« 大型原油タンカー爆発損傷事故---その報道より | トップページ | アイコ1号、2号ありがとう---超ミニ農園 »

2010年8月23日 (月)

非純正品を使う----お薦めはしませんが

Dscn5628_320 いくら何でも価格設定がおかしいのではと思うのです。
仕事で使っているA3版のモノクロレーザープリンターは、交換用トナーが、1個で2万円以上ですし、経験的に少し不具合の起こりやすい再生品でも、定価の6割近い値段です。

レーザープリンター本体がが30万円近い価格で売られていた時代なら、それでも納得できたのですが、最近はトナー代金に少し加えるとモノクロレーザーの新品が1台購入出来てしまいます。
勘ぐれば、メーカーは交換トナーで利益をあげているのではと思ってしまう価格設定です。

まあ仕事で使うなら、リスクの少ない純正品の選択もあるとしても、普段使っているもの中で、掃除機の紙パック、そしてA4版インクジェットのインクなどがこれまた、首を傾げたくなる価格だと思うのです。

しかし、こちらにはDscn5629_320嬉しい?味方である非純正品があります。
例えば掃除機の「紙パック」。
掃除機メーカーの純正品だと1枚300円以上しますが、100円ショップに行けば、3枚入りが100円で買えるのです。
これはあくまで個人的感想だとお断りさせていただきますが、100円の掃除機紙パックを使ってみても、今までなんら問題はありません。
かえって1枚30円程度ならと、こまめに取り替えて吸引力がぐんと向上です。

もう一つ、インクジェットプリンターのインクタンク
純正品だとカラータンク1個、1020円くらいするものが、400円以下で購入できます。5色セットでも正規品の定価の4割以下で購入できます。

ただ、プリンターメーカー側では、非純正品を使用すると、故障や印刷の不具合が生じる事も多く、また、保証の対象から外れると警告していますので、保障期間中は使用しないほうが賢明かもしれません。
僕はブログの記事、たいした記事ではないのですが、それでも書くために、かなりの量の資料集めなどをするので、プリンターインクの消費も多く、定価の4割以下の値段で購入できるのは魅力なのです。
掃除機の紙パックと同じく、こちらも使って不具合が生じた事はいちどもありません。
インクタンク5色セットだけで5000円もするにしては、製品のインクジェットプリンターの新品が1万円前後から購入できてしまうのでは、やはり買い替えのインクタンクでの利益率を疑ってしまうのです。
尚、これはあくまで僕自身の使用経験に基づくもので、その使用を推奨できることでは無い事をお断りしておきます。

|

« 大型原油タンカー爆発損傷事故---その報道より | トップページ | アイコ1号、2号ありがとう---超ミニ農園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大型原油タンカー爆発損傷事故---その報道より | トップページ | アイコ1号、2号ありがとう---超ミニ農園 »