« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

米軍普天間飛行場移設の日米共同声明全文---日本文、英文

日米軍普天間飛行場移設の日米共同声明全文---日本文、英文

 「柳瀬川通信:報道部」

今後、当報道部でも記事に引用することもあると思いますので、日米共同声明全文の日本文、英文を書いておきます。 
「日米両政府は28日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺とする外務・防衛担当閣僚(2プラス2)の共同声明を発表した。」

日米安全保障協議委員会(SCC)メンバーの岡田克也外相、北沢俊美防衛相、クリントン国務長官、ゲーツ国防長官が連名で5月28日、発表した共同声明全文は次の通り。

「日米共同声明全文」 日本文
 2010年5月28日、SCCの構成員たる閣僚は、日米安全保障条約の署名50周年に当たる本年、日米同盟が日本の防衛のみならず、アジア太平洋地域の平和、安全及び繁栄にとっても引き続き不可欠であることを再確認した。

 北東アジアにおける安全保障情勢の最近の展開により、日米同盟の意義が再確認された。
この点に関し、米国は、日本の安全に対する米国の揺るぎない決意を再確認した。
日本は、地域の平和及び安定に寄与するうえで積極的な役割を果たすとの決意を再確認した。
さらに、沖縄を含む日本における米軍の堅固な前方のプレゼンスが、日本を防衛し、地域の安定を維持するために必要な抑止力と能力を提供することを認識した。
SCCの構成員たる閣僚は、日米同盟を21世紀の新たな課題にふさわしいものとすることができるよう幅広い分野における安全保障協力を推進し、深化させていくことを決意した。

 閣僚は、沖縄を含む地元への影響を軽減するとの決意を再確認し、これによって日本における米軍の持続的なプレゼンスを確保していく。SCCの構成員たる閣僚は、同盟の変革と再編のプロセスの一環として、普天間飛行場を移設し、同飛行場を日本に返還するとの共通の決意を表明した。

 閣僚は、このSCC発表によって補完された、06年5月1日のSCC文書「再編実施のための日米ロードマップ」に記された再編案を着実に実施する決意を確認した。

 閣僚は、09年2月17日の在沖縄海兵隊のグアム移転に係る協定(グアム協定)に定められたように、第3海兵機動展開部隊(MEF)の要員約8千人及びその家族約9千人の沖縄から米領グアムヘの移転は、代替施設の完成に向けての具体的な進展にかかっていることを再確認した。
グアムヘの移転は、嘉手納以南の大部分の施設の統合及び返還を実現するものである。

このことを念頭に、両政府は、この普天間飛行場の移設計画が、安全性、運用上の所要、騒音による影響、環境面の考慮、地元への影響などの要素を適切に考慮しているものとなるよう、これを検証し、確認する意図を有する。

 両政府は、オーバーランを含み、護岸を除いて1800メートルの長さの滑走路を持つ代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置する意図を確認した。

 普天間飛行場のできる限り速やかな返還を実現するために、閣僚は、代替施設の位置、配置及び工法に関する専門家による検討を速やかに(いかなる場合でも10年8月末日までに)完了させ、検証及び確認を次回のSCCまでに完了させることを決定した。

 両政府は、代替施設の環境影響評価手続き及び建設が著しい遅延がなく完了できることを確保するような方法で、代替施設を設置し、配置し、建設する意図を確認した。

 閣僚は、沖縄の人々が、米軍のプレゼンスに関連して過重な負担を負っており、その懸念にこたえることの重要性を認識し、また、共有された同盟の責任により衡平な分担が、同盟の持続的な発展に不可欠であることを認識した。
上記の認識に基づき、閣僚は、代替施設に係る進展に従い、次の分野における具体的な措置が速やかにとられるよう指示した。

 【訓練移転】

 両政府は、二国間及び単独の訓練を含め、米軍の活動の沖縄県外への移転を拡充することを決意した。
この関連で、適切な施設が整備されることを条件として、鹿児島県・徳之島の活用が検討される。日本本土の自衛隊の施設・区域も活用され得る。
両政府は、また、グアムなど日本国外への訓練の移転を検討することを決意した。

 【環境】

 環境保全に対し共有された責任の観点から、閣僚は、日米両国がわれわれの基地及び環境に対して、「緑の同盟」のアプローチをとる可能性について議論するように事務当局に指示した。
「緑の同盟」に関する日米の協力により、日本国内及びグアムにおいて整備中の米国の基地に再生可能エネルギーの技術を導入する方法を、在日米軍駐留経費負担(HNS)の一構成要素とすることを含め、検討することになる。
閣僚は、環境関連事故の際の米軍施設・区域への合理的な立ち入り、返還前の環境調査のための米軍施設・区域への合理的な立入りを含む環境に関する合意を速やかに、かつ真剣に検討することを事務当局に指示した。

 【施設の共同使用】

 両政府は、二国間のより緊密な運用調整、相互運用性の改善及び地元とのより強固な関係に寄与するような米軍と自衛隊との間の施設の共同使用を拡大する機会を検討する意図を有する。

 【訓練区域】

 両政府は、(沖縄本島東の)ホテル・ホテル訓練区域の使用制限の一部解除を決定し、その他の措置についての協議を継続することを決意した。

 【グアム移転】

 両政府は、09年2月17日のグアム協定に従い、3MEFの要員約8千人及びその家族約9千人の沖縄からグアムヘの移転が着実に実施されることを確認した。
このグアムヘの移転は、代替施設の完成に向けての日本政府による具体的な進展にかかっている。
米側は、地元の懸念に配慮しつつ、抑止力を含む地域の安全保障全般の文脈において、沖縄に残留する3MEFの要員の部隊構成を検討する。
(柳瀬川通信-- 注: 8千人の海兵隊員が移転すると、沖縄には何人くらいの海兵隊員が残るかを指すのだが、なんともわかりにくい日本語で、理解し難い)

 【嘉手納以南の施設・区域の返還の促進】

 両政府は、嘉手納以南の施設・区域の返還が、「再編実施のための日米ロードマップ」に従って着実に実施されることを確認した。
加えて、両政府は、キャンプ瑞慶覧(キャンプ・フォスター)の「インダストリアル・コリドー」及び牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の一部が早期返還における優先分野であることを決定した。

 【嘉手納の騒音軽減】

 両政府は、航空訓練移転プログラムの改善を含む沖縄県外における二国間及び単独の訓練の拡充、沖縄に関する特別行動委員会(SACO)の最終報告の着実な実施などの措置を通じた、嘉手納におけるさらなる騒音軽減への決意を確認した。

【沖縄の自治体との意思疎通及び協力】

 両政府は、米軍のプレゼンスに関連する諸問題について、沖縄の自治体との意思疎通を強化する意図を確認した。
両政府は、ITイニシアチブ、文化交流、教育プログラム、研究パートナーシップ等の分野における協力を探究することを決意した。

 安全保障協力を深化させるための努力の一部として、SCCの構成員たる閣僚は、地域の安全保障環境及び共通の戦略目標を推進するに当たっての日米同盟の役割に関する共通の理解を確保することの重要性を強調した。
この目的のためSCCの構成員たる閣僚は、現在進行中の両国間の安全保障に係る対話を強化することを決意した。
この安全保障に係る対話においては、伝統的な安全保障上の脅威に取り組むとともに、新たな協力分野にも焦点を当てる。

「日米共同声明全文」 英文
Joint Statement of the U.S.-Japan Security Consultative Committee
May 28, 2010

by


Secretary of State Clinton
Secretary of Defense Gates

Minister for Foreign Affairs Okada
Minister of Defense Kitazawa

On May 28, 2010, the members of the United States-Japan Security Consultative Committee (SCC) reconfirmed that, in this 50th anniversary year of the signing of the Treaty of Mutual Cooperation and Security, the U.S.-Japan Alliance remains indispensable not only to the defense of Japan, but also to the peace, security, and prosperity of the Asia-Pacific region.Recent developments in the security environment of Northeast Asia reaffirmed the significance of the Alliance.

In this regard, the United States reiterated its unwavering commitment to Japan's security. Japan reconfirmed its commitment to playing a positive role in contributing to the peace and stability of the region. Furthermore, the SCC members recognized that a robust forward presence of U.S. military forces in Japan, including in Okinawa, provides the deterrence and capabilities necessary for the defense of Japan and for the maintenance of regional stability.
The SCC members committed to promote and deepen security cooperation in wide-ranging areas to enable the Alliance to adapt to the evolving challenges of the 21st century.

The Ministers reaffirmed the commitment to reduce the impact on local communities, including in Okinawa, thereby preserving a sustainable U.S. military presence in Japan.
In this context, the SCC members expressed their shared commitments to relocate Marine Corps Air Station (MCAS) Futenma and return the base to Japan as part of the Alliance transformation and realignment process.

