« 強制起訴とは驚いた!---今度も小沢さんを応援します | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その13(9月)---大型タンカー損傷と、その原因仮説 »

2010年10月 7日 (木)

新宿駅南口の工事が進んでいます

Dscn5851_1024

しばらくぶりに新宿駅南口に出たら、甲州街道を挟んだ駅前敷地に鉄骨が立始めていました。「新宿駅新南口開発ビル」の工事です。
工事車両入口の横に立てられている開発を示す看板絵では、わかり難いのですが、「建設建物のお知らせ看板」を見ると、地上33階建てで、最高高さが167.31mですから、かなりの高層ビルだとわかります。
もう少しお知らせ看板から書き写してみます。
 Dscn5854_320
 建築面積 18,416.48㎡
 延べ床面積 136,700㎡(約41、350坪)
 地上33階、地下2階
 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
 完成は平成28年3月31日
となっていました。
6年も先ですね。はたして僕は見る事が出来るかな?。
しかし、どうしてお知らせ看板に書かれている高層ビルが、絵では全く表現されていないのでしょう。

|

« 強制起訴とは驚いた!---今度も小沢さんを応援します | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その13(9月)---大型タンカー損傷と、その原因仮説 »

コメント

線路との取り合いが難しそうな工事ですね。

投稿: yunosu | 2010年10月 9日 (土) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制起訴とは驚いた!---今度も小沢さんを応援します | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その13(9月)---大型タンカー損傷と、その原因仮説 »