« 大根の種類は忘れただよ---作男、久々に登場 | トップページ | ロウバイが咲き始めました »

2010年1月21日 (木)

縄文スーパースターに会いました---国宝土偶展

Ja21001_1024

東京国立博物館で開催されている「土偶展」に行きました。

昨年、英国の大英博物館で開催された「THE POWER OF DOGU」の帰国記念展で、国宝3点、重要文化財23点、重要美術品2点を含む全67点の一挙公開です。
国宝3点と言っても、土偶の国宝に指定されている土偶はここに集められた3点しかありませんから、全員集合になります。
日本の土偶の空前絶後の大展示会で、僕は今後これだけの逸品がそろう機会は多分無いのではと思います。まさに縄文スーパースターの勢ぞろいです。

僕は、ここに陳列された国宝、重文土偶のうち、長野県茅野市の「尖石縄文考古館」で、国宝「縄文のビーナス」と重要文化財「仮面の女神」しか見たことは無く、これで青森県にも北海道にも行かずに国宝土偶を見ることができました。大感激の展示会でした。

行列するかと思って行った午後の博物館には、想像したほどの混雑は無く、展示の仕方も良く、展示品の間を何度も行き来して、ゆっくりと鑑賞できました。

300円で音声ガイドの貸し出しも行っていますが、どんな展覧会でもそうですが、説明を聞きながらだと、見る事に集中できないのですが、ここではイヤホーンを外してから再度じっくり見る事ができます。
ともかく、この「土偶展」はお薦めです。
Dscn4881_320

Ja21002_320

Ja21003_320 Ja21004_320

(写真上、土偶展の行われている東京国立博物館)
(写真中左 国宝合掌土偶 青森県風張Ⅰ遺跡出土 縄文時代後期)
(写真中右、国宝中空土偶 北海道著保内野遺跡出土 縄文時代後期)
(写真下、国宝縄文のビーナス 長野県棚畑遺跡出土 縄文時代中期)

|

« 大根の種類は忘れただよ---作男、久々に登場 | トップページ | ロウバイが咲き始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大根の種類は忘れただよ---作男、久々に登場 | トップページ | ロウバイが咲き始めました »