The Ministers confirmed their commitment to implement steadily the realignment initiatives described in the May 1, 2006, SCC Document, "United States-Japan Roadmap for Realignment Implementation," as supplemented by this SCC Statement.

The Ministers reaffirmed that, as provided for in the Guam Agreement of February 17, 2009, the relocation of approximately 8,000 III Marine Expeditionary Force (MEF) personnel and their approximately 9,000 dependents from Okinawa to Guam is dependent on tangible progress toward the completion of the replacement facility.
The relocation to Guam will realize the consolidation and return of most of the facilities south of Kadena.


Bearing this in mind, the two sides intend to verify and validate that this Futenma relocation plan appropriately considers factors such as safety, operational requirements, noise impact, environmental concerns, and effects on the local community.

Both sides confirmed the intention to locate the replacement facility at the Camp Schwab Henoko-saki area and adjacent waters, with the runway portion(s) of the facility to be 1,800 meters long, inclusive of overruns, exclusive of seawalls.

 (柳瀬川通信--注: 複数形のSは、滑走路が1本ではなく、複数(V字型含む?)か、ヘリコプター専用のヘリパッド(直径500mくらいか、または直径75mを8箇所くらい)含む離着陸施設が必要と求めているものと思われる)

In order to achieve the earliest possible return of MCAS Futenma, the Ministers decided that a study by experts regarding the replacement facility's location, configuration and construction method would be completed promptly (in any event no later than the end of August, 2010), and that the verification and validation would be completed by the time of the next SCC.

Both sides confirmed the intention to locate, configure, and construct the replacement facility in such a manner as to ensure that environmental impact assessment procedures and construction of the replacement facility can be completed without significant delay.


The Ministers recognized the importance of responding to the concerns of the people of Okinawa that they bear a disproportionate burden related to the presence of U.S. forces, and also recognized that the more equitable distribution of shared alliance responsibilities is essential for sustainable development of the Alliance.
Based on the aforementioned recognition, the Ministers directed that, as progress is made toward the replacement facility, concrete measures should be taken expeditiously in the following areas:

Training Relocation

The two sides committed to expand the relocation of the U.S. forces activities, to include both bilateral and unilateral training, outside of Okinawa. In this regard, utilization of Tokunoshima will be considered, subject to development of appropriate facilities. Japan Self-Defense Forces (SDF) facilities and areas in mainland Japan may also be utilized. Both sides also committed to examine the relocation of training outside of Japan, such as to Guam.

Environment

In view of shared responsibilities on environmental stewardship, the Ministers instructed their staffs to discuss the potential for the United States and Japan to take a "Green Alliance" approach to our bases and the environment. U.S.-Japanese collaboration on a "Green Alliance" would consider ways to introduce renewable energy technology into U.S. bases in Japan and under development in Guam, including as a component of Host Nation Support. The Ministers instructed their staffs to consider promptly and seriously an agreement on the environment, including reasonable access to U.S. facilities and areas in cases of environmental incidents, and reasonable access to U.S. facilities and areas for environmental surveys prior to land returns.

Shared Use of Facilities

The two sides intend to study opportunities to expand the shared use of facilities between U.S. forces and the SDF, which would contribute to closer bilateral operational coordination, improved interoperability, and stronger relations with local communities.

Training Areas

The two sides decided on the partial lift of restrictions on the use of the "Hotel/Hotel training area" and committed to continue to consult on other measures.

Guam Relocation

The two sides confirmed that, in accordance with the Guam Agreement of February 17, 2009, the relocation of approximately 8,000 III MEF personnel and their approximately 9,000 dependents from Okinawa to Guam will be steadily implemented.The relocation to Guam is dependent on tangible progress made by the Government of Japan toward completion of the replacement facility. The U.S. side will examine the unit composition of III MEF personnel remaining on Okinawa in the context of overall theater security, including deterrence, while accounting for the concerns of local communities.

Facilitation of the Return of Facilities and Areas South of Kadena
The two sides confirmed that the return of facilities and areas south of Kadena will be steadily implemented in accordance with the Realignment Roadmap. In addition, the two sides decided that the "Industrial Corridor" of Camp Zukeran (Camp Foster) and a part of Makiminato Service Area (Camp Kinser) are priority areas for early return.

Noise Reduction at Kadena

The two sides affirmed their commitment to further noise reduction at Kadena through such measures as expansion of both bilateral and unilateral training outside of Okinawa, including improvements to the aviation training relocation program, and steady implementation of the Special Action Committee on Okinawa (SACO) Final Report.

Communication and Cooperation with Communities in Okinawa
The two sides affirmed their intention to intensify communication with communities in Okinawa on issues of concern related to the presence of U.S. forces. The two sides committed to explore cooperation in such areas as information technology initiatives, cultural exchanges, education programs and research partnerships.

As part of the effort to deepen security cooperation, the SCC members emphasized the importance of ensuring a shared understanding of the regional security environment and the role of the U.S.-Japan Alliance in advancing common strategic objectives. Toward this end, the SCC members committed to intensify the ongoing bilateral security dialogue. This security dialogue will address traditional security threats, as well as focus on new areas for cooperation.

以上、日米共同声明全文(日本文と英文)





| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

わからない事?「二つ」---辺野古新基地と韓国哨戒艦沈没

「その1」 辺野古新基地

日米両政府が合意した普天間飛行場の移設先である新基地の「名護市辺野古海域案」は、基地建設に強く反対する、いや、今や命をかけてまで阻止すると叫ぶ住民により工事の施工は不可能と思えるのに、これから先どうするつもりなのだろう。

自民党政権時代に、反対闘争の人たちに対して行ってきた強い弾圧を新政権は再び繰り返すのだろうか。
防衛施設局職員、海上保安庁職員、海上自衛隊艦艇、県警機動隊の動員をまた始めるのだろうか。
十数年にわたって座り込みを続けてきた、おじい、おばあをつまみ出すのだろうか。
高江と同じように、座り込みの人たちを一人残らず起訴するのだろうか。
民主党政権に、そんなことが可能なのだろうか。

普天間飛行場に代わる、長い滑走路と、付随する艦艇が横付けできる港湾施設、それに弾薬庫が付く新基地は、米軍にとってなにものにも変えがたい、日本政府からの贈り物である。
何が何でも早期の実現に向けて強い圧力をかけてくる米国に対して、日本政府は新基地建設が早い時期に出来る考えているのだろうか
そんなことが可能なのだろうか。
どうしてもわからない。

「その2」 韓国海軍哨戒艦沈没

韓国海軍哨戒艦「天安」沈没は、北朝鮮の小型潜水艇から発射され、水深6mから9m、「天安」から3mほどの至近距離で爆発し、それによって生ずる水泡噴流の強大な力で船体が切断された、潜水艦魚雷攻撃に因るものと公式発表されています。

艦長はじめ士官全員が生存しているのに、軍事機密の名の下に、沈没当時の状況がまったく報道されない不思議。
今後、なすすべも無く多数の部下を死なせてしまった艦長、士官達の責任問題が軍事法廷などで裁かれることがあるのだろうか。
その場合真実が明らかになるのだろうか。

沈没当初に報道された、海軍基地が通信長からの「魚雷攻撃を受けた」と無線連絡を受けた、(一部では、座礁した」との情報もある)また艦長の「魚雷攻撃を受けたので、救助を要請」したとの報告は、韓国軍の中でどこに消えてしまったのだろうか。

沈没当時、「天安」は小型潜水艦を追尾中に、逆に反撃を受けてしまったのか、あるいは捕捉はしていたが行動は起こさなかったのだろうか。

それとも、小型潜水艦の存在をまったく確認できず、夜間に突如魚雷攻撃を受けてしまったのか。
魚雷が接近してくることに気づいていたのか、それさえも捕捉していなかったのか。
どの方向から、どのくらいの距離で発射されたたかもわからないのか。

探知できないほど、魚雷は高性能だったのか。
そんな魚雷を北朝鮮が保有し、旧式の小型潜水艇に搭載しているとの情報を掴んでいなかったのか。

艦長以下の生存乗り組み員からの情報がまったく漏れてこないもどかしさのなかで、結論だけが導き出され発表される組織。それを質問しないマスコミ。
どうしてもわからない。

| | コメント (2)

2010年5月26日 (水)

ウスラウメかユスラウメかで悩む

Dscn5315_1024
昨日、志木ニュータウン内で、「さくらんぼ」に似た赤い実をたくさん付けている木を見つけました。(写真上)
この木にどんな花が咲いていたか思い出せないまま、写真を撮っていると、近くにいた人が「ウスラウメ」だと教えてくれました。
家に帰り、インターネット検索で「ウスラウメ」を探すと、確かにウスラウメとして沢山の記事があります。
しかし、本来ならあるはずのウィキペディア(Wikipedia)や Yahoo百科事典などの、果樹としての植物的な説明が見つかリません。
いくつかの記事を読んでいるうちに、どうも「ユスラウメ」が正しいようだと気づき、ユスラウメで検索すると確かにウィキペディア(Wikipedia)や Yahoo百科事典がトップに出てきました。
なぜ、ウスラウメとも呼ぶのか調べられませんでしたが、もう一度実物を見ようと昨日の場所まで行き、茂った枝の中に隠れるように説明版が取り付けられているのを見つけました。
そこには「ユスラウメ」と書かれていました。これでで納得。

