« 再び桜咲く柳瀬川回廊を歩く | トップページ | テレビドラマ「火の魚」を見ました »

2010年4月10日 (土)

ヘリコバクターピロリ菌よ、さらば??---その結果は2ヶ月先

 3月14日にも除菌について書きましたが、ついにピロリ菌除菌治療が終わりました。
平塚胃腸病院で診断を受けた後、除菌の標準治療である、3剤併用療法の薬を1週間飲み続けることが出来ました。

薬は胃酸分泌抑制薬パリエット錠10mg+抗菌薬クラリス錠200+抗菌薬サワシリンカプセル250の3剤を毎日、朝夕食後に飲みました。
途中で止めたり、飲み忘れがあったりすると除菌に失敗するそうです。飲み忘れはいけないという事でちょっと緊張しましたが、無事7日目の夕方を終えることが出来ました。

 それでも、除菌の成功率は80%ほどで、この割合は低下傾向だそうです。
除菌不成功の主な原因は薬剤の飲み忘れにあるのですが、最大の原因は「ピロリ菌のうち、抗菌薬クラリスロマイシンに対する耐性菌の増加」だそうです。

2月28日の新聞「赤旗日曜版」のピロリ菌特集記事に次のように書かれています。

耐性菌の出現率を日本ヘリコバクター学会が調査したところ、02年は19%、年々上昇して06年は27%になりました。

耐性菌は世界でも問題であり、どう乗り越えるかは課題です。
09年6月、米国消化器学会で注目を集めたポスター発表がありました。
抗菌薬にヨーグルトを併用し、除菌率を検討した報告で、優秀演題にも選ばれていました。
対象は、ピロリ菌感染者117人。3剤群と、3剤+ヨーグルト併用群の除菌率を比較。(ヨーグルトはLG21乳酸菌。120グラム入りを1日2個、除菌開始の3週間前から摂取する。)
結果は。
耐性菌をもつ患者の除菌率は3剤群が15%に対し、ヨーグルト併用群は55%と高かった。
報告者の東海大学医学部の高木教授はいいます。

「ヨーグルトの乳酸菌によってピロリ菌量が減り、耐性菌株であっても、抗菌薬が効きやすくなったのではないか」
さらに、初回除菌に失敗し(約20%)、2次除菌(クラリスロマイシンをメトロニダゾールに替える)に進む人を減らす効果もあります。
高木教授はいいます。

「3剤の除菌法で最も多い副作用は下痢と軟便で、約15%にあります。(他に平塚胃腸病院の注意書きには、にが味、異味などの味覚異常、GOT、GPT上昇などの肝機能障害がまれに見られる)
その副作用がヨーグルト併用で数%に減ることもわかりました。これも大きな利点です」

この記事で、僕もヨーグルト併用にチャレンジしようと決心し、1ヶ月前からヨーグルトを朝晩飲み始めました。
LG21なるヨーグルトについての知識が無かったので、高価な商品かと思ったのですが近所のスーパーで130円程度で手に入ることが分かりました。
なんの事は無い、知らなかっただけで、商品は他のヨーグルトと同じように山積みされていたのです。
これを購入し、朝夕1本ずつ飲みました。食べましたが正しいかな。
このヨーグルト併用の効果なのかはわかりませんが、僕の場合は副作用はまったく感じませんでした

 さて、僕のヘリコバクターピロリ菌除去治療は終わりました。
後は2ヶ月後に、平塚胃腸病院で呼気検査を受け結果が判明します。どうなりますか。

 平塚胃腸病院の注意書きには、「除菌が上手くいかなかったときも悲観的になる事はありません。次にはピロリ菌の感受性を調べ、感受性のある薬剤で治療を行います。そのときは、担当の医師にご相談ください」

 そうならない事を願っていますが、僕のピロリ菌は頑固に胃の中に留まるかもしれません。その節は、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医の平塚先生、よろしくお願いします。

 ところで気になる保険適用の無い除菌治療の費用は、適用されるのが胃潰瘍と十二指腸潰瘍だけなので、自費診療で感染検査と除菌治療は受けることになります。

僕の場合、かかった費用は、受診と感染検査に約6000円、薬剤に約6000円程度で、これに最後の呼気検査が5000円程度として、合計1万7000円から1万8000円といったところでしょうか。
その他、ついでに胃と大腸の内視鏡検査を受けましたが、これは含みません。

|

« 再び桜咲く柳瀬川回廊を歩く | トップページ | テレビドラマ「火の魚」を見ました »

コメント

除菌治療終わりましたね、お疲れ様・・・でもないか~。
薬剤を変えて治療しても、どうしても除菌できない人が100人に一人くらいいるそうですね。お互いその一人になりませんように・・・とお祈りいたしましょう。

投稿: トックリヤシ | 2010年4月11日 (日) 09時33分

>トックリヤシさま
1回で除菌できるといいなと思います。ピロリ菌除菌、最近話題になることが多いですね。特に人にすすめるほどのものではないと思いますが、胃の内視鏡検査で、ピンク色をしたすぐに傷つきそうな柔らかい胃の内壁の画像を見ると、大事にしなくてはと思ってしまいます。

投稿: Souroku | 2010年4月12日 (月) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び桜咲く柳瀬川回廊を歩く | トップページ | テレビドラマ「火の魚」を見ました »