« やはり週末農業は、無理だな | トップページ | 捨てられない文具その3----鉄道定規 »

2010年8月 3日 (火)

フウセンカズラが気になる

Dscn5535_1024
先日ブログに書いたフウセンカズラの風船と種のことですが、その内部を覗くと実に形良く収まっていて、何か建築的なイメージがわいてくるので、このところフウセンカズラにはまっています。
毎日、枝から枯れてきた風船を採ってきては、風船の上下を切って、中を見て楽しんでから、せっせと種を集めているのです。
Dscn5533_320

Dscn5536_320 (写真上、風船の下側から見ると、薄い膜で仕切られた3室に、5mmほどの黒い種が見える。)
(写真中、外観。直径5mmほどの小さな白い花から、こんな大きな風船になるのが、なんとも不思議だ。形もテントやシェル構造を思わせる造形美だ。)
(写真下、上から覗いたところ。前回、刈り上げ君と書いた白い顔の部分で3個が膜にしっかりついている。とてもかわいい。風船の一つ一つの表情?が違うので、覗くのが楽しみだ。))

|

« やはり週末農業は、無理だな | トップページ | 捨てられない文具その3----鉄道定規 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり週末農業は、無理だな | トップページ | 捨てられない文具その3----鉄道定規 »