 樹の側にいた、小さな男の子に、お母さんが食べられると言って採ってあげたので、僕も赤い実を食べてみました。
なんとさくらんぼとそっくりの甘酸っぱい味(甘味のほうが強い)でおいしいのです。このまま、売れる商品となりそうな感じです。
男の子も今度は自分で採るといって、枝の下にもぐりこんでゆきました。

 お母さんが話しかけてきました。「私は外国籍ですが、国ではこれを食べるんです。」
「どちらのお国ですか」と僕。
「韓国です。国ではエントゥー(エンドゥー?)と呼びます」
「日本ではユスラウメです」と僕。
しかし残念。あとで Yahoo百科事典で知った、こんな事が言えれば良かったと後悔しました。
「この木の名は、移植に強いこの樹木を移し徙(うつ)し楽しむという朝鮮語の移徙楽(イサラ)から転じたといわれているそうです。」
Dscn5317_320

写真左上、円形の広場を囲むように10本以上のユスラウメの木が植えられている)

(写真左下、今日、見つけた枝の中に隠れるように吊るされていた説明板。写真は見やすいように僕が位置を移し、取り付け直したもの)

Dscn5318_320

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

「道路保全技術センター」の追記をしました

5月23日に書いた、「官僚の責任は追及すべし---道路保全技術センター」について、今日、5月25日の東京新聞朝刊一面トップに取り上げられましたので、追記しました。

| | コメント (2)

2010年5月24日 (月)

柳瀬川のアユ釣り---2010年春その2

Dscn5314_320 「柳瀬川のアユ釣り」の検索からこのブログを見ていただける方が多いので、感謝を込めて前回の4月22日に続き「情報その2」を書きます。

なにしろ、我家は柳瀬川の釣り場まで徒歩1分の地の利がありますので、ちょっと覗いてくるといった感じなのです。

今日は終日雨で、釣り人の姿はありませんでしたので、22日(土)の写真を載せます。

以前は、柳瀬川駅近くの富士見橋下流付近に集中して、立ち釣りをしていた方が多かったのですが、最近は思い思いの場所でのんびりと座って釣りを楽しんでいる方も見られます。
写真は、川越街道(国道254号)に掛かる英橋の少し上流です。写真を撮っているこちら岸にも何人もいました。
僕は渓流でのテンカラ釣しかしませんので、アユ釣り仕掛けは良くわからないのですが、ブログに書こうと聞いて廻ったところでは、皆さん同じで、釣鐘状に螺旋にまいた針金の中に、「こませ」を入れて、擬餌針で釣り上げるオランダ仕掛のようです。竿は長めのほうが良いと思いました。
でも見ていると、流してはまたえさをつける、けっこう忙しい釣りですね。

釣果は人によりで、数十匹もいれば、ずっと少ない人もいました。場所にも寄るのでしょうが、丸浮きがぴっと沈み合わせるときれいな銀色のアユが釣り上げられていました。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

官僚の責任は追及すべし----道路保全技術センター

ずさんな道路空洞調査が国会などで批判され、国土交通省の前原大臣が、3年後に廃止する意向を示している国土交通省所管「財団法人道路保全技術センター」について、自民党衆議院議員の河野太郎氏が自身のメールマガジン、「ごまめの歯ぎしり 河野太郎の国会日記」で次のように書いています。

このメールマガジンは、自民党議員がここまで書いても良いのかと驚かされる興味深い主張も多いので、僕も購読しており、記事の転載が許されています。

「財団法人道路保全技術センター」は、前自民党政権下で数多くつくられ、天下りの温床となっていた財団法人のひとつであり、そのずさんな仕事ぶりも、前政権ではまったく問題にされなかった組織です。
その政権与党議員であった河野太郎氏が言うのもおかしいのですが、河野氏は以前から党内でもこの手の組織や官僚に批判的であり、ここに書かれている事も正論ではないかと思いますので、転載させていただきます。

以前書きました政管癒着構造そのままに、全国の空港、地下鉄、高速道路などの過大な需要予測を行ってきた国土交通省所管の財団法人「運輸政策研究機構」などの場合もそうですが、不祥事をおこした組織だけを批判するのではなく、国土交通省の責任も厳しく追及すべきと思うからです。

「5月25日追記」

東京新聞、5月25日朝刊の一面トップに、このずさん極まる天下り組織「道路保全技術センター」の事が書かれています。

先ず見出しです。

「天下り法人」「国道空洞見逃し113箇所」「再調査2割で倍増」「国交省、対象の8割放置」

「道路保全技術センター」については、次のように解説されています。

「1990年に設立された国土交通省所管の財団法人。道路下の空洞調査や舗装関連の資格試験、道路に関する情報のデーターベース化などを行っている。
2008年度は各地の国道下空洞調査を計5億4000万円で受注したが、09年にずさんな調査だったことが発覚。前原国交相が同年11月に「3年以内に解散させる」と宣言した。問題発覚当時、理事長は元建設省技監で、職員168人中、47人が官庁OBだった。」

「記事の一部を転載します」

道路の陥没事故を防ぐ空洞調査の最大手で、ずさんな仕事ぶりから指名停止になった財団法人「道路保全技術センター」(東京都港区)の2008年度分調査に関し、同センターを所管する国土交通省が再調査を実施したところ、見逃した空洞は百十三ヶ所に上った。
しかも、詳細に再調査したのは対象国道の2割以下(375km分)で、さらに多くの空洞が見逃されている可能性があることが二十四日、本紙の取材で明らかになった。国交省の再調査もずさんで、安全確保が問われている。

国交省の国道・防災課は、すべての道路を対象にしなかった理由について「時間や費用、専門業者が限られている。交通量の多い道路や(過去に空洞が発見された)危険な道路などを優先して調べた」と説明する。

同センターは、国交省OBの天下り先としても問題視されており、二十五日に行政刷新会議の「事業仕分け」対象になっている。

同センターの〇八年度の空洞調査をめぐっては、「調査がずさんだ」との内部告発から、国交省が昨年五月、第三者委員会を設置。同年八月に再調査が本格化した。

以上、「転載終了」 「5月25日追記はここまで」

<ここから河野太郎氏のブログ転載開始>

ごまめの歯ぎしり  メールマガジン版 5月21日
       衆議院議員 河野太郎の国会日記


公益法人の事業仕分けに道路保全技術センターが入っている。
最終日、火曜日の最後、閉会式直前だ。

ちょっと待った!

それはおかしい。

道路保全技術センターは、技術もない空洞化調査を受注して、公金
を詐取した。そして、それがばれて今年2月から各地方整備局で次
々と指名停止になっている。

前原大臣は、3年後に廃止などとのんきなことを言っているが、収
入がないセンターは、生き延びることができない。

このセンターの問題は、既に決着済みである。残った問題は、この
センターが、能力もないのに空洞化調査を受注することに協力して
きた
金井道路局長、深沢国道防災課長、伊勢田道路保全企画室長以
下の国土交通省の責任を追及し、処罰
することだ。

この時点で道路保全技術センターを事業仕分けするというのは、国
土交通省の責任を逃れさせる煙幕でしかない。

前原大臣は、依然として、元建設省技監であり、事件を起こしたセ
ンターの佐藤信彦元理事長、森永教夫専務理事(元東北地方整備局
長)らの刑事責任の追及もせず、センターに対する損害賠償や事業
費の返済を求めていない。

センターがでたらめな調査をやった区間の再調査を一刻も早くやら
なければならないにもかかわらず、各地方整備局は、ほんの一部だ
けしか再調査をやっていない。
予算がないからと言うが、センター
が当然に負担するべきだ。

センターの内部留保も当然に国庫に召し上げるべきだし佐藤元理
事長が国土交通省の公益法人に渡っているのも退任
させるべきだ。

いずれにしろ、このタイミングでセンターの事業仕分けというのは
目くらましだ。
道路局長の責任を問え!

