« 彼岸花満開---柳瀬川土手 | トップページ | 新宿駅南口の工事が進んでいます »

2010年10月 5日 (火)

強制起訴とは驚いた!---今度も小沢さんを応援します

 「この記事は、今後も追記しますので、よろしかったら時々のぞいてください。」

強制起訴から、裁判への経過の目的は、裁判そのものより、小沢氏を裁判に縛りつけ、国民が悪徳政治家を裁くかの印象を広く知らしめ、その政治生命をなんとしても奪うことにあります。そして第一段階の強制起訴は成功しました。
これからも検察、官僚、マスコミの激しい攻撃が続きます。
勿論、個人の思想、判断を尊重しますが、それでもマスコミ、とくに産経新聞、読売新聞、各テレビ局の報道が、真実を伝えていないこと、正論とは思わないことを、柳瀬川通信:報道部は切にお願いします。
デスク、記者一同、日本のマスコミ報道に危機感を抱いています。

「きっこのブログ」が参考になります。 http://www.kikko.cocolog-nifty.com/kikko/
「独りファシズム」この方のブログはすごいです。お薦めです。http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-date-201010.html

民主党の小沢一郎元代表に対する検察審査会の2回目の議決は、大阪地検の証拠捏造事件の影響もあり、かなり慎重な審査の結果、10月末頃に出されるというのが、大方の見方でした。
それが、なんともあっけなく、審議に欠かせない補助弁護士が9月7日に決まった1週間後の9月14日には議決されていたのです。
驚くなかれ議決は、「起訴相当」 小沢さんは強制起訴されます。

普通であれば、議決の数日後には「起訴議決文」が公表されるのに、今回は何故か3週間も公表されませんでした。
前回の審査委員が全員交代し、新しい審査委員による審査は、ほとんど行われずに「前回の議決要旨」を踏襲し、それに異議なしとの結論が導き出される仕組みが出来ていたとしか考えられません。
小沢さんが起訴されるか、されないかでその影響力は大きく変わります。
少し大げさにいえば、明日の日本の政治が左右される事もあったのです。
勿論、今後の政局も変わったであろうし、10月24日の衆院北海道5区補選にも影響し、沖縄知事選にも関係してくるでしょう。

江川詔子氏が現在の制度を批判しています。
「検察審査会が今回のように政治的に利用される可能性がある事件を審査することは、想定されていなかったのではないか。
審査会は強大な権限を持ったのに、議論が明らかにされない不透明さがあり、新たなシステムを作る必要がある」


議論が明らかにされない不透明さだけでなく、今回の小沢さんの審査には多くの疑問が残ります。
先ず、審査申立てをした市民団体なるものが、国民の目線とは乖離した存在の団体である事。
こんな人達と「国民の責任」なるものを共有したくありません。マスコミが市民団体としか報じない人達の、真実の姿を知らべていただければうれしいです。
次に審査委員の人選、補助弁護士の選任の問題。これはもう少し調べてから書く事にします。(審査委員については、このブログ冒頭で紹介したきっこのブログが興味深い考察をされています---この項、10月7日追記)

今回と、前回の起訴議決文全文が「お~いとらちゃん出番だよ」アップされていますので参照されるのもよいと思います。
http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-786.html

この議決書を読んでも、小沢さんの弁護士が語るように「理由が書いていない」というのが良くわかります。議決されてから公表までの3週間は、議決ありきの決定をした後、その議決文をあれこれいじっていたのでしょうか。

「小沢氏の弁護士“まことに遺憾”」NHK 10月4日 19時12分
検察審査会が民主党の小沢元代表を起訴すべきだと議決したことについて、小沢元代表の弁護士は「議決は、まことに遺憾だ。あれだけのキャリアのある人を起訴すべき事案なのか、議決書を読んでも、どこにも理由は書いていない。小沢氏本人も事情聴取に応じて、きちんと説明してきており、意外だと感じているようだ」と話しました。また、議決書の中で、元秘書が小沢氏に報告や相談をしたとする供述は信用できると指摘したことについて、「検察官の取り調べのあり方が問題となっているこのご時世で、調書の信用性は大丈夫なのか疑問に思う」と述べて、裁判で争う姿勢を示しました。

書きかけ----続く(どんどん追記していきますので、よろしかったら、お暇なときにのぞいてみてください)

|

« 彼岸花満開---柳瀬川土手 | トップページ | 新宿駅南口の工事が進んでいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彼岸花満開---柳瀬川土手 | トップページ | 新宿駅南口の工事が進んでいます »