« 連作障害! おらの畑じゃ無理だべさ---作男ぼやく | トップページ | 柳瀬川のアユ釣り---2010年春 »

2010年4月21日 (水)

柳瀬川のマルタウグイ

 先日、柳瀬川に沢山のマルタウグイが溯上してきた事を書きましたが、その黒い魚影が見える志木大橋下流で、フライフィッシングをしている人を何人か見ました。
 対岸(左岸)だったので遠目ですが、フライはオレンジ色のやや大きなものがついているようでした。
見ていた限りでは、ヒットしませんでしたが、右岸(NASのテニスコート前)の僕の目の前で30cmくらいを釣り上げた人の仕掛けは、小さな玉浮き付いていました。
聞いたところ、玉浮きの先に鮎用の毛ばりをつけているとの事でした。
これをフライフィッシング?と呼んでよいかですが、流すと毛ばりは水中に隠れてしまい、玉浮きがくっと引かれると合わせているようでした。
リーダー(ハリスですね)は、細いものを使わないとかかり難いとも話してくれました。

水中で、この仕掛けの玉浮きと針の状況がどうなっているのか、こんな釣りを今まで見たことが無かったので良く分からないのですが、ヒットすると強い引きにロッド(竿)がしなり、鮭でも釣っているかと思わせる豪快な引きを楽しんでいました。

実のところ、短時間ですが僕はルアーを試してみたのです。
不慣れな釣りなのでルアーの選択も分からず、やみくもに投げてみたのですが全く追う気配がありませんでした。
多分ルアーが適していなかった事(大きすぎた事と、金色などの光るタイプを持っていなかった事)、水深が浅いわりに流れは速いので追えなかったのかもしれません。
ウグイなので釣りになるはずですが、他にルアーを試している釣り人を見かけた事はありません。
ウグイマルタは産卵が終われば、また海に戻ってしまいますが、まだ魚影は確認できます。

|

« 連作障害! おらの畑じゃ無理だべさ---作男ぼやく | トップページ | 柳瀬川のアユ釣り---2010年春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連作障害! おらの畑じゃ無理だべさ---作男ぼやく | トップページ | 柳瀬川のアユ釣り---2010年春 »