<転載終了>

| | コメント (1)

2010年5月21日 (金)

今日、破産手続きが受理----エフオーアイ

「エフオーアイが破産手続き申請」

柳瀬川通信:報道部 担当 男川記者

[東京 21日 ロイター] 
「半導体製造装置メーカーのエフオーアイ<6253.T>は21日、東京地裁に破産手続き開始の申し立てを行い、受理されたと発表した。
同日付で保全管理命令を受けた。負債総額は約92億円。
 
同社は、今月12日、上場申請時に売上高を過大に計上するなどした決算情報を記載し、100億円規模の粉飾決算があったとして、金融商品取引法違反容疑で証券取引等監視委員会の強制捜査を受けた。上場廃止が決定となり、取引金融機関から預金債権を凍結されたことから、事業継続が困難になったとしている。」

今日の株価は、前日より5円安の6円で引けました。
この会社、売上高を過大に計上などと報じられていますが、過大も過大、実際の売上げの数十倍だった疑いがあるそうですから、始めから投資家をだます詐欺行為といわれても仕方がないと思います。
こんな会社が上場の審査をパスしたとは、まさに驚きです。

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

株価1ヶ月で819円から11円に---エフオーアイ無残

 マザース、ジャスダックなどに上場後、数年たって経営に行き詰まり、粉飾決算など不明朗な会計問題で、上場廃止になる新興会社は多いが、いくらなんでも上場時の粉飾決算発覚でわずか7ヶ月で上場廃止になる企業がでるとは、世も末です。

 東証マザーズ上場「エフオーアイ」という怪しげな会社、今日5月20日の株価はたったの11円、4月21日には819円でしたから、わずか1ヶ月で75分の1 になってしまいました。時価で221億円が、2億9千万円になったのです。

  http://www.foi.co.jp/ エフオーアイHP

 東証はこれまでの不祥事のたびに審査の厳格化などを行ってきましたが、最初からだまそうとする詐欺まがいの事をする会社にはお手上げでしょう。この会社、役員などにも、いかにも一癖ありそうな顔ぶれが並んでいます。

自社のホームページで、代表取締役社長の奥村 裕氏、「一方、成熟した会社には無い、強い志とバイタリティがあります。」などと理念などを語っていますが、こんな経営者は、後は自己資産確保の逃げの一手ですから、上場を後押しした監査法人や、証券会社の責任を厳しく追求するしかないでしょう。

幹事証券会社  (主)みずほインベスターズ証券 (副)SBI,東洋,高木,松井,香川,三菱U,藍澤,丸三,マネックス
メインバンク     りそな,政策,横浜,三菱UFJ,みずほ,住友信託
監査法人      桜友共同事務所

3年前に糸山英太郎氏が、自身のブログで次のように、「日本経済の足を引っ張る新興市場」題して、志なき経営者を嘆いていましたが、まさにそのまま当てはまる不祥事です。

<糸山英太郎氏ブログ(昨年9月で終了)から転載させていただきました>

「会計問題に端を発した新興企業への不信は非常に根深い。
東証1部企業が慎重な2008年3月期予想となる一方、新興企業は2ケタ経常増益予想を示しているところが少なくないが額面通りに受け取る投資家は1人もいない。

かつて、株式上場とは一握りの企業が何年もかけてこぎつけた特別なものであった。
しかし新興3市場(マザーズ・ジャスダック・ヘラクレス)が誕生すると設立間も無いベンチャー企業が上場に殺到してしまったのだ。

何のための上場なのか?
市場から調達した新しい資金は、高い志を持つ経営者のビジネスに投入されるべきなのだ。
株式市場の資金が、ソニー・本田が世界を舞台にして戦う力となったことは説明するまでもないだろう。

ベンチャー企業は自社に明確な事業モデルがないにも関わらず、簡単に上場し資金だけ得てしまう。
その資金は売上げをつくるためのM&A、もっとたちが悪ければ遊びの為のマイバッハやヘリコプターに化けてしまう。
実態を見たら投資家は卒倒するはずだが、多くの個人投資家はベンチャーでなければ株では無いと思っていたのか、新興株投資にのめり込んでいった。

東証マザーズの時価総額は年初から今日までだけで実に一兆円が吹き飛んだ計算だ。個人投資家はこのダメージを新興株だけでなくまともなセクターにも及ぼしてしまったのだ。
新興企業の成長を否定などしていない、頼むから真面目な若手経営者だけに上場を目指してもらいたいのだ。
そして個人投資家の皆さんには真贋を見極める目を養ってもらいたい。」

    以上転載終了

僕は乏しい自身の経験ながら、これから、インターネットでの株式投資を始めようと思っている方は、ジャスダック、マザース市場の上場会社の株式購入は、なるべく避けたほうがよいと思っています。得られるものより、リスクのほうがはるかに多いと実感しています。

| | コメント (2)

2010年5月18日 (火)

トマトの芽欠きと1本仕立て、ナスの3本仕立ては難しい

Dscn5310_320

今日は作男さんが、どう書いてよいかわからないから、お前書いてくれというので、柳瀬川通信:報道部記者のの農園寺かわって書きます。
作男さん、自分に都合の悪いことからは、すぐに逃げるのです。

 トマトの苗を植えつけたのは5月8日、今日で10日たちました。もう、花が咲き、2個ほど実が付いています。
作男さん、それですこし困っています。

 トマトは、作男さんの愛読の教科書(藤田 智著 「よくある失敗」と「対策」がわかる野菜づくり)によると、第1花房からしっかり着花させなさい、そしてわき芽は全て摘みとりなさいと書かれています。

去年まで、力仕事が主で、大事なところは農園主さまにお任せしていたので、今年おらが主担当だ、農園主代行だとうれしがっても、実力が伴ないません。

 第1花房も良く分からないし、わき芽摘みもけっこう難しい。第1花房にホルモン剤をスプレーしなさいと書いてあっても、そんなことしてるの見たこともない。主枝一本にのみ果実を実らせる1本仕立で育てなさDscn5308_320いといわれても、その主枝がわからない。

それなのに、それなのに、もう花が咲き始め、実もなりだした。
早いぞ、早すぎる、支柱もまだ立ててないのに。
「おら、困っただ、どうするべ」と、ついに農園主さまに泣きつきました。
そんなわけで、作男さん、明日は女農園主さまにお出まし願って、じっくり教えを受けることになりました。

 じつは、ナスも花が咲き始めています。
こちらも、作男さんの教科書によると、一番花のすぐ下のわき芽2つを残し、それより下のわき芽を摘んで整枝しなさい。主枝とその下の勢力の強い2本のわき芽を利用する3本仕立てにしなさいと書かれていますが、まだ、苗が小さいのに、一番下にナスの実がついて地面に届いています。
こりゃ、どうしたらよいだ、こんなこと教科書にないぞと、こちらもお手上げです。
本だけで勉強していても、畑での本当の実習ができていなかったのです。
おらの作った新鮮野菜だ、無農薬だと、収穫だけはうれしがっていましたが、今まで、なにをしてきたのでしょうかね。

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

50年ぶりの高尾山

Dscn5285_320 先週の木曜日に、かみさんに、前から登りたい山だと言われながら、なんとなく躊躇していた高尾山(599m)に登ってきました。
小学校だか、中学校だかの遠足で行った記憶があり、その後もう一度登ったと思うのですがはっきりしません。
何しろもう半世紀も前のことなのです。

最近はミシュラン三ツ星観光地に選ばれたとかで、たいそう賑わっていると聞いていましたので、なるべく静かな山登りが出来るコースを探そうと地図で見つけたのが小仏峠からの裏道コースです。
Dscn5290_320
さて、どう行こうかと電車の時間を調べて驚いたのが、我家からの近さでした。
なんと、我が柳瀬川駅を8.55の東武東上線に乗り、朝霞台で武蔵野線に乗り換え西国分寺経由で高尾駅に9.51に着くのです。1時間かかりません
高尾駅前発10.12の小仏行きのバスに乗ると、登山口には10.30には着いてしまいました。なんだ高尾山てこんなに近い山だったのだ。それが実感です。多分我家から最も近い600m峰でしょう。

 バスは途中の蛇滝口や日陰停留所でDscn5297_320何人もの登山者が降りて、終点の小仏バス停まで乗った登山者は20人くらいでしょうか。
バスは1時間に一本しか運行されていませんので、思ったとおり静かな山歩きが出来そうでした。
バス停から舗装された緩やかな林道を登ります。途中の農家の前の無人販売所で、たけのこなどをを買い込んでザックが重くなりました。

舗装路が終わって、手入れの良い杉林の中の細い道を登ること、1時間ほどで標高548mの小仏峠でした。小さな仏像Dscn5298_320には、野の花が生けられて、樹林の中の静かな良い峠です。

そこから、30分ほど登って城山に到着。
眼下には相模湖、そして前方には丹沢山塊と5、6合目まで雪の残る富士山がよく見えて、驚くほど景色の良いところです。
地図を見るとここは高尾山より高いくらいなので、一度下ったにしてもたいした登りは無いなと思うと気が楽です。
なんだか、子供の頃に遠足で登った高尾山だと思うと、山登りするぞという気構えが無いので、緩やかな登りでもけっこDscn5300_320う疲れるのです。
明るくて気持ちの良い下り道を、しばらく行くと眺めの良い展望台のある一丁平に到着。
ここは公園のように整備されています。急に登山者も増えて、ベンチや思い思いの場所でお弁当を広げています。きれいなトイレもあって、休むのには良い場所です。
もうそこからは、階段状の広い道を高尾山山頂までは、30分ほどで到着です。

