船は本当に海賊に拉致されているのか、顧客の鋼材貨物を積載していたのかが疑問に思えてきました。

*商船三井の大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)---謎が深まる損傷原因。そして犯行組織と実行犯は実在しなかった?
  書きかけ---11月26日その-2に続く

|

« 志木ニュータウンの紅葉 | トップページ | 消えた二つのニュース---海賊に拉致された貨物船「IZUMI」とテロ攻撃された大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)その-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志木ニュータウンの紅葉 | トップページ | 消えた二つのニュース---海賊に拉致された貨物船「IZUMI」とテロ攻撃された大型原油タンカー「エム・スター」(M・STAR)その-2 »