« 今、サクラ、ツツジ、ヤマブキの花が咲いている | トップページ | 無農薬栽培は難しい----白菜を植えつけただ。 »

2010年10月13日 (水)

このニュース、本当?それとも偽?----検察審査会の平均年齢訂正

*23時10分追記---こんな馬鹿な!!! また、修正ですか?

「小沢氏起訴議決の審査員34・55歳、また修正」
   「読売新聞 」10月13日(水)21時24分配信

 東京第5検察審査会は13日、小沢一郎・民主党元代表に対する起訴議決にかかわった審査員11人の平均年齢について、9月14日の議決日現在で計算すると「34・55歳」になると発表した。

 これまで就任日現在の年齢で計算していたが、外部からの指摘を受け、今後は議決日現在の年齢で計算することに決めた。

 同審査会は12日、計算ミスで「30・9歳」を「33・91歳」に訂正したばかりだった。

これは、33.91歳と修正発表したが、計算ミスで37歳の年齢を足し忘れたする説明では、この年齢にはならず、第1回の時と同じ平均年齢34.27歳
になる。それではあまりに不可解と指摘されて、しまったとばかり、あわてて再修正したように思えるのですが。検察審査会内部で、なにか起きているのでしょうか。もし、不正があるなら勇気ある内部告発を期待しております。
「なにがなんだかわからないのよ!!!」 
  
以上追記終わり

 「TBSニュース」 「毎日新聞」 「時事通信」
10月4日に公表された小沢一郎元代表を起訴すべきとする検察審査会の議決について、検察審査会の事務局は、「発表したデータに一部誤りがあった」と発表しました。

 事務局によりますと、議決を行った東京第5検察審査会の審査員11人の平均年齢について、当初「30.9」歳と発表していましたがこれは誤りで、正しくは
「33.91」歳
だったということです。

 訂正を発表した東京第1検察審査会の手嶋総務課長は、謝罪したうえで、間違えた理由について「単純な計算ミス」と説明しています。(12日18:48)


事務局によると、平均年齢を計算する際、担当職員が37歳の審査員の年齢を足し忘れ、10人の合計年齢を11で割るなどしていた。議決公表後に一般市民らから「平均年齢が若すぎて不自然ではないか」などと問い合わせがあり、再計算したところミスが判明した。

このニュース、本当?。それとも捏造?
こんな事信じられません。いくら世間で、審査員の平均年齢が若すぎておかしいとの疑問、批判が大きくなったからといって、それを訂正するとは。

確か、4月の1回目の時も、11人の内訳が、男性4人、女性7人で、平均年齢は34.8歳と発表しましたね。それに合わせたのでしょうか。
本当に、11人の審査員は実在するのでしょうか?

http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/446.html
阿修羅のコメントにうなずかされるものが多い。


審査申立て人は「甲」としか発表されない謎の人、審査会の議決の僅か2週間前に決まったという補助弁護人、何故か急いだ議決がなんと、民主党代表選挙当日、小沢さんが代表戦に敗れると、これまた謎の発表の異例の引き伸ばし、無作為に選出されたとされる審査員の若すぎる平均年齢、そしてとってつけたようなその年齢訂正、しかし、
今度はどう計算しても37歳の審査員の年齢を足し忘れたとの言い訳にあわない計算結果、審査会の開催の有無も不明、本当に審査会は開かれたの?、議事録の存在も不明(弁護士会)、説明責任も無し、謎だらけのなかから生まれた謎の議決。うーん。

|

« 今、サクラ、ツツジ、ヤマブキの花が咲いている | トップページ | 無農薬栽培は難しい----白菜を植えつけただ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、サクラ、ツツジ、ヤマブキの花が咲いている | トップページ | 無農薬栽培は難しい----白菜を植えつけただ。 »