平日なのに、さすがに頂上には人が多く、都会を歩くような格好の観光客も混じDscn5301_320り大賑わいでした。友人から弁当を食べる場所も無いくらい混むよと聞いていましたが、多分休日には凄い混み方なのでしょう。
さいわい、僕たちは東屋のような場所のベンチに座って昼食を食べましたが、混んでいるときは頂上より一丁平方向に少し下った場所を探すほうが良いかと思います。
頂上からの展望は、少しぼやけていましたが、東京方面まで見渡せて、さすが十三州見晴台と呼ばれただけの景色でした。
ビジターセンターなどが立つにぎやかな場所に立っても、前に来た時の記憶がほとんど無く、もっと静かな山頂で、変な話ですが「ちょっと待て、まぶたに母を思い出せ」などの自殺防止の立て看板があちこちに立っていたように覚えているのですが、それさえも定かでは無く、全く始めて来たよう感じを受けたのでした。遠足ではどこを登ったのだろう。

Dscn5304_320下山路は、京王線の高尾山口駅に向かって、自然研究路と名づけられたいくつかのコースがあるのですが、僕たちは高尾山へ来たら薬王院は寄らないわけにはいかないだろうと、表参道コースである1号路を下りました。
広い境内を持つ薬王院を抜けて、途中にケーブルカーや、リフト乗り場があり、いちばん観光客の多いコースです。
舗装されているとはいえ、かなり急な坂道を下り、ケーブルカーの下の駅である清滝駅を過ぎて、蕎麦屋やみやげ物店の中を通リ抜け、京王線の高尾山口に到り、無事高尾山登山を終えたのでしDscn5305_320た。途中の右側の斜面にシャガの花の群落が続いて、単調な下り道を楽しませてくれました
下山路は、薬王院に参拝しないなら、稲荷山コースや6号路などを下ったほうが自然と触れ合える登山路らしい感じがするのでしょう。

 僕は、頂上の混雑は別にして、我家からこんなに近くても、豊かな自然と触れ合える高尾山を見直しました。
季節を変えて、違うコースでまた登っても良いと思うのでした。そうだ、こんどはチビスケ1号、2号も連れて一緒に登ろう。

| | コメント (2)

2010年5月15日 (土)

農園に風除けシートを張っただよ----作男がんばる

Dscn5281_320 おらの超ミニ農園のミニトマトが、どうした、こうしたとまた悪口さ書いただな。
ミニトマトが、1個100円になるような支柱は、おら立てねえだよ。
困ったもんだぞ、捏造記事には。産経新聞と同じでねえか。
さてと、今日は農園に風除けのシートを作っただよ(写真下、ナス、トマトの苗の西側に、ごみ袋を利用した風除けシートを張った。右側には、ツルアリインゲンの苗を植える予定)

女農園主様には手伝ってもらってねえよ。おら一人でだよ。
この、農園は西風が強くて、せっかく植えた苗が吹き倒されるだよ。
去年も作ったら「カラス除け」にもなることが判って、おら、女農園主さまにうんと誉めDscn5306_320られただよ。
なにやらしても、ばっちりだ。おらのやることに、間違いねえだよ。

植えた苗は、トマト、ナス、ピーマン、赤ジソ、トウガラシだよ。
キュウリはどうも、おらは苦手だで、今年も止めただよ。
すぐに虫がついて上手く育てられねえだよ。難しいだ。

 また、高い苗を買ってきたかだと、そんなことねえだよ、安くもねえだが。ふつう、普通。
ツルアリインゲンは、女農園主さまが、超ミニ農園の横で、ポットに種さ蒔いて育てているだよ。ちっちゃこい芽が出てきているだ。しばらくポットで育ててから、苗をこちらに植え替えるだよ。

 苗の生育も順調だで、後は支柱立てだな。
いつも、女農園主さまに「あら、お高い支柱ね」なんて嫌味言われるべ、今年は違うだよ。今までの支柱が沢山たまっているだで、新しい支柱は買わねえでよいだよ。
おらもだいぶ資産が増えただよ。買いすぎたわけでねえよ、必要にして十分な量だ。

今年はトマトを、畝に一列に植えたで、どんな支柱にするか、思案中だよ。
トマト、ナス、ピーマン、みんな連作は避けろと言われて、植え方をごちゃごちゃやってみただが、こんなちっちゃこい農園では連作障害を避けるのは無理だよ。
植える場所無くなっちゃうだ。畝幅を小さくしたのも、そんな工夫をしたからだよ。
まあ、いよいよ農作業も本格的になるだで、おらも忙しくなるだよ。
おら、がんばるだよ。
Dscn5307_320_2 (写真左、農園主さまが、つるありインゲンの種をポットに3粒づつ蒔き、1週間ほどで芽が出てきたところだよ。もう少し育ったらおらが農園に移すからな。)

| | コメント (2)

2010年5月14日 (金)

「ジャーナリズムはこれでいいのか」----経済評論家 内橋克人さんの放送

   「メディアを峻別する厳しい目を持とう」

NHKラジオ第1放送に「ラジオあさいちばん」という番組があります。
お聞きになっている方も多いと思いますが、月曜~土曜の朝5時~8時30分、日曜の朝5時~7時55分の時間帯で「地域、日本、世界の今がわかる~耳で読む朝刊」題して放送されています。
http://www.nhk.or.jp/r1/asa/business.html ラジオあさいちばん 内橋克人さんの話は「ビジネス展望」から入って4月27日分

この番組の4月27日の「ビジネス展望で」経済評論家の内橋克人さんが、最近の報道のひどい偏向ぶりについて語っています。
よほど物事を斜めに見たがる個性のある方を除いて、大多数の方は、この話を聞いて「そのとおりだ」と思うのではないでしょうか。
僕はまさに正論だと思います。

「内橋克人さん」、NHKの番組で、よくぞここまで語ることが出来たと感嘆します。
今はメディアの多くで、自民党前政権内閣機密費お支払い名簿に記載されていたと思われる方ばかりが、重用される世の中です。
きっと、内橋さんには、マスメディアの強い反撥があり、また、仕事が減るのではと心配してしまいます。

番組は、上に書いたURLから聞く事が出来ますが、時間がたつと消えてしまうでしょうから、放送時間が10分と長いでのすが、がんばって書き写すことにしました。

 僕は先ず、内橋さんが番組の最後に語っていることを、最初に書かせてもらいます
ここで内橋さんが話されているように、本当に国民一人一人が対応しないと、戦前の一方的な報道と変わらぬ方向へ進んでいるメディアを止めることが出来ないと思うからです。

<内橋克人の言葉> ここから書き写し
「国民の皆様方も、今こそこのメディアを峻別する厳しい目ですね、厳しく見極めると、そういう目を持つべきではないかと、こうお勧めしておきます。こういう気持ちです。」    書き写し終わり

 報道内容に不満がある新聞は、思い切って購読中止にしてもよいと思います。
産経、読売の両紙は論外として、毎日、日経、東京新聞のなかで、少しは、本当に少しはですが「新聞倫理綱領」に近い報道姿勢が見られるのは、今、東京新聞です

購読料も朝日、読売、毎日が1ヶ月3925円ですが、東京新聞は3250円です。
夕刊なしであれば2550円と、新聞はこれで良いとさえ思えてくる値段設定になっています。
僕も、「牧太郎」「山田孝男」など品性無き専門編集委員がそろう毎日新聞の購読を中止し、東京新聞に代えましたが、決断に間違いは無かったと思っていますし、今は夕刊無しの全日版(2550円)も魅力に思えています。

 参考までに 「新聞倫理綱領」   2000(平成12)年6月21日制定

21世紀を迎え、日本新聞協会の加盟社はあらためて新聞の使命を認識し、豊かで平和な未来のために力を尽くすことを誓い、新しい倫理綱領を定める。

 国民の「知る権利」は民主主義社会をささえる普遍の原理である。
この権利は、言論・表現の自由のもと、高い倫理意識を備え、あらゆる権力から独立したメディアが存在して初めて保障される。

新聞はそれにもっともふさわしい担い手であり続けたい。

 おびただしい量の情報が飛びかう社会では、なにが真実か、どれを選ぶべきか、的確で迅速な判断が強く求められている。
新聞の責務は、正確で公正な記事と責任ある論評によってこうした要望にこたえ、公共的、文化的使命を果たすことである。 
編集、制作、広告、販売などすべての新聞人は、その責務をまっとうするため、また読者との信頼関係をゆるぎないものにするため、言論・表現の自由を守り抜くと同時に、自らを厳しく律し、品格を重んじなければならない。

