« 検察とメディアが組めば何でもできる?その3 | トップページ | 北横岳の天国と地獄? »

2010年2月12日 (金)

浮き玉キャンドルが揺れる小樽運河

Dscn4992_1024
Dscn4976_1024
北海道の旅の初日は、新千歳空港駅から「快速エアポート」にのり、札幌経由で小雪が舞う小樽駅に到着しました。
小樽には以前一度来たことがありますが、急ぎ旅の途中で、街中をよく見ることができなかったのです。
今回は、かって北海道経済の中心地として、多くの銀行が並び、北のウォール街と呼ばれた街並と、古い石造建築をゆっくり見ようとやって来ました。

ちょうど、札幌雪まつり期間に合わせて「小樽雪あかりの路」という、スノーキャンドルの灯りが市内各所にともるイベントも行われていたので、夜の景色も楽しみだったのです。

ウォール街のことは後日にして、今日は小樽運河の昼と夜の景色をお届けします。(写真上2枚)
着込んだ氷点下20度仕様の防寒具はまったく必要としない、氷点下3,4度程の外気の中、昼とは違い浮き玉キャンドルが水面に揺れる幻想的な運河を見て、柄にも無くロマンチックな雰囲気になりました。
Dscn4995_320写真左、ボランティア手作り、スノーキャンドルのあたたかな灯りが揺れる運河沿いの道)
Dscn4996_320

|

« 検察とメディアが組めば何でもできる?その3 | トップページ | 北横岳の天国と地獄? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検察とメディアが組めば何でもできる?その3 | トップページ | 北横岳の天国と地獄? »