 自由と責任 表現の自由は人間の基本的権利であり、新聞は報道・論評の完全な自由を有する。それだけに行使にあたっては重い責任を自覚し、公共の利益を害することのないよう、十分に配慮しなければならない。

 正確と公正 新聞は歴史の記録者であり、記者の任務は真実の追究である。報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない。論評は世におもねらず、所信を貫くべきである。

 独立と寛容 新聞は公正な言論のために独立を確保する。あらゆる勢力からの干渉を排するとともに、利用されないよう自戒しなければならない。他方、新聞は、自らと異なる意見であっても、正確・公正で責任ある言論には、すすんで紙面を提供する

 人権の尊重 新聞は人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する。報道を誤ったときはすみやかに訂正し、正当な理由もなく相手の名誉を傷つけたと判断したときは、反論の機会を提供するなど、適切な措置を講じる。

 品格と節度 公共的、文化的使命を果たすべき新聞は、いつでも、どこでも、だれもが、等しく読めるものでなければならない。記事、広告とも表現には品格を保つことが必要である。また、販売にあたっては節度と良識をもって人びとと接すべきである。
       (以上、新聞倫理綱領)

-----------------------------------------------------------------------------

 
 <ここから番組書き写し>

アナ:ここからは、経済評論家の内橋克人さんのお話です。今朝のテーマは「ジャーナリズムはこれでいいのか」
では内橋さんです。
アナ:内橋さん、おはようございます。

内橋:おはようございます。

アナ:民主社会にとって、ジャーナリズムは最も大切な道しるべだと考えておりますが、今朝のお話は、そのジャーナリズムの現状にたいして、強い不信感があるということなのでしょうか。

内橋:はい。ええ、まあ、今朝はですね、この番組に耳を傾けてくださっている方がたと一緒に考えていきたいと思います。
で、昨年の夏ですね、国民の意思によりましてですね、ようやく政権交代が実現したわけですね。
ところが今、新聞・テレビ・週刊誌・月刊誌、まあ、.ありとあらゆるメディアが筆と口をそろえて、新政権批判を止めどもなく繰り返しております。
中にはですね、えー、新政権が発足しましてもう早々からですね、新政権攻撃一本やりで論調を展開してきている新聞も存在します。
新しい政権がですね、何をやるのか、何をやろうとしているのか、その兆しさえ見えない時代からですね、早々とイデオロギーむき出しの攻撃で通している新聞もあるくらいですね。

新聞社の上から下までこの反対、反新政権で統一されておりまして、現場の一記者にいたるまで社論に合わせて同じ路線で記事を書いていると、こういう有様ですね。新聞社の内部そのものに、民主主義が存在していないのではないかと、まあ私は思うほどです。

選挙と言う民主的手続きによって選ばれた政権に対して、その実績あるいは政策の成否を見ようともしないで問答無用の攻撃にかかっておりますけれども、これは民主政治そのものへの攻撃ではないでしょうか。まあ、ジャーナリズムの現状を憂いざるを得ないとそういう思いなんです。

アナ:はい。例えばどういう事例があるのか、」ご紹介いただけますでしょうか。
 
 <ここより、クリントン国務長官が日本の藤崎一郎駐米大使を呼びつけたという報道とワシントンポスト紙のアル・カーメン記者が書いた鳩山首相のルーピー報道の事例二つが挙げられて説明されていますが、省略して、その後の話に移り(中略)部分の事例については時間があれば後ほど書き写します。> 
5月13日23時追記

  (中略)
新政権のダメージになるようなアメリカ発の報道だけを大きく扱うと。
で、その結果、キャンベルさんは、あの、今日、明日滞日なさるわけですが、どうも意図的世論操作、まあ、新政権の掲げる対米従属外交からの脱却と、そういう意味を理解していない報道、アメリカに対する何か、根源的な卑屈さというものを感じざるを得ないという、こういう気持ちです。

 (中略)

この礼を失したコラムを無批判に、こう、あるように伝える、そういうあり方ばかりでなくして、新政権のイメージを引き摺り下ろすことに利用するという、アメリカのご機嫌を損じないことが至上の価値だと、そういうふうに、まあ、言うようにですね、卑屈なあり方、本性と言うんですか、それが全身に染み込んでいるのではないか、あるいは、コンプレックスというんでしょうか、それがもう本性になっている。そう思わせる感じですね。

アナ:あの、お話を伺っている私もメディアで仕事をしておりますけれども、ジャーナリズムのあり方をあらためて考えなければならないですね。

内橋
:そうだと思います。新聞はじめメディアは、自らジャーナリズムの衰退を今、招いておりますね。
新聞の記事が(しんこう)しているのもですね、結局は鋭い洞察力とか、奥行きの深い報道力ですね、それに欠けていることに私は原因があるのではないかと思います。
そこで、組織ジャーナリストへの期待なんですけれど、組織の中にいるジャーナリストですよね、なによりもですね、未成熟な民主主義を如何にして、この日本に根付かせていくかですね、それを考えて欲しいと、それからまた、政権交代の本当の意味、信義というものを、深める視点を持つべきだとおもうのです。

組織ジャーナリストはですね、言論の自由を言うのであれば、先ず一人一人がですね、社内で言論の自由を獲得すると、それを目指すべきではないかと思います。

「国民の皆様方も、今こそ、このメディアを峻別する厳しい目ですね、厳しく見極めると、そういう目を持つべきではないかと、こうお勧めしておきます。こういう、気持ちでございます。」

アナ:はい。内橋さん、考えさせられるお話、ありがとうございました。

内橋:ありがとうございました。

アナ:ありがとうございました。ジャーナリズムはこれでいいのか。経済評論家の内橋克人さんのお話でした。
  
(以上、書き写し終了)

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

マルチの効果は凄い---ジャガイモ畑

Dscn5278_320 いつもの三芳町を歩く「お得ウォーキングコース」の途中に、ジャガイモ畑があります。
さて、2枚のジャガイモ畑の写真で気が付くことがありますか?

ちょっと、難しいのですが、向かって左側の株のほうが成長が遅いのに気が付きませんか。

右側の、葉が青々と茂っているほうが、マルチ(正確にはマルチング)掛けをした畑で、左側がしなかった畑です。

Dscn5277_320同じ間隔で種芋を植え付けても、生育にこんなに差が出るのです。

さて、この訳は、かわいい幼稚園の園児にあります。
右側の畑は、6月末に近所の幼稚園児がジャガイモ堀にくるので、早めの成長をさせたのです。
幼稚園とこの畑の農家が契約して、300人もの園児がワイワイと来るそうでです。

左側はそれより少し遅れて収穫できるようにマルチ掛けをしなかったのです。
それなら、種芋の植付け時期を遅らせれば良いのにと思うのですが、気候に合わせて植付けするので、種芋は同じ時期に植え付けたほうが良いのだそうです。
なんとも、マルチ掛けの効果を実感させられたジャガイモ畑の風景でした。

でも、我が家のチビスケ達ののジャガイモ堀の経験から、自分の周りにもう芋が無さそうだと思うと、かまわず隣の畑に突進するやつらですから、「こっちはまだ実がついていませんよ、ほら見てごらんなさい、葉っぱも小さいでしょう」くらいに言えるように生育の差をつけておかないと、畑の境界など、ロープが張ってあるくらいは平気で無視しますから、こちらの農家の方は、わざと生育を遅らせたとも考えられます。考えすぎかな。

Dscn5280_320 ところで、このマルチ掛けの効果を聞いた、おらが俺がの作男さん、「畑にはマルチだ、マルチだ」と騒いで、庭の僅か0.6㎡の超ミニ農園にもしっかりとマルチ掛けして、ミニトマトの苗2本を植え付けました。
ミニトマトの品種は「アイコ」良い苗でしょう。
また、店で一番高い苗を買ってきたのです。
そして、作男さん、「二本ともアイ子じゃ困るべ、こっち側さ、ヨシ子にすべえか」と、能天気なことを言って女農園主さまから、「アイコ1号、2号でよいのですよ」とたしなめられていました。
きっと、ミニトマトが1個100円に付くくらいの、お高い立派な支柱を立てるのでしょうね。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その8‐‐‐2日間の護衛で1隻あたり3000万円以上もかかる!ソマリア沖を海の有料道路にしますか?

派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後まったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。」

*平成22年4月の海賊対処法による船舶護衛実績(122回護衛~131回護衛の10回)
 護衛した船舶  日本籍船 3隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船  24隻
                   合計27隻  1回平均2.7隻
           
               外国籍船 59隻  1回平均5.9隻

Kousyu_320  4月の護衛実績も、日本関係船舶は27隻と少なく、1回平均は2.7隻でした。

このところ護衛する海上自衛隊の護衛艦のほうが多いという、平均2隻を割る月が続いていましたので、4月はやや増えたといえるでしょう。

それでも、護衛する日本関係船舶が0隻といった状態が1回あり、それは5月になっても3回のうち2回が0隻と続き、このところ日本関係船舶の数が増えているとは思えない状況が続いています。

昨年7月28日の海賊対処法による護衛活動開始から4月末までに、90回の護衛活動が行われ、合計で713隻の船舶が護衛されました。

 そのうち、日本関係船舶は207隻で、その他の外国籍船は506隻です。
今や護衛船舶の71%が、中国、ドイツ、デンマーク、シンガポールなどの外国の運航事業者が運航する船舶なのです。
しかしこれは、見方をかえて、海上自衛隊による護衛活動を、他国と協力しての国際貢献と捉えれば評価できることです。

 問題は、派遣前の想定の3割にも満たないという、あまりに想定とかけ離れた日本関係船舶の少なさです。

 しかも、日本関係船舶207隻といっても、本当の日本国籍船舶は、9ヶ月間、90回の護衛活動中、僅か8隻しかないのです。
残りの199隻は「我が国の船舶運航事業者が運航する船舶というわかりにくい船なのです。
これは、日本の海運事業者が海運事業のコスト削減競争の激化を理由にして、所有する船舶の登録料、固定資産税を払わずに済む外国に国籍を移す便宜置籍船化を進めてきたからです。

同じように日本人船員のリストラを進め、低賃金の外国人船員の雇用を図ってきた経緯もありますが、この日本の海運事業に関する件は別の機会に書くことにします。
参考までに乗組員について少し書いておくと、今や日本人船員数は壊滅状態で1975年(昭和50年)には5万人を数えた日本の外国航路船員は現在約2800人程度(2008年調査)に減ってしまいました。
海上自衛隊による90回の護衛活動で、護衛した713隻の船舶の船員数の合計16,439人中、日本人乗組員は僅か275人しかいません。この話題は書き出すときりがないので、このへんでおしまい。

さて話を本題の便宜置籍船に戻すと、207隻の日本関係船舶のうち、日本籍船は8隻で残りの199隻のうち、多分198隻はパナマ船籍です。
日本の大手海運事業者が、日本国に税金を払うのを避けて、外国、特に船舶の税金が安いパナマに移しているからです。

 日本船主協会は、今年の1月に前原国土交通相、北澤防衛大臣宛に、「船舶の護衛頻度を増加するなど護衛活動をより効果的に実施するために、あらゆる手段を検討して頂きたい」旨の要望書を提出しました。
要望書には、他国の護衛する艦艇の数が減少するなどと、
情報源の怪しい文言なども加えられており、これは、単なる海上自衛隊の護衛だけの問題にとどまらず、将来的に補給艦の派遣要請、ジプチの自衛隊基地の恒常化などの伏線も有ると思っています。

 関係者の話
によれば、他の国の護衛艦艇が減少するとの文言は、官僚側からの要請で加えたという説もあるそうです。加えられた情報は多分捏造でしょう。
これは、インド洋給油活動からの撤退時にも、
給油活動は中国海軍が引き継ぐなどの捏造情報を流し、援護射撃で毎日新聞の岸井氏などが、まことしやかに、テレビで語ったのと同じ種類の世論誘導でしょう。

 日本船主協会は、護衛艦派遣前にも、ソマリア沖を通過する2000隻の日本船舶を海賊から守って欲しいと政府に積極的な要望や、広報活動をした経緯があるのですが、想定の3割にも満たない現状については知らん顔で、その上、派遣する護衛艦を増やせというのはいくらなんでもおかしいという批判を浴びました。

 日本国籍船の極端な少なさと比較して、日本についで護衛船舶数の多い中国を調べてみると、殆んどが自国の国籍船を運用しています。
ドイツの船舶運航会社でさえ、運航させた68隻のうち、ドイツ船籍が9隻と13%を維持しています。
日本だけが、
極端に少ない異常な状況なのです。

海賊対処の為の政府予算額を、実際に護衛した日本関係船舶数で割ってみると、驚くべし、実に2日間の海上自衛隊の護衛艦による護衛に少なくとも、1隻当たり3000万円以上の税金が投入されています。

この数字は、今年の予算額を含
めないでかなり低めに計算してもこの金額です。
昨年5月28日の
外交防衛委員会での民主党の白石議員の質疑でも、政府資料から概算して、1隻当たりの2日間の護衛にかかる経費は5000万円という額があげられていますので、実情はもっと高額かもしれません。

<猪瀬直樹東京都副知事が、高速道路の料金制度に怒っています。>
「無料化は店で一人で食べたらタダと言われ、帰宅したら向こう三軒両隣含め十軒に一割ずつ請求書が来ること。税金で負担するのだ。高速利用者は十台に一台。食べた者(受益者)が払うべきだ。」と。

これを言うと船舶事業者からはすごい反撥があると思いますが、多額の税金を使って、強盗(海賊)から身(船)を守ってもらう特別警護(船舶1隻に護衛艦1隻が付く)を受けていながら、他の人のような税金は払いたくありません、すなわち船舶登録料は払いません、船舶固定資産税も払いません、日本人船員は使いません、その他、納税に関して少しでも支払いが少ない方法を常に研究、模索しています。
そして安全のため、アデン湾を避けて、喜望峰回りにすると、経費が1隻あたり700万円以上の負担増になるので、とても採用できませんというのでは、国民の納得が得られないのではないのでしょうか


 
日本船主協会、「政府がアデン湾は我が国の海運、海上交通にとって非常に重要なエリアと位置づけているので、これを特別海域航路として、日本の海運事業者が実質保有しながら、税金逃れのためにパナマ船籍にしている船は、経費の一部でも負担し、海上自衛隊員のご苦労に報いるためにも、本来支払うべき税金と同額の通行料を特別徴収してください」という要望書こそ提出したらどうでしょうか。

海賊行為の横行に世界が協力して対応し、日本もまたこれに参加し、各国の船舶を護衛している事は、インド洋給油活動のように、国際貢献の名のもとに限られた国に援助活動するよりずっと実のある事だと思います。

 ただ、我が国は輸入の殆んどを船舶に頼っているのだ、国益だ、日本の生命線であるシーレーンだなどという大義名分の陰で、実は
日本の小数の船舶事業者の利益のために、それも納税に非協力的な一部大手事業者が厚顔にも、もっと護衛体制を強化せよなどと言うのであれば、こちらとしても猪瀬さんではありませんが「受益者負担もありうる選択でしょう」と言いたくもなるのです。

<ところで、海上自衛隊のホームページから、海賊対処のページへのアクセスが出来なくなり、したがって護衛実績なども、3月23日の報告を最後に消えてしまったことについては、先月も書きましたがあらためて、別に書くことにします。>

Somaria(左写真は海上自衛隊のホームページにある海賊対処ページへの入口。クリックしても「Webペ-ジが見つかりません」と表示される。3月までは、ここに海賊対処関係の資料が掲載されていたのだが、全て消えてしまった)

(写真上、中国のミサイル駆逐艦広州。)

(4月28日に、中国海軍第5陣の護衛艦編隊の張文旦(大佐)指揮官が、旗艦であるミサイル駆逐艦「広州168」で、日本の第4次護衛艦隊の指揮官である海上自衛隊6護衛隊司令の南孝宜1佐と会談し交流しました。
日本の護衛艦が護衛している船舶のうち、日本関係船舶の次に数が多いのが、タンカーの多い中国船です。
そして、護衛活動もまた、中国海軍との協力関係を深めています。)

| | コメント (2)

2010年5月 6日 (木)

菜の花畑と麦畑---こんな意味があったのだ

Dscn5270_320 日課のウォーキングに隣町の三芳町を廻るコースがあります。
いままで何度か書いたことがある、野菜の無人販売スタンドのある、かみさんが好きな「お得コース」です。
このコースは、4月には、全体が黄色い花で埋まる菜の花畑と、緑の穂が風に揺れる麦畑が目を楽しませてくれます。

僕は、この沢山の菜の花と、収穫するとは思えない麦はいったい何に使うのだろうかと、いつも疑問に思っていたのです。
先日、畑にいた農家の方にお話を伺うことができました。Dscn5275_320

なんと、土ぼこり対策だったのです。
冬から春先にかけて、なにも植えていない畑は、風が舞い上げる土ぼこりで、近くの民家に迷惑がかかるので、その予防のために、菜の花と麦を植え付けるのだそうです。
町役場が推奨し、麦の種は無償で配布されるそうです。勿論、食用になるような上等の種子ではありません。

春野菜の植付け時期前になると、大きく育った菜の花も青々とした麦もすべて刈って、畑に鋤き込んで、肥料代わりにするとのことで、菜種油採取や麦の収穫用ではなかったのです。
(写真上、菜の花畑)
(写真下、伸びた麦は、きれいに刈られて畑に鋤き込まれました)

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

あれ、田勢康弘氏がもう復帰したんだ---TBSラジオ

今日は水曜日。TBSラジオの番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」田勢康弘氏の復帰があるのかが気になって、昼前にラジオのスイッチを入れてみました。
例の女子大生へのセクハラ事件により、早稲田大学政治経済学術院教授会で客員教授職を解任されたことが一部報道機関で流される前まで、田勢氏は番組中の「ゆうゆうお昼のスーパートーク」に毎週水曜日のコラムニストとして出演していたのです。

局には事件後の出演にたいして、自粛すべしと多数の抗議の電話、メールが寄せられたようで、その対応からか、前2回の出演は中止されていたのです。
しかし、今日からは何事も無かったように復帰しました。
よもやとは思ったのですが、田勢氏の名前が、TBSのホームページの番組紹介欄の出演者名から、外されていなかっったので、復帰の可能性も考えられたのです。

フリー百科事典ウィキペディア (Wikipedia)に日本を代表する政治問題ジャーナリストと書かれているほどの田勢氏ですが、そのスキャンダルについて、大手マスコミは、殆んど報道することはありませんでした。

 日経新聞の強力な後ろ盾と、世論調査も合同で実施するなどの協力関係を持つ読売新聞の応援があるとなれば、TBSといえども、視聴者からの多くの抗議、異論があろうとも、おいそれとは、降板させることは出来なかったとみます。
スポンサーサイトの絡みもあったのでしょう。

 今、鳩山政権、民主党批判を推し進めるメディア側にとっては、この時期第一線から外せない大物評論家なのです。
もし、僕が自民党の幹部であれば、内閣機密費からのお中元、お歳暮の付け届け名簿から外せない評論家の一人とみるでしょう。。
出演復帰にたいして、TBS局内には異論があったと思いたいのですが。

番組の最後には、大沢悠里氏が、田勢氏の出演するテレビ東京の「田勢康弘の週間ニュース新書」の紹介をして「皆さんぜひ見てください」と他局のテレビ番組まで薦める驚きの大サービスをするありさまでした。

僕は個人的な好みの問題ですが、田勢氏の評論は、好きになれません。
実のところ、聴取率NO.1の人気ラジオ番組から、ついに降板かと喜んでいたのです。
しかし、今日なども、「沖縄に米軍の海兵隊がいるからこそ、中国の脅威から守られている」、「鳩山首相には辞任の道しか残されていない、内閣総辞職に追い込まれるでしょう」などと、いつもの自説をこれが絶対に正論だと言わんばかりに、不遜な物言いで解説(?)する態度には、正直なところ、辟易しています。
本当は降板してくれれば良かったのですが。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

琉球新報の普天間移設に関する社説

5月4日21時追記

もう、やむにやまれぬ気持ちで、不遜ながら鳩山首相、民主党政権に申し上げます。
日本国内に、
米軍基地新設は、いまや絶対に不可能です。

前政権が米国と合意したとされる辺野古湾埋立てV字型滑走路を持つ飛行場も、自民党やマスコミがいくら日米関係の原点などと叫んでも、その実現は住民の反対運動により不可能だったのです。
鳩山首相が考える杭打ち桟橋方式による新基地、徳之島基地計画案など、いくら計画を進めようと努力しても無駄な努力です。
米側が徳之島案は駄目だなどと言う以前の問題として、
国民が米軍基地新設を望んでいないのです

社民党よ、政権から離脱することを希望します。
離脱したら、党の存在そのものが危うくなるなどと思わずに、地面を這いつくばるような反対運動を進めてください。その中から、新しい展望が開けるかもしれません。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」
これは
社民党だけでなく、鳩山政権にも通じます。
鳩山首相が、勉強したという
「抑止力」なるものは、教えを受ける師の選択を間違ったのです。
視野が狭く、間違った理解をしている師は駄目です。離れてください。
勿論、米国との関係も大事です。
しかし、
外交は鏡でもあります
師と思われる方の言われる
「海兵第三遠征軍が仮にも日本から撤退する事態となれば、日米安保体制は一挙に弱体化する。中国にとって、これ以上は望めない喜ばしい事態が極東にやってくる」
「沖縄から、海兵隊が引けば、中国は尖閣諸島に手を出してくることになる」----

かように中国を敵対視し仮想敵国とすれば、相手も同じ思いにかられます。

中国艦隊のヘリコプターが威嚇行動、海洋調査船が接近したなどの情報ばかりが大きく取り上げられます。

しかし、一方では海賊対処の
海上自衛隊の護衛船団には、日本籍船より多い中国籍船がソマリア沖を護衛されて航行しています。

これも、日本のマスコミでは、取り上げられませんが、北京週報によると、4月28日には、中国海軍第5陣の護衛艦編隊の
張文旦(大佐)指揮官が、旗艦であるミサイル駆逐艦「広州168」で、日本の第4次護衛艦隊の指揮官である海上自衛隊6護衛隊司令の南孝宜1佐と会談し、交流しました

その中で、双方はそれぞれの護衛兵力の構成や、組織構造、護衛の方法及び情報収集状況などを説明しあうと共に、現在のアデン湾やソマリア海域の護衛情勢を討議し、護衛活動における情報の共有や情報の交流などに関する協力について意見を交わしたと伝えられました。
望ましい協力関係の構築です。

一部右派系の人が主張する、中国と軍事対決するのではなく、より良い協調関係を模索する努力をしようではありませんか。
沖縄の米軍海兵隊そのものが抑止力だとされてきましたが、駐留する海兵隊の存在が不確実になるにつけ、海兵隊を含んだ全軍組織の連携が抑止力になるのだと変わってきました。
なんの為の、どんな時の、どのような抑止力なのか、抑止力なるものを再考しようではありませんか。


重ねて言わせてもらいます。鳩山首相、民主党政権よ。
信じられない采配に、なにをしようとしているのか、戸惑うばかりです。
殿、ご乱心? 愚将と無能参謀ばかり?。情けない。諸葛孔明は何処なるや。

背水の陣、いまこそ、踏ん張り時なのに。残念、無念!
<追記おわり>


「*沖縄県民の思いのたけが、ここに書かれていると思います。転載させて頂きます。」


琉球新報 4月30日社説


<鳩山首相来県 民の声は「普天間撤去」だ>
   
 米軍普天間飛行場の移設について「最低でも県外」と繰り返し表明してきた鳩山由紀夫首相が来月4日、「仲井真知事、県民に直接話を聞きたい」として来県する。
 
県民の声に耳を傾け公約実現の決意を語るなら、県民はもろ手を挙げて首相を歓迎するだろう。
 
しかし、政府から漏れ伝わるのは、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、くい打ち桟橋(QIP)方式の建設案を軸に最終調整しているというものだ。
 
 鹿児島県徳之島に一部訓練や部隊を移転することも併せて検討。首相はこうした政府方針について県民の理解を得たい考えとされる。
 
「最低でも県外」とあおりながら「実は県内」と詭弁(きべん)を弄(ろう)すなら、県民への背信行為というほかない。
 
だが、県民は鳩山首相になお望みを託している。
普天間県外移設や、野党時代とは言え「常時駐留なき安保」を主張したリーダーは、首相経験者では異例だからだ。
 

 この国では、政治家やメディアが米国の心証を害する鳩山首相を異端扱いしている。
閣僚や官僚の抵抗を前にたじろく首相を「リーダーシップが欠如」と批判し、普天間の「5月末決着」が実現しなければ退陣を迫るありさまだ。

 
 「日米同盟」を金科玉条のものとして過大評価せず、外交・安全保障政策の選択肢の一つと相対化して見る感覚、長期にわたり外国軍隊が常時駐留することに疑念を挟む感覚のどこがいけないのか。
 
 首相に民意否定を促す官僚群。
政権内の「辺野古回帰」は紛れもない民意の封殺であり、主権在民の否定、民主主義国家の自殺行為だ。こんな乱暴は断じて許せない。

 
 埋め立てもQIP方式も、海に壊滅的打撃を与える計画は実現不可能だ。辺野古への新基地計画に関しては、国際自然保護連合(IUCN)が過去に3度、国際保護獣ジュゴンの保護を勧告している。
 
 国内世論の多数は普天間の「県外・国外」移設を求め、IUCNに象徴されるように国際世論も日米の計画に疑義を唱えている。
 
 「県内移設」を強行すれば、鳩山、オバマ両政権とも世論に背を向けた非民主的な政権として歴史に刻まれるだろう。
鳩山首相は自国の民主主義、国民の人権を犠牲にして成立する外交、安全保障政策の異常さに気づき、今こそ民主政治の真価を指し示す時だ。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »